AIDS Wolf × Indian Jewelry
ニューヨークから帰ってきた翌日、Bathurst×Collegeからほど近いリトルイタリー付近にあるWhippersnapper Galleryという場所でAIDS Wolfのライブがありました。
これを観るためにニューヨークの日程をこのように決めたんです。
AIDS Wolfをここで観なきゃトロントに来た意味がない、ぐらいに思ってますから(笑)

結構雨が激しく降る中なんとかギャラリーを発見し中に入ると、信じられないぐらい蒸し暑い!!!
客の多さと空調のない部屋のせいですごかったです。
そして壁には::seripop::を筆頭に様々なアートグループ/アーティストのポスターが貼ってありました。
それらはもちろん購入可能でした。

しばらくするとIndian Jewelryが始まりました。
時間とか知らずに行ったんですがタイミングは良かったようです。

Indian Jewelry

見た目や実際ベースにあるのはとても普遍的なアメリカのロックなんですけど、どこでどう間違えたらこうなったのか。
どこか呪術的な雰囲気と心地よいノイズが熱気と一体化して大変なことになっていました。

彼らの演奏の途中で近くにThe Guest BedroomのSandyを発見したので、終わった後話しました。
僕がニューヨークに行ってる間、9/11に新しいEPのリリースライブをやっていたのでその時の様子を尋ねたら、良かったとのことで。
その場にいられなかったことを残念に思いました。
今度書きますが、こちらにあるフリーペーパーEye WeeklyのディスクレビューにThe Guest Bedroomが載ってました。
早く買いに行かなきゃですね。

それから物販に行きAIDS WolfのLPやらバッヂやらを買いました。
ボーカルのChloeは思っていたよりも小さくかわいらしい感じでした。

Indian Jewelryの時もかなり人が押し寄せていたんですが、AIDS Wolfの時はそれ以上でした。
ライブが始まるとさらに酷くなり汗が止まりませんでした。

AIDS Wolf

AIDS Wolf

噂に聞いていた通り、全てを忘れてしまう程の衝撃を持ったライブでした。
あの奇天烈なギターのコンビネーションを目の当たりにできて感動しました。
ドラムもやはり一筋縄ではいかない配置でした。
なんか小学生みたいな感想しか出てきませんが、とにかく凄かったと。

日本に戻ったらまず最初にAIDS WolfCities Of Glassを聴かなければ。
[PR]
by soundfreak1978 | 2008-09-18 01:05 | live
<< Vivian Girls - ... East Village Ra... >>