<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Vivid Black - Totally Ugly EP
先日MySpaceを作ったということで書きましたが、そこで聴けるいくつかプラスいくつかで一枚のEPにして、MySpaceで見られるようになっているTシャツとセットで販売しました。といってもたかだか5セット、内訳は1→パートナー、2→マイミク、2→全く知らない人な感じでした。実は先週の土曜日、京都で行われていた僕の京都を壊してというイベントに行った時に置かせてもらったんです。このイベントは京都を拠点に活躍を続けるFLUIDのジャック氏によって運営されていて、今回は九州のFUCK WAVEとの合同企画のような形でなんでもありな会場で繰り広げられました。一年前ににせんねんもんだいを観にも行ったんですが、とにかくポテンシャル高い、そして志も高いイベントですので近郊の方、そうでない方も是非一度足を運んでみてください。何かしら発見があります。
何故ここに行ったかというと今回は名古屋から僕のパートナーが在籍しているSIKA SIKA(某雑誌でのNo Ageの記事でその名前を知っている方も多いと思いますが)も出演だったのでお供しました。
Tシャツはもうないのですが、CDRの方は欲しい方があれば送料と気持ちだけ負担していただければ送りますのでためらいなくメールかなにかください。
というか曲が出来次第すぐに次のも作ります。Tシャツはすでに案がありますので、お楽しみに!?


http://www.clubberia.com/Event/Detail/?id=138463


Vivid Black MySpace
http://www.myspace.com/vividblackistotallywhite



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2009-04-29 22:51 | all music i love
Vivid Black
ええと、日本に帰って来てようやくやりたかったことが動き出します、ました。
一つはバンド。Vivid Blackという名前で活動していきます。というかとりあえずMySpaceは作りました。音源もとりあえずのものをアップしてありますが、本番はこれからです。一度覗いてみてください。

Vivid Black MySpace
http://www.myspace.com/vividblackistotallywhite

VVDBLK_NYC

まだ本当に始まったばかりで具体的にどうなっていくかなんてのは見えてません。でも一つだけ既に決まっていることがあります。それは9月にライブをすること。それもとあるアメリカのバンド(今はまだ秘密なので書けませんが)の前座、というか地元名古屋の企画を僕たちがやることになってます。ヒントはMySpaceのトップフレンズの中にあるかも!?その他も活動基盤が固まり次第企画やお誘いがあればライブはやっていきたいです。デモなんかは音源でき次第すぐに形にします。北米で得てきたことを存分に出していきたい勢いです。

そんなわけなので今後sOUnDFreAk LOves yOUと並行してMySpaceの方もチェックしていただけたらと思います。その9月の企画を発端にして、いろいろやっていきたいと思いますので。


よろしくお願いします。


Photo here is hosted on flickr.com



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2009-04-24 23:15 | all music i love
Mika Miko - We Be Xuxa
アメリカでは告知通り5月5日のリリースだと思うんですが、ここ日本ではゴールデンウィークの都合もあるのか本日入荷。はい。Mika Miko待望のセカンドアルバムWe Be Xuxaです。

以下、少しライナーノーツやレビューっぽく。


d0059740_2374366.jpg


アメリカはLAのやんちゃな女の子(って歳でもないが)4人+男1人=Mika Mikoのニューアルバムがようやく発売された。あの噂の来日公演の後、日本でもファンを増やし、世界中の音楽好きが待っていた一枚!!!

前作にあたるC.Y.S.L.A.B.F.のアナログのリリースと同じNo AgeのDeanのPPMからのみで、今回はKill Rock Starsのリリースはなさそう。ヨーロッパ盤出してたDeleted Artはどうなんだろう?

