<   2007年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧
Gogogo Airheart / Exitheuxa
少し前に書いたSoftboiled Eggiesのベーシストが実はGogogo Airheartのギタリストだと知って、より興味が沸きましたが、そのGogogo Airheartは既に解散。
僕が知ったのは向こうの雑誌SkyscraperにおまけでついていたGSLのコンピCDに収録されていたMifiなのでかなり遅いです。
Mifiは表題のExitheuxa(3rd)に収録されています。
d0059740_15125663.jpg

ヘロヘロのボーカルにテロテロのギターにきっちりとしたリズム。
即やられましたね。
今でもあの時の気持ちは変わりません。
その後、当然遡って聴いていきましたが、やはりこの3rdが一番好きです。
ラストアルバムとなってしまったRats! Sing! Sing!ももちろん良かったのですが(リリース時は解散なんてありえないぐらい良い内容だと思ってました)、ファーストインパクトでしょうか。
DJする時に困ったらThe Rapture / Out Of The Races And Onto The TracksMoving Units / I AmGogogo Airheart / When The Flesh Hitsが定番のライン。
それもこの3rdに。


とここまで書いててGSLのサイト覗いたらトップにこんな記事が。
October 2007 marks the 14th anniversary of GSL's first release. Between that time and now, we've had some incredible opportunities, worked with some exceptional artists, and weathered our fair share of highs and lows. In recent years, we've experienced the onset of factors that have seriously limited our ability to maintain what we feel is the essence of the label; the experimental attitude and artistic freewheeling of times past are simply no longer sustainable. Rather than compromise our goals and beliefs, or allow our course to be charted by financial constraint and an industry in flux, we've decided the time has come for GSL to cease releasing new music, and to close this chapter of our story. We've spent the better part of the past year considering this decision. The recent passing of Factory Records founder Tony Wilson, whose singular example and influence on GSL cannot be understated, came as something of a cosmic reinforcement of our instinctual belief that GSL's time has come and gone. The fact that the original Factory Records itself lasted just 14 years may only be a coincidence, although we choose to see it differently. If one day the right opportunity presents itself, who knows, GSL may re-emerge. Only time will tell. In the meantime, most of our back catalog will continue to be available both physically and online; from now on mailorder will be in the hands of Redeye Distribution/11spot.com

We extend our sincere gratitude to everyone who has supported our efforts throughout the years, not the least of all the bands who have, in many cases, exercised enormous degrees of patience with us, as well as to the loyal music fans who have been brave enough to follow their instincts and peek under a rock or two every now and then. We could not have lasted this long without you.

Let the spirit of perseverance thrive in the face of adversity.


http://www.goldstandardlabs.com/news.html
僕の拙い英語読解力では正確なことはわかりませんが、どうやらGSLを辞めるようですね。
好きなバンドをいくつも抱える素晴らしいレーベルなのに。
残念。


話が逸れた上にちょっと続けるには変な感じになったのでどうしようか。
まとめられないな。

d0059740_15123437.jpg


このアルバムもThe Pop GroupTrapのカバーが入っていて素晴らしいです。
これを聴くと彼らにはポストパンクのリバイバルなんて関係なく好きな音楽を追い続けてきたことがわかってうれしくなります。
それ故にツアーすることや音楽を作る上で必要なモノが得られなくなっていって解散してしまったのが寂しい限りです。
しんみりしてしまいました。


http://www.gogogoairheart.com/
[PR]
by soundfreak1978 | 2007-10-30 15:18 | all music i love
The Slits Vs. Adrian Sherwood@Nagoya Quattro 2007/10/28
もうなんというか、感動して死にそうになったライブはおそらくこれが初めてではないかと思うぐらい感動しました。


開場前にいた客の数は30人ほどで、前情報でいまいちチケットのハケが良くないようなことも聞かされていたので心配していたのですが、Adrian Sherwoodが始まる頃には結構入っていたので良かったです。
18時開演でDJタイムが一時間強あったのですが、いい選曲でした。
最近お気に入りのMedium MediumHungry So Angryがかかって一人盛り上がってました。
Adrian SherwoodはMacと卓とCDJなど使いダブ~ジャングルをスペイシーに操ってました。
普段熱心に聴くジャンルではないけれど、やはりダブ(On Uものは聴きます)は好きな音だなと再認識しました。
そして、レゲエから進化していった先はやはり僕には少し合わないようです。
それにしてもAdrianが途中、タオルで頭を拭く仕草がひどくかわいかったです。

