<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
100 disks in the 00s: Catch-Up - アージ CD (2000)
d0059740_1924786.jpg


当時たまたま深夜番組を見ていてライブの様子が紹介されて知ったCatch-Upのセカンドアルバム。その番組のエンディングだった気がしなくもないけれど、「6月」のイントロのギターから全てやられたって気分になってすぐにCDを買いに走った思い出の一枚。

僕、JUDY AND MARYがとても好きなんですけど、声がなんとなく似てるなと思ったのだけど、結果的にそこはあまり重要じゃなくて、単純にグランジーでポップな楽曲そのものに惹かれたんです。ところどころSUPERCARに似た雰囲気もあるけれど、Catch-Upの方がかなり素人臭漂ってて。そこがまた近い感じがして好きだった、気がする。「6月」のロール部分とかキュンってなる。

でも、今改めて聴くとその当時感じたのとはかなり違う。違うけれどいいアルバムであることには変わりない。

ここでディスコグラフィ的なのが閲覧できます。




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-04-13 19:19 | all music i love
庭+VVDBLK
3/26の名古屋リフレクトスタジオでの自分企画から始まり、二週間で3回のライブをやるという、どこに需要が? となってしまう二週間が終わりました。その中でもやはり4/3の浜松ルクレチアでのライブはとても良かったです。

去年の沼津でのライブから二回一緒にやってもらってる浜松のMidas TouchのPujariさんがこの企画をしていて、東京からSister Paulde!nialを迎える、という話を聞いたのが1/30の企画の時。そこで静岡のノイズバンドと一緒にやらないかと言われて、すごく嬉しかったのを今もはっきり覚えています。そんな素晴らしいメンツの中でやらせてもらえるなんて。

当日は僕との二人の三人でやったんですが、アンプを6台半円状に並べて、ステージの床に各々のペダル類をずらーっと並べるって感じでした。ステージは完全にペダルで埋まってました。想像を絶する程でかい音が出ていたのですが、演奏している僕はそこまで耳にはきませんでした。優しい爆音?

ラインではないですが、録音していてもらったのでここにアップしてあります。是非聴いてみてください。アンプのボリュームは全部全開でした。

http://vividblack.bandcamp.com/album/live-at-hamamatsu-lucrezia-2011-04-03

また一緒にやりたいです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-04-10 11:01 | live
The Act We Act - いってきます (2011)
d0059740_10303288.jpg


ついに出た。名古屋から発信され全国に広がり続ける現在も進化/深化が止まる事と知らないフリージャズハードコアオーケストラThe Act We Actのここまでの活動を総括した最高のファーストアルバム「いってきます」。

僕が彼らを初めて観たのはそんなに昔ではなくて、5年ぐらい前のとある来日バンドのオープナーとして出演していた時。ずっと噂だけは聞いていて、過剰と言える程期待をしていたのだけど、その過剰さえも上回る衝撃。「日本人で、しかもこの地元名古屋でこんなに凄いバンドがいるんだ」と。しかし、その後すぐ彼らは一旦活動を休止。残念に思っていたのだけど、メンバーが少しチェンジしそこまで間を空けず復活。この時は今のような音にはなっておらず、休止前と変わらないカオティックで短いハードコアパンクを叩き付けるスタイルだった。それからしばらくしてサックスが加入。何かが変わりそうな雰囲気を持ったライブを観て、とても楽しみにしたままあまり彼らのライブを観られない日々が続いた。そして去年の夏だったかに本当に久しぶりに彼らが出るライブに足を運んだ時、そこには格段に成長したバンドの姿があって、もうすぐさま何かしなきゃという気持ちになった。

今ではライブの一曲目にやる定番として馴染んでいるRestructureは、完全に80年代のNo New York、すなわちNo Waveの頃のNYCの空気を感じさせる長尺のフリージャズナンバー。これはサックスが加入したことで完成したんじゃないかと思う。いなくてもできあがっていたとは思うけれど、ここまで不穏な空気は取り込めなかったと思うから。この曲のためだけでもこのアルバムは買うべきだと思う。それぐらい「今」を感じられる。もちろん昔から演奏されてきた曲も収められているから、記念碑的存在であることは間違いないから、そういう意味合いで買うのももちろんいい。だけど「今」があって「これから」のThe Act We Actのことを想像してニヤニヤしたいなら、Restructureを聴いて、できることならライブに行って体感して欲しいなと思う。深くない一ファンといてそう思う。未体験の人は是非。




The Act We Act MySpace
http://www.myspace.com/theactweact

人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-04-10 10:51 | all music i love