TacocaT - NVM
d0059740_00181715.jpg

2012年のSXSWの時、Hotel Vegasで行われたHardly Artのショウケースで3年ぶりに観たTacocaTのセカンドアルバム。
シアトルのバンドなのでPWRFL Powerことかずくんの友達ということでそれをネタにライブ前にボーカルのEmilyに話しかけてみたんだけど、そこでもうすぐ次のアルバムの録音を始めるってのを聞いたけど、それから待てど暮らせどリリースの気配なし。
Take Me To Your Dealerもレーベルではソールドアウトになったし、これはいいタイミングなのにまだなのかと。
と言ってる間に2014年になってしまったけど、無事リリースされて嬉しいです。



初めて観た2009年のライブやその後出たファーストアルバムの頃に比べるとパンク感が薄くなって、よりポップでキャッチーになったように思う。
それがいいとか悪いじゃなくて、TacocaTらしさをよりよく表してるように感じるってことで。



なんにも変わっていないように思えるけれど、アルバム2曲目に当たるBridge To Hawaiiやひっくり返してB面の1曲目Time Pirateはこれまでの音源ではなかったタイプで、これがとてもフックがあっていいなぁと。
Take Me To Your DealerのF.U. #8とその前の7インチWoman's DayのPartytrap (NVMではParty Trapになってます)も新しく録音されて収録されているのも嬉しい。



SXSWで僕が撮った映像です。
最後2曲がちょうどPartytrapとF.U. #8です。


[PR]
by soundfreak1978 | 2014-03-06 00:59 | all music i love
<< Hole - Celebrit... Bleeding Rainbo... >>