Colleen Green - Cujo (2011) & Interview
d0059740_22191867.jpg


先日Art Fagからリリースされた12インチCujoは相変わらずな感じかと思いきや、随分ソングライティングが上手くなってる気がしますね。二曲目のMikeはかなりいいメロディです。そして4曲目は今まではなかった6分超え。Dum Dum GirlsCrocodilesとのツアーもあったり忙しそうなColleen。そんな彼女に先月、まだツアーも始まったばかりの頃にインタビュー(というか質問をいくつかしただけか)をしたので書いておきます。

何カ月か前、毎日毎日Colleenのツイートをチェックしてたんです、すごく面白いので。そのツイートにもよく出てきてた「キャンセル」「ひきこもる」と言ったワードに関連する事にも答えてくれたので、彼女のファンならきっと楽しく読んでもらえるはず。僕の文章力が彼女の魅力を半減させてしまったら申し訳ないですが。。

d0059740_22292359.jpg


The first song I can remember writing was a rap song called "Do the Pencil".

Joe (以下J): やぁコリーン、君の歳と住んでるところについて教えてくれない?
Colleen (以下C): わたしは26歳でカリフォルニア州ウェストLAに住んでるわ。

J: レコーディングする時、どんな機材を使ってるの?
C: お兄ちゃんからもらった小さなボックスに楽器類を差し込んで、それからそれをコンピュータに差すのよ。

J: ところでいつ音楽を始めたの? 君が作った最初の曲はどんなだったの?
C: 他にもいくつかあったんだけど、覚えてる中で一番最初の曲はDo The Pencilっていうラップソングだったの。思わず踊り出したくなるような感じの曲だったわ。小学二年の時発表会で一度だけ歌ったのよ。でも、ギターを始めて、音楽をやることに本当に興味を持ち出したのは13歳の時ね。

J: 初めて君の曲を聴いた時、すぐにHelen Loveが思い浮かんだんだけど、彼女たちから影響受けてると思う?
C: そんなことないわ! Colleen Greenとしてやり始めるまで聴いたことなかったんだけど、みんな似てるって言い出したの。ボストンのバンドGirlfriendsのベンが、一緒にツアーしてる時に彼女たちの7インチを買ってくれたから二曲は知ってるけど、他は知らないわ。

J: Colleen Greenは君のソロプロジェクトとして始まって、今は ベースプレイヤーがいるよね。何か違いはある?
C: ううん。Colleen Greenは常に、そして今もソロプロジェクトよ。わたしの友達マリッサは一度だけツアーでベースを弾いてくれたの。そのツアーを誰かと一緒に回りたかった主な理由は運転を代わってくれる人が必要だったからなの。結果彼女はギターも弾いてくれたし、つまりそれって一石二鳥って感じじゃない? すごく楽しかったんだけど、今のところ今後誰かとってのは考えていないわ。


I would love to go to the beach every day and just walk around.

J: 知ってると思うけど、君のツイートを読むのが最近の楽しみなんだよね。全部実際に起きてる事なの? 時々面白過ぎて現実の事とは思えないんだよ。
C: あはは! そうよ、全部事実。どんな内容をフェイクかもしれないと思ってるのか気になるわ。

J: パジャマを着たままでどこへも出かけずゴロゴロしてるのは休日を過ごすベストな方法だと思うんだけど、他にも何かいいアイデアはある?
C: そんな事はないわ。わたしはとっても疲れやすいの。だからほとんどの時間をただ座ってリラックスしていたいの。わたしだって毎日ビーチへ行って、散歩したいんだけどわたしの筋肉はそういう普通の生活における持続的な活動をすることができないの。

