100 disks in the 00s: The Like - Are You Thinking What I'm Thinking? CD (2005)
d0059740_13314434.jpg


2010年にセカンドアルバムRelease Meをリリースし、ツアーを行った後、2011年に活動休止 (解散!?)に入ってしまったThe Likeのファーストアルバム。
この当時のメンバー三人の親はみなさん音楽業界で何かしら功績を残していた方々ばかりというのもあって、本人たちが思うよりも大きな注目を集めていたように思います。

The Likeの音源に初めて触れたのはWhat I Say And What I Meanの7インチで、オルタナ全開の音にやられました。
Z Bergのハスキーなボーカルはとても10代とは思えなかったけれど、それもThe Likeの魅力の一つでした。
アルバム全体と通して90年代のオルタナな音が鳴り続けていますが、数曲変化球もあって本当によく聴きました。

この後のセカンドアルバムではプロデューサーにMark Ronsonを迎え、流行の60sスタイルのポップになってしまいましたが、楽曲の芯そのものは何も変わっていなくてこの次に期待をしていたのですが、残念です。






人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-07-10 14:08 | all music i love
<< Codeine - When ... Someone Still L... >>