にせんねんもんだい レコ発ツアー@京都 陰陽
僕にとっての二日目、京都。
でも京都入りする前に大阪に寄ってレコード漁ってたので京都の街は全く歩いてません。
なんなんだろ。
ま、そんなわけで夕方ふらふらと会場に向かう。
すると、(後から知ることなのだけど)階段の前にFluidのなほさんがいました。
開いてるのかどおうかもよくわからなかったので一言聞いてから階段を下りると、こりゃまたすごいとこだな!!!ってのが最初の印象。
カウンターの上には怪しい名前のフードメニューがぶら下げてあったり、畳の席があったり。
d0059740_2321245.jpgで、一番目がそのFluid
名前は前から知ってたけれど聴くのも観るのも初めて。
最初はあのお揃いの白い衣装やメイクに違和感はあったものの、始まれば僕の好きな音が次から次へと繰り出された。
Fluidって名前を聞いた時パッと浮かんだのはあのグランジシーンにいたSub PopからリリースしていたFluid
肝心のこの京都のFluidもその辺っぽさもありつつ、ポストパンクやさらにエクスペリメンタルでハードコアな部分までいい感じに放出していました。
また観たいです。


次はSaspiria
このバンドに関してはすいませんがコメントできません。
なんとゆうか単純に僕の好みではなくて。
スタイルはおもしろいと思ったのだけど。
あのダブルベースの使い方は観てて楽しかったです。
でもちょっと受け付けない感じでした。
すいません。


そして最後はもちろんにせんねんもんだい
d0059740_23514153.jpgこの日はみんなパッと見ただけで調子良いのがわかったのでライブには期待が。
あーーー、やっぱり前日の神戸よりも音をぶつけていく時の空気がはるかに良いのが最初の数秒で伝わってくる。
そんな感じで始まってここでもあっとゆうまに最後の曲。
d0059740_2357268.jpg
でも今日は調子いいしやるかな?って思ってたらアンコールに応えてくれましたよ。
といっても嵐のように突き抜けてっちゃったけど。

d0059740_2359257.jpgハコの雰囲気と音の響き方と本人たちの調子が良かったので、ホントに良いライブだったと思います。
ごはんおいしかったし。

終わってからにせんねんもんだいFluidの方々と酒呑みながらたくさん話もできたし、いい二日間でした。

次の日の大阪は用事があって行かず、日曜日の名古屋へ。
[PR]
by soundfreak1978 | 2006-05-16 00:06 | live
<< Listen! Vol.5 にせんねんもんだい レコ発ツア... >>