Alvvays - Self Titled LP [2014]
d0059740_01282473.jpg

Polyvinylからリリースされたトロントの5人組Alvvaysのデビューアルバム。
バンドの自主リリースのカッシングルAdult Diversionで始まり、全ての曲がひどくキャッチーで、
気がつくと9曲あっという間に終わっている。

中でも2曲目のMarry Me, Archie、4曲目のNext Of Kinに5曲目のParty Police辺りは本当に印象的で、
その他の曲もアレンジや歌、歌詞もいい。

英語のレビュー等でも書かれているようにC86的ななにかを下敷きにしているとは思うのだけど、
少しも懐古せず、ただ彼女たちが信じている音が鳴らされているだけ。
もしかしたらBest Coastなんかも引き合いに出されるかもしれないし、
それならやはり、惜しくも解散してしまったNight Managerの、
よりグランジーで90年代後半のオルタナティブな雰囲気の方が近いように感じる。

それはきっとバンドのメンバーが生まれ育ったNova ScotiaやPrince Edward Islandの風土、
その後拠点を移し、現在住んでいるカナダ最大の街の空気が大きく影響していて、
カリフォルニアのような夏はないし、ニューヨークのように世界中にトレンドを発信するようなこともない、
そんな街の雰囲気に溶け込んでいくような音楽。










[PR]
by soundfreak1978 | 2014-09-29 09:25 | all music i love
<< November 24, 2014 AGGP + Live & L... >>