Adrianが終わるといよいよThe Slits
メンバー構成なんかは全く気にせず行ったのでステージに6人もいて驚きました。
ちなみにそのうち何人かは始まる前に階下のTower Recordsにいました。

Ari Upはなんだか何かの教祖みたいないでたちでしたが、喋るとすごく楽しそうに笑うので、そのギャップに思わずニヤリ。

ライブはいきなりTypical Girlで始まりフロアは当然沸きまくり。
音が変に今の音にアップデートされてなくてより心に体に響きました。
その後もShopliftingで倒れそうになり、勝手に想像していたAdrian Sherwood + The Slits = New Age Steppersの図式を汲み取ったかのようにFade Awayが始まり本当に感動のあまり死ぬかと思いましたよ。
とりあえずその辺りが前半のハイライトかと。
あとはAri Upの公然着替え(笑)
東京公演では出ちゃってたらしいですね、The Slitsが。
残念ながら名古屋では見られませんでした。
後半のハイライトはフロアから客を上げてのNew Town
この客がイッチャッててすごかったです。
一見普通の女の人だったのですが、歌詞丸覚えでAri Upと一緒に熱唱してました。
アンコールもちゃんとあったし楽しかったです。
一つ残念なのはIn The Beginning, There Was Rhythmを演らなかったことですか。
最初Typical Girl始める前に「In The Beginning, There Was Rhythm」ってAri Upが言ってたから演るのかと思ってたんだけど。
ま、それ抜きでも満足です。


彼女らは機会があればもう一度観たいですね。
[PR]
by soundfreak1978 | 2007-10-29 17:58 | live
Purchased vinyls and CDs 2007/10/25 - 28
Daughters - Hell Songs LP (Brown)
Daughters - Hell Songs LP (Cream)
Daughters - Hell Songs LP (Opaque Green)
Ra Ra Riot - Each Year 7"
Popular Workshop - William, It Was Really Something 7"
Xbxrx - Sounds LP
Black Dice - Load Brown LP
Gang Gang Dance - Rawwar EP 12"
Shobu - Demo CDR


というわけで先週木曜のTinyに行く前にDaughtersのレコードが届いて上機嫌でした。
d0059740_17195381.jpg

この中の左上・左中・右下が僕の購入した色です。
本当は全色!!!な感じなんですが、ちょっと厳しいので普通にありがちな白と黒は止めておきました。
しかし一番数が少ないのはどうやら黒のようです。
白が多そうな雰囲気です。
とにかく色物好き(こう書くと違う意味に取られがちですが)の僕にとってこれほどよだれの出るリリースはありませんので、うれしいですね。
ちなみにこれを購入したサイトを見てるといろんなレコードが見れて楽しいです。
全部買いそうになるのでチラ見程度に抑えていますが(笑)

あとは前回買い逃していたRa Ra RiotのCDEPの一曲目Each Yearの7"とか遅れてリリースのBlack DiceGang Gang Danceのアナログですね。
今週から来週ぐらいにもいくつか荷物が来そうです。
[PR]
by soundfreak1978 | 2007-10-29 17:29 | my collection
Playlist for TINY 251007
1st time
Q And Not U - Wonderful People
You Say Party! We Say Die! - Monster
Guther - Statements
Shocking Pinks - This Aching Deal
Liars - Freak Out
No Age - Neck Escapah
Erase Errata - Pass The Crimson
Die Monitr Batss - Clean Up
Health - Crimewave
These New Puritans - C 16th
Foals - Look At My Furrows Of Worry

2nd time
Lo Fi Fnk - City (The Teenagers Remix)
Crystal Castles - Untrust Us
Mit - Buchforst
We Are Wolves - Fight & Kiss
Klaxons - Atlantice To Interzone
Damn Shames - Dancing In The Aisles
Blood Red Shoes - It's Getting Boring By The Sea
Cajun Dance Party - Amylase