基本的にサウンドの大きな変化ってないとは思うのだけど、メンバーが代わったことはやはりバンドとしては大きかったと思う。何しろそれで解散の危機に瀕していたわけだし。ドラムがParty FowlのSethに代わったことでバンドとして良くなったよ、とNo AgeのRandyが言っていたけれど、実際聴いてみるまではわからなかった。音源の前にSXSWで観て、聴いて、単純に僕が思ったことは「変わらずMika Mikoが目の前でプレイしてる」ってことだけだった。一番の変化はやはり本来そこにいるべき人間がいないことーKateがドラムを叩いていないーで、他の四人は相変わらずのパフォーマンスでいいライブを見せてくれた。本当にただそれだけのことだった。このWe Be Xuxaからの曲を中心に組まれたセットの中の数曲は恐らく昨年の来日時には演奏されていたのではないかと思うのだけど、行った方どうでした?つまりライブや音を出す段階でSethが加入したことは大きいのかもしれないけれど、ソングライティング云々に関してはそんなに影響はなかったように思う。もちろんそれがいいとか悪いとかではなく。

明らかに西海岸発祥のUSハードコアな印象はやや後退し、もっとゆるいロックンロールであったりブルース、ジャズな要素も垣間見えるのが前作との違い。それと、ライブではほぼ毎回披露されていたJennaのサックスも音源ではそこまで大胆なフィーチャーはされてこなかったのだけど、今作ではSilver Daggersで聴けたあのサックスが聴ける。これは嬉しい。それに加え、前作までにはなかったサービスで曲毎に誰が何をしてるかってクレジットが入っている。ライブを観たことのある人は当然知っていることなのだけど、そのライブの最後二曲ぐらいはJenniferがギターを弾いている。代わりにMichelleが赤い受話器を持って歌う、というよりはトークを少しとあとは徘徊してる感じ。これは見た目に何かおもしろいなといつも思う。

来日公演も含め相当数のライブをこなし、より多くの音楽のバックグラウンドを自分たちなりに吸収、消化し、できた今作は何か今までとは違う、が何も変わらない。そんなアルバムではないかと思う。ハードコアやパンク一色では無くなったけれど12曲22分に纏められたこのWe Be Xuxaはむしろ以前よりもトータル感が増している。散漫な印象は全く受けない。しかしお勧めな聴き方はライブでのセットを予想しつつ全ての音源を並べかえて聴くことではないかな、と。これはMiak Mikoに限った話ではないけれど、アルバムのコンセプトは大切なのだけど、ライブでは昔の曲も聴きたい、そんな気持ちに誰しもなるはず。本人たちがどう思っているかは知る由もないけれど。

最後に、このアルバムは是非レコードで聴いて欲しい。CDではなく。ダウンロードコードも付いてくるのでレコードプレイヤーがなくてももちろん楽しむことはできる。そうなのだけど、アナログレコードならではのギミックが施されているし、彼女らの音はデジタルでフラットに聴くものじゃないと思う。Mika Mikoの鳴らす音にはそんなデジタルな音は一切入っていないのだし。


Mika Miko MySpace
http://www.myspace.com/mikamiko






人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2009-04-23 02:47 | all music i love
Next release of Finally Punk
一つ書いた勢いでもう一つ。

Elizabeth本人からの情報なので間違いないので書いておきます。

Finally PunkMySpaceでも確認できる次にリリースされる12"とCDの内容ですが、過去にリリースされた7"を二枚分収録とのことです。雰囲気的にはUpset The Rhythmから出ているDeath Sentence: PANDA!の12"のような感じでしょうか。僕はどちらも持っていますが、もちろん買います。アナログだからと敬遠していた人や、少しタイミングが遅かった人にとってはいいタイミングでのリリースではないかと思います。マメに情報をチェックして見逃さない様にしたいですね。でもUKのGerms Of Youthから出るライブCDってのは相当気になります。それについては何も聞いてないので。


d0059740_22272571.jpg

[PR]
by soundfreak1978 | 2009-04-13 22:29 | all music i love
SXSW 2009 Review
日本に帰ってきてだらだらしていて書くタイミングを完全に逃していましたが、気づいてしまったので書きます。

