Nirvana - It's Better To Burn Out Than To Fade Away... CD (1994)
d0059740_23271742.jpg

d0059740_23263766.jpg

d0059740_23274716.jpg

d0059740_23274559.jpg


今日NirvanaNevermindリリース20周年記念盤である180gレコード4枚組が届き、一通り聴き終えたところで一枚のCDの存在を思い出したのでメモ程度に書いておこうかと。

僕がまだ高校生の頃、夢中でNirvanaを追いかけていたのだけど、当時は今よりもブートレッグを扱うレコード屋がたくさんあって、学校の帰りにいろんな店に寄ってはいろんなバンドのブートを漁っていたんです。もちろんそれが違法だってのは知っていたのですが、普通に売っていたし、高校生で好奇心も強かったので何枚か買っては聴いてました。

その時に買った中でも特によかったCDで、今も持っているのはこれだけなんですが、その理由というのはこれがライブを録音しただけのブートではなく、シングルのBサイドやスタジオアルバム未収の曲のみを集めた、音質だけならオフィシャルとさほど差のない素晴らしいアイテムだったからなんです。特に入手困難な曲が入ってる訳ではないんですが、当時は今のようにiTunesなんて便利なものもなかったのでいちいちテープに編集してまとめるのが面倒だったので、これ一枚で済むというのが大変ありがたかった。

写真一番上がジャケットで二番目がブックレットの裏表紙。この辺りの写真もブートらしくどこかで拾える画像のみで適当なフォントでタイトルが書かれています。三番目は裏面で最後のはCDを取ると見える部分の写真です。これらもまぁなんてことないですね。
で、三番目に収録曲が載ってるので見てもらうとわかるのですが、特筆すべきはOh, The GuiltからMoist Vaginaへの流れ。寄せ集めなのにこの震える様な流れ。最高過ぎます。

このCDで残念なのはEven In His Youthが入っているのにAneurysmが入っていない事とSliverのCDシングルのみに収録されていたSpank Thruのライブバージョンがない事ですかね。Been A SonもライブバージョンよりもBlewに収録のバージョン(後にベスト盤にも収録された間奏でベースがやたらとうるさいアレ)の方がよかったなぁなど。
それでもこの一枚でBleachNevermindIn Uteroと編集盤であるIncesticideでしかNirvanaを知らなかった人には十分インパクトのある内容だと思います。





人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-10-13 23:49 | all music i love
<< You Me & Us - P... 100 disks in th... >>