J: The Have Mercys (Colleenが在籍していたバンド)をMySpaceで聴いてて、なんで抜けちゃったのか気になってるんだ。別にバンドの方がいいって言いたいわけじゃないよ。ただ気になってるんだよ。
C: とても厳しい時期を過ごさなきゃいけなくて、バンドを辞める決断をしたの。数ヶ月の間、見ること、喋ること、歌うこと、呼吸すること、それにギターを弾くことに大きく影響する深刻な筋肉の病気にかかってたのね。飲み込むことができなくて体重もすごく減ったわ。本当に何もできなくて、病状は悪くなっていったの。筋肉もどんどん動かなくなっていったわ。演奏することを完全に止めなければならなくて、わたしたちはツアーをキャンセルせざるを得なかったのよ。正直言って、もう二度とプレイできなくなるんじゃないかって恐怖もあった。それから二ヶ月後、MG (Myasthenia Gravis: 無症筋無力症)っていう自己免疫の病気だと診断されて、兄がLAのアパートをただで使わせてくれたからそこで休んでいたの。本当に酷かった。バンドを辞めることとオークランドに友達を残していってしまうことはとにかく信じられない程悲しかった。だけどそうしなければいけなかった。それで今は結構調子いいのよ。だけど回復して本当にすぐの頃に録音したMilo Goes To Comptonを聴いたことがあるなら、わたしはホントささやくように歌ってるのがわかるはずよ。肺も横隔膜もまだとても弱かったからなの。


d0059740_22343393.jpg


J: 今ツアー中だと思うんだけど、どの街が一番好き? 僕はニューヨークとオースティンには行った事があるから他の街の事を教えてもらいたいな。
C: 今まで行ったことのある街や場所はどこも好きよ。シカゴ、フィラデルフィア、サンフランシスコ、シンシナティ、レキシントン、オースティン、ニューヨークにボストンはフェイバリット。もちろんロスもね。

J: 君がtumblrに載せてた服とかは全部売れたの? 僕がもしも女だったら、いくつか買ってたよ。服屋で働いてたことってある? 君の選んだ物を見ててそう思うんだけど。
C: なんでそう思うの? 結局あれで売れたのは二つだけ。で、二つはプレゼントとしてあげるつもり。昔服屋で働いてたこともあったけど、あらゆる仕事と同じく相当退屈だったわ。

I would imagine it would be really, really annoying and embarrassing.

J: もし今周りに誰もいなかったら一番したいことは何?
C: ちょうど今は誰もいないわ! いつも通り一人で家にいて、それでいい事と言ったらバカデカイ音で音楽を聴いて、アホみたいに踊って、裸か下着姿でウロウロできる事ね!


J: もし君がU2のボノだったらどんな音楽をやると思う?
C: 恐らくこの世界中で一番クソな音楽かな。

J: もし君の妹がLady Gagaだったら君の人生はどうだっただろう?
C: あー、そんなの酷く不快で恥ずかしいだろうって想像できるわ。それにきっと後ろめたい気分になるでしょうね。だって自分の妹を憎むなんて誰も思わないでしょ? だけど、もしわたしたちの血が繋がってるとしたって、気付かないと思うの。わたし自身もたぶん同じように不快でバカだから。

J: 日本食ってよく食べたりするの? そうだとしたら何が好物?
C: 日本食は食べたことがないんだ。天ぷらは好きだし、フェイクの寿司は一回食べたけどそれはおいしかったわ。誰かに奢ってもらったんだけどね。


d0059740_22363494.jpg


I am ready to let go of the sunglasses though.

J: インターネット上でいくつか君の写真を見てて、いつもサングラスをしていることに気付いたんだけど、みんなに君のかわいらしい瞳を見せたくないの?
C: あはは! つまり、何人かはリアルに知ってて、彼らはわたしの瞳を見てる。サングラスを外す心の準備はできてるんだけどね。Colleen Greenとして始めたばかりの頃、大量の薬を飲んでいたせいで顔がパンパンだったの。それでサングラスをかければ多少マシになるかと思ったわけ。それにわたしは極度の人見知りで、誰かをジロジロ見ることの責任を負いたくなかったの。今はモノになったけど、とうしても必要ってわけじゃないの。

J: いつか日本に来たら何がしたい? どこに行ってみたい? たくさんのバンドが本物の寿司を食べて、プリクラ撮って、ユニクロで買物して京都の寺院に行きたがってるよ。
C: 日本でプレイすることにはとても興味があるわ。特に何か知ってるってわけじゃないから実際のプランはないわね。だけど新しい場所を訪れる事で一番好きなとこはただ建築物や景色、目に映る色全てを見て感じたり、歴史について考える事。





人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-11-17 22:47 | all music i love
<< 3 LPs from Teen... People Who Do N... >>