とりあえず観てきたバンド一覧はこんな感じです。

Abe Vigoda
Adventure
AIDS Wolf (4)
Anavan
Black Lips w/ a rapper
The Besties
The Carrots
Champagne Champagne
Clipd Beaks
The Coathangers
Crocodiles
Dananananaykroyd
DD/MM/YYYY
Dead Dog
Dear Tick
The Death Set
Deradoorian
Fiasco
Finally Punk (4)
Forever
Garotus Suecas
Grant Hart (Husker Du)
Gun Outfit
HEALTH (2)
Homosexuals
Ill Ease
Japanther
Let's Wrestle
Lovvers (2)
The Mae Shi (4)
Manhattan Love Suicide
Marnie Stern
Medications
Micachu
Mika Miko (6)
Mother Mother
Nite Jewel (3)
No Age (2)
Ohbijou
Past Lives
Pete And The Pirates
Pictureplane
Pocahaunted
Ponytail
Popo
Pre (3)
P R O T E C T M E
Pterodactyl (2)
School Of Seven Bells
Shout Out Out Out Out
Silk Flowers (2)
The Splinters (2)
Still Flyin'
Stupid Party
Tacocat
Tera Melos
Thee Headliners
These Are Powers
Titus Andronicus
Tyvek (2)
Vivian Girls
We Have Band
Winter Gloves
Yellow Fever (2)
XYX


バンド名横の数字は観た回数です。行く前に一所懸命調べて考えた予定はあっけなく崩れました。というのも去年会って話をしたバンド(HELATH, Finally Punkなど)が僕のことを覚えてくれていたこと、初めて観たけど仲良くなったバンド(The Splinters, Preなど)、トロントにいる間に観て仲良くなったバンド(No Age, AIDS Wolf, Vivian Girlsなど)やあとはMika Mikoあたりと一緒にいる時間が結局長くなったからなんです。それはそれで楽しかったし、それだからこそ知り合えたバンドもいたので。でもやっぱりHandsome Furs, The Soft Packあたりは観ておきたかったなぁ。

それでもなんだかんだ相当数のショウは観たわけですが、去年同様HEALTHは言葉では表せないぐらい壮絶なライブでした。都合二回観たのですが、どちらも近距離では観られず、写真もまともなのは撮れませんでした。あ、二回目の時Finally PunkのElizabethと一緒に観ていて、彼女が途中で別の場所に行ってから少し近くで観ましたね、そういえば。トロントで一気に仲良くなったAIDS Wolfも何度観ても飽きのこないバンドですね。彼らは中途半端に立派な音響システムのあるところでのライブよりもボロボロのとこでの方が断然いいです。ドラムのYannikもMohawkでのライブの後、同じようなこと言ってましたし。NYC在住の友達からずっと話は聞かされていたFiascoは本当にティーンエイジャーとは思われない程の演奏の上手さと楽曲のクオリティの高さにびっくりしました。恐ろしい国です、アメリカ。それと今回どうしても観たかったThe SplintersGun Outfitのどちらとも期待を裏切らない内容でした。Gun OutfitPPMのショウケースで、Mika MikoのギターのMichelleと二人で「今年の一枚は彼らのだよね」と話しながら観てました。その後Mika MikoのJenniferがNo AgeのDeanに「The Splintersって知ってる?私も知らなくて初めて観たんだけど、とっても良かったのよ」と話しているのが聞こえてきました。僕も会話に加わると彼女が「LiLiputみたいなのよ!!!」とDeanに激推しで、彼がJenniferに「じゃあ一度ちゃんとコンタクトとりなよ」と言ってたので近いうちThe SplintersPPMからリリースされたり、Mika Mikoとライブしたりってのが実現するかも!?そのショウケースの会場には今年のサマソニで来日をするグラスゴーのDananananaykroydのメンバーもいて、彼らはSilk Flowersがとても好きでそれを観に来てました。

