SXSW 2012
Gagakirise

なんだかんだで直前はバタバタしてて 日程も何も更新できないままアメリカに来てもう一週間が過ぎました。今年のSXSWは例年よりも一日早い火曜日からスタートだったにも関わらず、その前日の月曜日から街には人が溢れ、会場の前には列ができていたので気持ちは一気に冷めました。

Chapter 24

その月曜日はトロントにいた時に結局観に行かなかったJapandroidsを観る為にMohawkへ。当然ここも人が並んでいてげんなり。しかし中に入りまずSleep∞Overを観てる間は客の雰囲気もそこまで悪くはなくていいなと思っていました。が、Japandroidsが始まると高校生みたいなガキ(IDを見せてるから21歳以上なんだろうけど)が周りのことなど気にする事なく暴れる。それがイヤで二曲ぐらいでその場を去りました。過去3回ではSpitsWhite Miceみたいなバンドの時はともかく、そんな人に迷惑がかかるような客はいなかったからやはり主催も客もどんどん質が落ちていってるのを感じざるを得なかった。

La Sera

それでも友達には会えたし、会いたかった人にも会えたことはここオースティンに来てよかったと思えること。
今回あらかじめVivian Girlsのメンバーがそれぞれ別で来るのは知っていたから、そこは絶対外せなかった。それでまずはBeauty Barの前でCassieに遭遇。翌日Hardly Artのショウケースに行ってすぐにKatyに会った。「Cassieも来るわよ」ってことでしばらくするとCassieも登場。ここでは以前インタビューをしたColleen Greenにも会えた。また少し痩せた気がして病気の心配をしてしまったけど、元気そうなので大丈夫なのかな。

Coasting

Scoot InnPanacheのショウケース観に行った時、コンベンションセンターですれ違って名前を呼んだのに上手く気付いてもらえなかったJessie(Bleached)と一緒にいたドラムのAlexに遭遇。いろいろ話をして、26日のThe Smellでのショウの話をしたら、その頃にはLA戻ってるし遊びに行くよって言われたり、KatyColleenもたぶんLAにいるから遊びに行くよって言ってくれてて嬉しくなった (当然の事だけど、来なかった)。

Untitled

今年のSXSWガガキライズは5回やったのだけど、前回よりも客の反応も良く、物販も結構売れた。人が増えた事の全てが悪いわけではないとは思っているけれど、如何せん煽るヤツやらただ暴れるだけのヤツやらが増え過ぎてて。。。

ガガキライズについてはツアー全体のまとめとして後日映像含めて書きます。時間かかりそうだけど。。。





人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-03-28 23:58 | event
<< California Tour... Twinkle Twinkle... >>