Ancestors
2/21の夕方友達から電話があって、急遽Sneaky Dee'sへ行くことに。何があるのか聞いたら「ローカルのショウ」だと言うのでそんなに期待もせずに行ったら、実はAncestorsの7'"リリースパーティでした。その日の三番目に出たバンドI Can Put My Arm Back On You Can'tが友達がトロントで一番好きなバンドだということで観に来たというわけでした。

会場に着くと人はまばらで(その時はまだ詳細を知りませんでした)、「こりゃぼちぼち飲みながら観る感じかな」などと思っていたら始まったのがグラインドコアのバンドでした。別に嫌いではないのですが、ただ早いだけで面白くはないバンドでした。唯一良かったところと言えばS.O.D.のカバーでしょうか(笑)

あ、この日は全然期待していなかったのでカメラもビデオも持っていかなかったので写真などは一切ないです。

二番目のバンドはBBBBAAA!!!という名前でした。
ドラムの人が友達の友達で、以前ジャズバンドで叩いているのを観たことがあったのですが、このバンドではジャズベースではあるのですが、完全にエクスペリメンタルでした。ドラム叩いてる途中でサックス吹いたり、フルート吹いたり。面白かったです。
ノイズやエクスペリメンタルは好きですが、正直ライブはなかなか難しいところなんですね、僕にとっては。
もちろん生で音を聴くのは一番なのですが、「視覚的」にも何か興味を抱かせるバンド/アーティストが一番の理想かと。音だけで圧倒できてしまう方々もいますけど。

そして三番目は先ほど書いた長い名前のI Can Put My Arm Back On You Can'tでした。雰囲気的にはポストコア~マスロックな感じなんですが、そういうバンドと一番の違いは足元に何も無かったこと。アンプ直でした。ベースも一つだけ。
ライブの内容はもちろん良かったんですが、それ以上にバンドとしての原点と可能性について考えさせられるライブでした。音源買おうと思ったんですが、如何せん何の期待もなく行ってたのでお金を持ってなかったんです、恥ずかしいことに。Ancestorsの7"買ったらビール買うお金も無いぐらいで。帰国祝いに、と友達からビールはもらったんですが、CDは買えませんでした。

最後はAncestorsでした。
I Can Put My Arm Back On You Can'tが始まる前にThe Guest BedroomのSandiと話をしてて、そこで初めてAncestorsがやるということを知ったんです。そのThe Guest Bedroomのライブが今夜あるので行くのですが、SandiとAlanの好意でゲストリストに載せてくれるそうなので嬉しいです。
Ancestorsのライブは二回目。
前回は個人的な事情もあり少し気持ちがどこかに行きながら観ていたんですが、今回はきちんと観ました。気が逸れてても良いバンドなので、きちんと観たらそりゃ当然もっと良いに決まってるわけで。


トロントやモントリオール、その他の都市も含めカナダには本当に良いバンドがたくさんいると思います。でももう少し何かが足りない感じのバンドが多いのも事実で。特にトロントのバンドはもうちょっと小洒落るといいと思うんですが。あまりにもださ過ぎると言うか、気を遣わなさ過ぎと言うか。それが彼らの良さなのかもしれないんですけど。音楽も多少見た目は大切で、それ一つでまた印象も変わると思うんです。頑張って欲しいなと思います。




I Can Put My Arm Back On You Can't MySpace
http://www.myspace.com/icpmaboyc

Ancestors MySpace
http://www.myspace.com/ancestors





人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2009-03-06 03:02 | live
<< Demon's Cla... The Creeping No... >>