You Me & Us - Paperweights (2011)
d0059740_1243635.jpg





偶然彼女らのページに辿り着いて、聞こえてきたたった63秒のポップソング、Off Puddingであっという間に恋に堕ちてしまった。
それからほとんど毎日聴いているけど、全く飽きない。
長い曲でも3分ちょっとで大半は2分以内。
もしくは1分ちょい。
これぐらいあっさりしてる方がいい。
もっと聴きたいって気持ちになる。
もちろんそれは内容がいいからであって、ただ短ければいい訳ではないのだけども。




You Me & UsはLAの南東に位置する街で活動をしている。
少し舌ったらずで甘い声で歌い、ギターも弾くCarlee Hendrixと高校の時に出会った友人Ignacioと彼がカレッジを卒業した時にドラムを叩くJanと知り合い、お互い別のバンドで付き合ってきた。
結果として今三人でYou Me & Usを結成し、この夏Paperweightsがリリースされた。
彼女らの楽曲のほとんどはCarleeがデモを作って持ち込み、そこに男性二人がダイナミックなアレンジを加える。

"とにかくシンプルなコード進行と馴染み易いメロディのポップソングが好きなの!"Carleeは言う。

50年代や60年代のポップミュージックに初期のパンクを愛し、80年代後期/90年代におけるグランジやエクスペリメンタルから多大な影響を受けたYou Me & Usの楽曲は、そんな面影をどこかに残しつつも、ただただシンプル。

僕にとっての今年の一枚は間違いなくこれ。


*もうすぐバンドから直接7インチレコードを送ってもらう予定です。欲しい方は一度連絡下さい。

AGHOSTLYGHOSTPRODUCTION AT GMAIL DOT COM



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-09-18 01:26 | all music i love
<< New items: Sept... New items: Sept... >>