100 disks in the 00s: Pre - Epic Fits (2007)
d0059740_21194781.jpg


今週から来日ツアーも始まるComanechiThe Big Pinkでドラムを叩く日本が誇るべきパンクガール、アキコ嬢がボーカルを務めるPreのデビューアルバム。Skin Graft初のUKのバンドのリリースというのも話題になったのですが、その内容は更に素晴らしかった。

同レーベルからアルバムを出したり、Lovepump Unitedの4ウェイスプリットでも一緒に収録されていたAIDS Wolfなんかにも通ずる痙攣気味に刻まれる反復フレーズの上を軽やかにシャウトしていくアキコ嬢のボーカルがとてもハードコア。ベースとドラムもツボを押さえた気持ちのいいプレイを連発。ちなみにバックの三人は今年の名盤の一枚、Nothing HurtsをリリースしたMale Bondingだというのは説明するまでもないことですね。

セカンドアルバムはSteve Albiniのレコーディングによる、これまた名盤。






人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2010-10-05 21:33 | all music i love
<< 100 disks in th... Chapter 24 - Gr... >>