こんな感じでした。
一回目はいろいろわけがありまして、どうにもこうにもな感じ。
二回目は当初ポストパンクのみで、と考えていたのですが、どうにもこうにも。
あまり僕らしくない、フロアを意識した選曲となってしまいました。
しかし、僕でもやればできるんだなぁということがわかったので、今後こうゆうのはないかと思われます(笑)

イベント自体はお客さんも平日ながらノリのいい方が多くて楽しかった。
思わぬ人が遊びに来てくれたり。

今のところ次の予定は決まってませんが要請があればやらせていただきますので是非お声を。
[PR]
by soundfreak1978 | 2007-10-26 09:02 | event
Adrian Sherwood presents Dub Sessions Vol.3
これもう今週末ですよ。
もっと先かと思ってたら。
なんか再結成の類ってあんまり興味なくて観に行きたいとかあまりないんですが、これは別モン。
Adrian SherwoodThe Slitsの組み合わせはやばいです。
勝手にNew Age Steppersを連想しちゃってます(笑)
少し前に出てたAri Upのソロはなんだかちょっとノリ切れない感じだったのでパスしちゃったのですが、そこからさらに前にRough Trade内のレーベルFor Usから出てた7"は結構良かったんです。
関係ないといえば関係ないんですが、やはりThe Slitsとしてなら期待してしまうというか。
Adrian Sherwoodも一緒だから余計に。
おそらくこれが最初で最後の機会になるだろうし、ちゃんと観ておきたいなぁと。
相当期待して行きます。
名古屋は日曜日なんであせらず会場に向かえるのでよかったです。

d0059740_157337.jpg


http://www.beatink.com/events/adrian07/index.html
[PR]
by soundfreak1978 | 2007-10-25 15:08 | live
Shobu
d0059740_16493353.jpg

ずっと書こう書こうと思いながらここまできてしまってました。
先日のNo Ageの来日ツアーのフライヤーでコメントを寄せていたMonikaShobu
ライブ会場で売られていたデモCDRが近くでも買えるようになりましたよ。
名古屋ではFile-Under Recordsに今日入荷されました。
あとはこないだMonikaと話してた時に言ってたから東京・高円寺の円盤でも取り扱いがあると思います。
名古屋近郊の方はぜひFile-Underで。

ライブの様子はこちらから
http://www.youtube.com/watch?v=8EqymRPQMOY



もうなんていうかど真ん中なんです。
話してる中にも出てくるんですが、AIDS WolfとかThe Chinese Starsとか痙攣ギターな感じ。
あとはなんだろうDaughters好きなところもどこかしら見えたり!?
とにかく僕にとって日本のバンドではにせんねんもんだい以来の衝撃。
早くライブが観たい......



Myspace
http://www.myspace.com/shobufuk
[PR]
by soundfreak1978 | 2007-10-24 17:08 | all music i love
Purchased vinyls and CDs 2007/10/19-20
The Violets - Troubles Of Keneat 7"
Kate Nash - Mouthwash 7" Pt.1
Kate Nash - Mouthwash 7" Pt.2
Ra Ra Riot - Dying Is Fine 7"
Sky Larkin' - Molten 7"
The Coathangers - Self Titled 7"
Electricity In Our Homes - The Shareholders Meeting EP 7"
Malajube - Tromple-Loeil LP



d0059740_2332498.jpg

アルバムもようやく発売になるThe Violetsの5thシングルTroubles Of Keneat
これまでのシングルとはまたひと味違った曲を用意してくれたなぁという感じ。
アルバムにかなり期待です。
B面にはFilthy Little Angelsからリリースされていたシングルスクラブに収録のFeast On Youを収録。
最高のシングルですね。
そんなアルバムはもうすぐリリース。
レーベルはもちろんAngular Recording Corporation
KlaxonsGravity's RainbowThese New PuritansのEP、そしてDiorのコレクションで使われたNavigate, Navigateの片面プレス12"、The Long Blondesの初期シングルもここからですね。

Kate Nashはアルバムのアナログを見ていないのでしつこく7"を買いますが、相変わらずA面とB面の温度差がたまらないです。
しかし今回は今までよりもB面が良い。
こういう例えは非常によくないとは思うのだけど、僕の好きなFiona AppleCat Power、そしてScout Niblettにどこか通じる感じ。
すごく好きです。
そのScout Niblettも新しいのが出ますね。

