<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
We Are Scientists & Editors May 11, 2006
随分時間が経ってしまったけれどもやはり待っていたものを振り返りたくなる時も来ると思うので。

最初にWe Are Scientists/Nobody Move, Nobody Get Hurtを聴いてから一年ちょい、ようやくライブを観ることができて良かった。
それがクアトロじゃなければもっと良かったのに。
どうしてあそこはあんなに音が悪いんだろう。
音が悪いとゆうか低音の出し方が下手とゆうか。
なぜか全く抜けない低音のみが全体的に広がってしまい、中高音が届いてこない。
三人の演奏でこうゆう音作りだとバランスが非常に悪い。
まぁ、技術そのものは予想通りだったのだけど。
アルバムからの曲のみ(日本盤とアナログにはボナトラとして入ってる曲含む)を軽いMCをはさみつつあっさりやっておしまい。
できればThe Wolf's HourThe Great EscapeのCDシングルに収録のThis Means Warやもっと昔のComing Cleanとかもやって欲しかったなぁ。

続くEditorsはUKではものすごい人気。
地下鉄や街中にポスターがたくさん貼ってあったし、ライブはほとんどの会場でソールドアウト。
ポスターの多さはアルバム発売前だったArctic MonkeysInfadelsと同じぐらいだった。
しかし音源はMunichの再発7"のみ。
こうゆういかにもUKって感じのバンドはやはりあまり深くは聴けなくて。
でもライブはすごく良かった。
何よりパフォーマンスと技術がいい。
曲自体がどうとかではなく。

お客さんも半々な感じかと。

ただこのプロモーターは一体何を考えてこのジョイントツアー直前に両バンドのサマソニ出演を発表したのか。
意図が全くわからない。
このツアーの客は明らかに減ったのに。
[PR]
by soundfreak1978 | 2006-06-23 00:02 | live
にせんねんもんだい レコ発ツアー@名古屋 ロックンロール
ちょっと更新滞ってましたがようやく書きます。


GW最後のこの日は名古屋でのライブ。
僕の知る限りにせんねんもんだいが名古屋でライブをやるのはこれで4回目。
去年の来名は全然知らなくて終わった後に知りました。
それも同じロックンロールでした。
その前2回はHellaの初来日@得三。
その次はBattles54-71と一緒に@クアトロ。
最初から徐々に良くなっていく反応を見るのはとても嬉しいですね。
何かしたわけではないけれど。
好きなバンドが演奏してそれを気にいる人が増える。
ただそれが嬉しい。


それはこの日も感じることができた。


天気は生憎だったけれどライブの始まる頃には小雨になっていた。
会場に向かう途中たまたまスタバにいるにせんねんもんだいと遭遇。
後で渡そうと思っていた風来坊の手羽先をプレゼント。
ライブで来ると場所と時間の都合でなかなか連れていくことができないのでちょっと味は落ちるけれど持ち帰りで。

会場に着くとにせんねんもんだいを観たことのない人たちがフライヤーを指差し話している。
中に入るといつもどこかしらで見かける人々。

この日の一番目はDance Beach
名前は知っていたけれど観るのは初めて。
一曲目はかっこいいと思ったんだけど、その後はギターのメタリックに歪んだ音のみが宙に浮いたままで何かひっかかりがないまま終わってしまった。

二番目は6eyes
これが二回目なわけですが、やはりダメでした。
うまい、ただそれだけで。
僕はずっと馴染めないのだろうなと痛感せざるを得ない内容でした。

d0059740_0103834.jpg三番目。
にせんねんもんだいです。
若干疲れは見えていたけれど、ライブはとてもよかった。
またあっけなく終わるのかなと思いきやアンコールではないけれど一曲余分にやってくれた。
ざいさん戻ろうとしてたけど(笑)
終わった後ギターのまさこさんがライブ中ずっとアンプの音が聞こえづらかったみたいで、外音は大丈夫でしたか?と心配そうな顔をしていたので全然大丈夫だったよと。
いや、ホントに良かったんだから。
短期間に3回観れば去年あまり観られなかった分は埋められたんじゃないかな。
TシャツもCDも売れてたみたいだし。
次はいつ名古屋に来てくれるのかしら!?
d0059740_0131295.jpg

最後はのうしんとう
漢字で書いた方がいいのかよくわかりません。
初めて観ましたが夏な感じのノイズなレゲエでかっこよかった。
また機会があれば観たい。
でもIchiさんのソロの方が個人的には好き。


そんなこんなで僕のにせんねんもんだい追っかけGWはなんとか無事終了。
楽しかった。
今まで話せなかったようなこともたくさん話せたし。
今度はたぶん東京かな。

帰りの電車の中での会話も普通にできて嬉しい限り。
にせんねんのみなさま、ありがとう。
[PR]
by soundfreak1978 | 2006-06-08 02:06 | live