The Guest Bedroom × Buckets Of × We Take Lovers
3/5は本人たちから誘われていたThe Guest Bedroomのライブでした。これが僕が観に行ける最後のライブ。いつものSneaky Dee'sに向かう途中、やはり何か寂しく感じるところもありました。

誘われていたのであまり詳細を確認せずに行ったので、最初のライブが始まる直前に女の人に話しかけられ、その会話が終わる頃までWe Take Loversがやるというのを知りませんでした。そう、その声をかけてきた女の人がWe Take Loversのメンバーだったのです。彼女は2004年に長野の松本に住んでいたらしく、日本人の僕を見て声をかけてきたようです。僕の地元名古屋も二週間いたそうです。

そのWe Take Loversの前回のライブは彼らのCDリリースパーティでした。それからは観る機会がなかったのですが、最後に観ることができてよかったです。前回よりもきちんと曲も知ってるということもあってより楽しめました。本人たちが楽しそうに演奏しているライブはこっちも楽しくなりますね。

We Take Lovers


その次はBuckets Ofというバンドだったのですが、事前にThe Guest BedroomのSandiが「Buckets Of観たことある?Ancestorsのギターの別のバンドなんだけど」と言われていたのでなんとなくそれっぽい音を予想してたんですが、全く違いました。すごくトロントのバンドだなぁと感じさせる音でした。スティールギターを使うことで他のバンドとは一味違う印象を与えてくれました。そしてドラム兼ボーカルの女の人がすごかったです。ドラム叩きながら歌うのはもちろんのこと、ハーモニカも吹いてました。僕好みのドラミングで最後まで楽しく観ていました。

Buckets Of


本当にこれが最後なんだなぁと思いながらThe Guest Bedroomを観ました。この日は全部で6曲、新曲も半分ぐらい。最後の曲が本当に良い曲だったのですが、残り二分ぐらいのところでSDカードがいっぱいに......。というのもこの日はWe Take Loversも何曲か続けて撮っていたんです。心配はしていたのですが、やはり、という感じでした。残念。ドラムが替わってからは二回目、トータルでは五回目?トロントで今活動しているバンドの中では一番観たし、好きなバンドです。でもThe Sick Lipstick復活したらその席は譲らざるを得ませんが(笑)

The Guest Bedroom


ライブが終わった後、SandiとAlanと話している時にWe Take LoversのMarkに紹介してくれました。前回のライブの様子をYouTubeにアップしたのは僕だよってのも伝えてくれました。それを聞いた彼はとても喜んでくれていたようで僕も嬉しくなりました。しばらくみんなで話をした後帰りました。自分では当たり前と思いながらここで生活をしてきたけれど、思っていた以上に、それも気づかないうちに地元トロントのシーンに足を突っ込んでいたようです。音楽だけでなく毎日の生活においてもそうですが。約10カ月、短いけれどたくさん大切なものに出会えたと思います。





We Take Lovers MySpace
http://www.myspace.com/wetakelovers

Buckets Of MySpace
http://www.myspace.com/bucketsof

The Guest Bedroom MySpace
http://www.myspace.com/theguestbedroom


The Guest BedroomBuckets Ofはまだアップしていないのでまた後日。体とMacBookがもう二つずつ欲しい......。





Photos here are all hosted on flickr.com



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2009-03-12 09:06 | live
<< AIDS Wolf × U.S... No Age Japan To... >>