No Age@今池得三 2007/10/05
先週のBattlesに続きNo Ageが来日!
本当はMarnie Sternが演る予定だったツアーがキャンセルになり急遽代役での来日になった彼らNo Ageですが、むしろ僕は彼らが観たかった。
Mika MikoのJenniferが事前に教えてくれてたハンドメイドテープはなかったけれど、日本用に作ってくれたボディが黒のレインボーロゴのTシャツと、No AgeHellaのZachと共演して録音した3曲入りCDRとジンのセットなどすごく良い感じ。
PPMからの7"ももちろん持ってきてたし。

この日の先陣はMaruoto
名前だけは聞いてたけれど初。
長尺の一曲だけでしたが、素晴らしい内容でした。
スペーシーでノイズでミニマルでポストパンクで。
毎度のことですが、僕のたとえは当てになりませんのであしからず。
もっと聴いていたかったというのが本音。
続いては久々のライブのThe Act We Act
この日はこれが観たかったのも一つ。
メンバーが変わってサックスが加入。
それによって妙にアヴァンギャルドに聴こえました。
アヴァンというかNo Waveな感じ。
基本はハードコアですが、これからサックスを交えてどう展開していくが大変興味深いです。
三番目はのうしんとう
このバンドも久しぶり。
決して好んで観に行こうと思うバンドではないのですが、いいバンドです。
きちんとファンがいるのもわかる。
でも僕はIchiさんのソロの方が好きなんです。

そして遂にNo Ageの出番。
セッティングしている間、Jenniferを捕まえていろいろ話す。
会うのはもちろん初めてなのだけど、やりとりしてたからあんまり違和感なく話せました。
なんかどうでもいい話をずっとしてましたが。

ライブは音源で聴くよりもはるかに音が厚く、ダイナミックでした。
二人の前のバンドWivesもすごく好きなんですが、あのギターのリフが全て僕のツボにはまるんです。
90sの様々な音を集約したかのような素晴らしいギターワーク。
始めて二年とは言うものの躍動感のあるドラムを叩きながら歌うDeanは最高でした。
Fat Catからの編集アルバムは買ってないですが、5枚のうち4枚EPを持っているのでカバー以外は音源とライブを比べながら聴けて楽しかったですね。
間違いなく彼らはライブで観て、聴く方がいいバンドです。
今回のツアーのような広さは今後もしかしたらないかも知れないなと思うぐらいの期待を持てるほど良い内容でした。


ライブ終了後の打ち上げでもいろいろ興味深い話が聞けて楽しい一日でした。
DeanもRandyもJenniferもLAに来る時は連絡してね、と言ってくれたし来年以降の自分の動く先が楽しみになりました。
まだあと三日ライブがあります。
京都、大阪と最終日の東京。
これは見逃すと損して気分になると思うので少しでも興味がある人は足を運んでください。
[PR]
by soundfreak1978 | 2007-10-07 01:08 | live
<< Softboiled Eggi... Purchased vinyl... >>