その他は何かというととりあえずFinally PunkのElizabethと一緒にいることが多かったですね。去年知り合ってから何かしら連絡は取り続けていたのもあって色々な場面で声をかけてくれました。他のメンバーもきちんと紹介してくれて、The Carrotsで歌っているVeronicaともThe Carrotsの日本盤について話をしました。もう一つ、彼女がドラムを叩いていたMutating Meltdownについて、僕がとても好きなバンドだと話をしたら、「実はあのバンドはErin(Finally Punk, ex The Carrots)とChad(ex Zom Zoms)が付き合っていたんだけど、別れちゃってもう活動できないのよね。私はドラム叩くのが好きだし、もっと続けていきたかったんだけど」と答えてくれました。本当に残念な話ですが、男女関係のもつれは仕方がないのかなぁと。そのMutating Meltdownの7"をリリースしていたM'Lady's Recordsから出ているFinally PunkのHypertensionについてもElizabethから聞いてもいないけれど聞かされました(笑)「新しいアルバム(件の7"のこと)は聞いてくれた?あれに入ってる曲は全部レコーディングする前の日にできて、次の日に録音したのよ。気に入ってくれて嬉しいわ」と、Veronicaを外で待っている時に話してくれました。そういえばこの時のFinally Punkのライブの最後はあのNirvanaのNegative Creepでした。MySpaceでしか聞いたことがなかったので興奮しましたね、さすがに。四日目の、彼女たちの最後のショウは四人が口を揃えて「This place is so weird.」と言っていたバーで。そこにいたお客さんはほとんど彼女たちのことなんて知らなくて。始まってしばらく写真とビデオを撮ってからはショウを楽しんでいたのですが、Missileをやっている時に、他に知っている人間がいなかったのもあって僕にマイクを向けてくれたのでヘッタクソな発音でElizabethの「What the fuck...」に続き「Missile!」と叫ばせてもらいました。ありがとう、Elizabeth。そのショウの後は他に写真を撮っていた人たちに呼ばれ、ちょっとしたフォトシュートな感じだったので、その後ろから僕もおもしろ半分に撮らせてもらいました。その時の写真は今このウェブのトップに使ってます。

http://web.me.com/soundfreak_loves_you/

Skin Graft唯一のイギリスのバンドであるPreのアキコさんともようやく会うことができました。一昨年のKlaxonsの来日の時に会えたらなぁとは思ってたのだけど、都合がつかず機会を逃していたので良かったです。とても面白い人で、彼女とも色々話したりプラプラしたりしました。Preのメンバーもみんないい感じでした。新しいアルバムはもうすぐ同じくSkin Graftからのリリースなのですが、今回はあのSteve Albiniのレコーディングとのことで、あの凶器のようなサウンドがさらに強力になっていることはライブで聴いた新曲群からも推し量れます。来月はMika Mikoの新譜も出るので楽しくなりそうです。

全く観る予定になかったNite Jewelは結局全部で3回観ました(笑)が、思いのほか良かったんです。それを裏付けるかのように彼女たちが持ってきていたレコードは全て売れてしまったようです。その様子はこちら。



同じく予定になかったけれどとてもかっこよかったのがAnavanでした。音源よりも断然ライブ。



結局いつ日本に来るのかわからないMarnie Sternは思っていたよりも小さくてかわいらしい女性でした。でもバンド編成となり、ベースを弾いてた女性が美し過ぎました。それにしてもあのタッピングをしながら歌う姿は観ておいて正解でした。目の前でしたし。

Marnie Stern

キャパ20人ぐらいのバーで観たTera Melosも凄かったですね。当然の様に山盛りの機材を足だけでなく、ギター弾きながら手でも操り、かつ歌っていました。残念ながら撮影が一応禁止されていたので写真などはないのですが、好きな人はアメリカに行ってでも観た方がいいです。

Tera Melos MySpace
http://www.myspace.com/teramelos

今年、というか去年からの流れの統括的な意味で象徴していたのはやはりこれではないかと。



Vivian GirlsWavvesのSo Boredをカバーしていました。ちょっとずれてるところもありますが、それも彼女らの良いところだと思います。それでも去年の9月にNYCで観た時よりも上手になったのではないかと。会場ですぐに僕に気づいてくれたKatyにもそのように伝えたのですが。みんないい子です。

Vivian Girls


SXSWが終わった後、写真をいつものようにFlickrにアップしたのですが、なんとThe SplintersFinally Punkが僕の写真を彼女らのMySpaceに載せてくれています。The Splintersは僕の撮った動画も貼ってくれていますので是非チェックしてみてください。どちらも頼んでやってもらったわけではないので本当に嬉しいです。

The Splinters MySpace
http://www.myspace.com/thesplintersband

Finally Punk MySpace
http://www.myspace.com/finallypunk


その他写真はこちらから。YouTubeこちらで。




Photos here are all hosted on flickr.com



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2009-04-13 22:00 | all music i love