ようやく来たElectricity In Our Homes
完全な時代錯誤感が最高の4曲。
手作り感溢れ過ぎな200枚限定。

http://www.myspace.com/electricityinourhomes
[PR]
by soundfreak1978 | 2007-10-22 23:04 | my collection
Purchased vinyls and CDS 2007/10/18
Wolf Eyes - Untitled 7"
Hive Mind & John Wiese - It's exactly what you think it is... 10"
K.K. Rampage - E.F. 7"
FFH - Gelignite 7"
16 Bitch Pild Up - The Hairless Whisper LP
Hair Police / Viki - Split LP
Night Wounds - Allergic Thoeat LP



たまには携帯から。
後から編集します。
こないだに続き怪しいの盛り沢山。
American Tapesはヤバいですね。
また紙が貼ってありました。
穴は当然塞がってます。

あとWolf Eyesの7"は写真に透明のレコードがくっついてるイメージです。
正方形ですよ。
AA Recordsのリリースで値段が高い理由がわかりました。
コストかかり過ぎ(笑)
今更のHair PoliceVikiのスプリットは盤の色が綺麗でなんで早く買わなかったのかと後悔する感じです。
画像はまた今度。
[PR]
by soundfreak1978 | 2007-10-18 23:33 | my collection
Purchased vinyls and CDs 2007/10/14-16
Little Claw - Spit And Squalor Swallow The Snow LP
Bearsuit - Oh : IO LP
Peter Bjorn And John - Young Folks 7"
Cut Off Your Hands - Still Fond 7"
Les Savy Fav - What Would Wolves Do? 7"
Brazilian Girls - Jique 7"



d0059740_22173193.jpg

1stがYpsilantiからシルクスクリーンジャケットで出ていたLittle Clawの新譜はThurston MooreEcstatic Peace!から。
1stよりはとっちらかったヨレヨレ感が薄れた気はするものの相変わらずヘロヘロ。
ただレーベルカラーもあるのか時折襲うノイズの洪水が心地よい。

http://www.myspace.com/littleclaw
Myspaceで試聴できるのだけれどもこれはどちらのアルバムにも収録されてないようですね。
下はEcstatic Peace!のページ。
http://www.ecstaticpeace.com/store/index.php?main_page=product_music_info&cPath=1&products_id=197

BearsuitのLPもようやく到着。
これは目が痛くなる強烈なジャケです。
300枚限定。
[PR]
by soundfreak1978 | 2007-10-16 22:19 | my collection
Special Edition Vinyls
先ほど予告しましたレコードを紹介します。
まずHair Police - Live At The Asylum Innから。
d0059740_22562256.jpg

これが盤です。
裏面ですね、片面プレスなんです。
で、紙が貼付けてありまして、もう聴いたんで穴開いてますが、元々は塞がってました(笑)
d0059740_22581176.jpg

そしてこの盤が台紙に直接くっついた状態でこのようなビニール袋に入ってました。
台紙に面しているのはもちろん再生面(笑)
d0059740_2259555.jpg

裏側には付属のCDR。
最高です。


続いてはWolf Eyes - Guillotine Keysを。
d0059740_2315815.jpg

まぁ、ジャケはいつものに比べたらかわいいものです。
d0059740_2324557.jpg

その分盤が大変なことになってました。
赤の透明に、これまた片面プレスで、裏面にプリント。
最初取り出した時は、一瞬ピクチャー盤かと思ってがっかりしたんですが裏切られました。


もう一つ。
Hair Police & Pengo - Virus Thoughtsを。

d0059740_2353586.jpg

これまた最初のと同じく片面プレスの裏面に紙が貼付けてあります。
というか今日届いた6枚のうち4枚が片面プレスなんですね。
当然これも穴が塞がっております。
d0059740_2375945.jpg

ジャケもステキ。
これも穴開きの黒い紙ジャケに貼付けてあるだけなので中から覗くと光が入ってきます。
たまらんですね。


もう一枚の片面プレスはHair Police - Blind Kingdomでした。
[PR]
by soundfreak1978 | 2007-10-11 23:10 | my collection