カテゴリ:Nothing to say( 2 )
Betrayal
興味ある人には会った時に話してきたけれど、ようやく書いて残そうと思ったのでちら裏かもしれないですがよかったら読んでください。


今年3月、僕はガガキライズと一緒にアメリカへ行き、SXSWのあとカリフォルニアをツアーしました。当然楽器以外の機材は持っていなかったので誰かに借りる必要がありました。ライブがある時は出演するバンドに借りればよかったのですがガガキライズはラジオのセッションとレコード屋でのインストアもあり、その分が必要でした。しかし大して知ってる人間がLAにいるわけではないし、どうしたものかと。オースティンにいる間も誰かいないかと考えていたのですが、結局見つからず。とりあえずサンディゴへ。
そのサンディエゴでLAにはThe Mae Shiがいて、ベースのBillと友達だということを思い出し即メール。すぐに返事は来なかったので不安でしたがLAに到着した頃に連絡があり、Slow Clubに貸した形跡を残したドラムとアンプ二台を借りました。
他に当たっていた中にVivian Girlsで2008年から2010年まで叩いていて、その後Best Coastのドラマーとして活動していたAliです。元々LAでは彼女の家に泊めてもらう予定だったのですが、機材借りられるアテはないかと尋ねてみたんです。するとこんな返事が。
「残念なことに機材を貸してくれそうな唯一のアテがBest Coastだったんだけど、もう口聞きたくないのよね」
読んだ瞬間何が何やらわからず若干混乱しました。すぐにどういうこと?って返事をしました。「LAに来たら話すよ」と言われ、それまでお預けになったし、正直自分の英語力で理解できる話なのかどうかも心配でした。
LAに着いて一通り雑務をこなし落ち着いたところでAliに聞きました、ところでアレはどういうこと?と。以下会話を思い出しながらまとめたものです。

d0059740_032128.jpg


「知ってる通り私はVivian Girlsにいた時もBest Coastのサポートをしてたよね。それはBethanyやBobbと友達だからやっていたし、彼らから本格的に叩いて欲しいと言われて悩んだけれどVivian Girlsを抜け、ニュージャージーからLAに引っ越したの。それからは日本にも行ったり楽しかったわ。ツアーが一段落してしばらくしてマネージャーから電話があったのよ。"やぁ調子はどうだい? ところでそろそろ次のアルバムのレコーディングに入ろうかと思っててね"って言われたから"そうね。いつぐらいから?"って聞いたら、"いや、新しいドラマーを探しているんだよ。つまり、ね"って。私はもう用なしってこと。それまでにBethanyやBobbからは一度も連絡がなかったし、この後も一度もないわ。マネージャーからの電話一本でクビ。本当に信じられなかった、あのクソビッチ。友達だから、信用してたから友達もそんなにいないLAに引っ越してきたのに。ホント最低。」

と話したあと、「それとね」と面白い話をしてくれました。

「BethanyってTwitterやFacebookなんかでやたらとマリファナやってるって事を書いてるでしょ? でもね、彼女は一度もやった事ないのよ! 笑っちゃうでしょあのクソビッチ。みんなが知らないだけで実際はそうなの。Best Coastの為にキャラ作って売ってるのよ。最悪だわ。」
と。

正直なところ、そういう事はどんなバンドにも起きてるんだと思うし、仕方のない事だとは思うけど、これに関しては自分の友達が酷い目にあってて。だから許せなくて。友達だからこその関係だったのに、それをAliは信じていたのに。。せめてマネージャーからの電話の後で一度でも連絡をしていたらここまでにはならなかったんじゃないかなと。話終わってからしばらくは"Fucking bitch!"を連発してました。もう思い出したくもないみたいでしたね。



この時言ってた事も今では胡散臭すぎますね。。
人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-11-18 00:33 | Nothing to say
Series: The Stuff I Don't Really Like...
年間通して何枚かレコードを買っているとハズレも多々あるんですが、正直そういうのは書いてこなかったんですね。というのも好きじゃないと何も書くことがないから。
でもちょっと書いてみようかな、と始めてみたけどやっぱり書くことがない(笑)
ないのでジャケとちょっとだけ理由みたいなのを書いていくことにします。


d0059740_2049586.jpg
Toro Y Moi - Underneath The Pine LP

いつからだったかずっと話題にはなってたし、Paw Tracksだしってのでノリで買ってみたけど、あまりにも下品で二度と聴きたくないぐらいの印象を与えてくれた一枚。解説不能なぐらいダメだった。



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-07-24 20:57 | Nothing to say