<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
100 disks in the 00s: Whirlwind Heat - Do Rabbits Wonder? LP (2003)
d0059740_23183978.jpg


鳴り物入りでデビューしたおバカトリオWhirlwind Heatのファーストアルバム。プロデュースがThe White StripesのJack WhiteでエンジニアにはBrendan BensonとDave Fridmannの名前が連ねられているというなんとも不思議かつ強力な一枚。ま、地元繋がりってことなんですけど。

このアルバムの曲名が全て色の名前ってのがまず面白くて、ジャケットのデザインもアルバムとシングルで統一させて、うち一枚にはThe White StripesのMegも登場。音もドラム+ベース+歌/シンセの分厚いようで薄っぺらなポップなのかニューウェーブなのかパンクなのかなんなのか。アヴァンな部分もあるのに妙にポップで、編成なんかで比べられてしまうのかもしれないけど、Lightning BoltDeath From Above辺りの中間というか。あんまりいい表現ではないし、比較はしたくないのですけど、下のYouTubeのコメントに下らない事書いてるバカがいるので。

日本では大して話題にもならなかった気もしますが、その後もマイペースに活動してました。最近はどうしてるのかしら。




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-31 23:35 | all music i love
100 disks in the 00s: Yeah Yeah Yeahs - Yeah Yeah Yeahs 12" (2001)
d0059740_22524337.jpg


まだネットという媒体に触れることがほとんどなかった当時、そこまで大した情報なんかないまま、ただJon Spencer Blues Explosionとツアーをしたという話題だけで買ってなんだかわからない衝撃を受けたのがTouch And GoからリリースされたYeah Yeah Yeahsのこの12"。JSBEと同じくベースレスだというのに妙に太い音が出ていたり、なんともセクシーな声。

その後の成功は知っての通りなのだけど、Liarsとの初来日の人の少なさは信じられなかった。でも人の少なさもあって、ライブ終了後にKaren OとNick、LiarsのAngusと話ができたのはとても良い思い出。







人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-31 23:11 | all music i love
Gun Outfit - Gun Outfit 12" (2011)
d0059740_22345168.jpgd0059740_2235891.jpg

すっかり書くのを忘れていたGun Outfitの新しい12"はMake A Messから。昨年のセカンドアルバムPossession Soundで見せたソングライティングの飛躍的な向上がより整ったかのような仕上がり。スカスカでゆるゆるなのは相変わらずですが。これは次のアルバムかなり期待できますね。

しかし、いつまで経ってもここ日本では評価されないんでしょうか?検索してみても自分が直接知ってるレコード屋とか自分のブログばかりがヒットなんてのはちょっと寂しいです。






人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-31 22:44 | all music i love
100 disks in the 00s: V.A. - Space Is No Place - NYC: Noise From The Underground Vol. 2 CD (2003)
d0059740_22312852.jpg


このコンピに出会っていなかったら多少なり聴く音が違っていたんじゃないかと、ここ最近改めて思うんです。特にこれがすごいってのはないんですが、ここで聴ける音の振り切れ方というか、このレーベルのカラーみたいなのが少なからず影響を与えてくれたんだなぁと。ちなみに収録曲目等は以下。

Aero & Anderegg – From This More Confusion Comes
Tuba Mirum – The Last Crusade
Spaceman –Insalubrity
Beard-O – Trinity
Chuck Bettis & Toshio Kajiwara – Before And During Phenomena (Excerpt)
Lucerne – Djindjic
Verbalala –Time
Chaw Mank – Horses With Me
Cocaine – Overhell
Squaw – Cave Of The Seeping Lizzard
Tan As Fuck – Zodiac Heat
Jah Division – Isolation Dub

この手の音が好きな人には割と名の知れたバンドやアーティストも含まれてはいるけれど、そうそう伝わり易い感じでもないです。パッと聴いて残るのは最後のJah Divisionか。このバンドは一度ライブを観たことがあるんですが、曲のタイトルとバンド名からわかるように、Joy Divisionのダブカバーバンドです。こっちから入った僕はJoy Divisionでは物足りない間違った道へ。

この頃は(今も全くだけども)まだまだ開発が行き届いていなかったのでこういうコンピレーションは本当にありがたかった。いいガイドブックでした。

あ、これのリリース元、Psych-O-Pathというレーベルは先日書いたSightingsMichigan HatersのオリジナルCDのリリースもしてました。Vol. 1に収録されてるようですが、Untitledとなっているのでどんな曲だかわかりませんが、爆音なんでしょうね(笑)


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-30 22:43 | all music i love
100 disks in the 00s: Vivian Girls - Self Titled LP (2008)
d0059740_1184160.jpg


今更どうこう言う必要は全くないのだけど、00sが終わりに近づいていた2008年にVivian Girlsに、トロントで出会えたことはどうしたって外せない出来事。

現在はFrankie Rose And The Outs名義で活動しているFrankie Roseが抜けて、Aliが加入。そうして始まった北米ツアーのトロント公演で初めてVivian Girlsを観た時も、まだそんなにバンドとして固まっている感じではなかったなと半年後にSXSWで会った時に感じたのももう二年以上前の話。そのまた半年後、セカンドアルバムEverything Goes Wrongの日本盤リリースに合わせての来日ツアー。さらに半年後のSXSWで再びVivian Girlsに会った時はより打ち解けて、ベロベロのKatyと話したりで、それまでの偶然が全て集約されたような一週間を過ごしました。
そのまま順調に進んでいくのかと思いきや2010年の夏、Aliが脱退し何度か客演していたBest Coastに正式に加入。Vivian GirlsCoastingでも活動しているFionaを新たに誘い、すぐにアルバムの録音も終えていたにも関わらずなかなかリリースされなかった。その間、Cassieは自身のソロ音源をリリースしたりThe Babiesの録音やライブをこなし、KatyはAll Saints DayLa Seraを。
こういう活発な動きを見ている限り、Vivian Girlsが現在の所謂インディと言われるシーンにおいて、重要なポジションにいることを推し計ることができます。以前、このファーストアルバムが再発されるタイミングで書いたブログにもあったのだけど、結果としてVivian Girlsの登場に誘発されて(もちろん彼女らの存在だけではないけれど)、みんなが言うところのC 86だのTweeだのシューゲイザーリバイバルといった音を鳴らすバンドが一気に席巻することになりました。ま、本人たちはそんなんじゃないと完全否定してるんですけど。インタビューとかではそれなりにやんわりと否定しつつ、だけど肯定はしない感じの受け答えをしていますが、Cassie本人と話した時には完全否定でした。世間のそういう批評に対して苦笑いをしながら。

もうすぐ二回目の来日も控えているVivian Girls。今後も楽しみ過ぎます。







人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-29 11:45 | all music i love
100 disks in the 00s: Dakota / Dakota - Shoot In The Dark CD (2003)
d0059740_18285822.jpg 所謂ポストロックとかマスロックとか言われる様なカテゴリーのバンドには大して造詣が深くもないので、語るに至らないんですが、たまにヒットします。その一つがDakota / Dakota

最初に彼らのことを知ったのはこのアルバムの後、Riddle Of Steelとのスプリット7"がリリースされた時。もう何がいいとかよくわからないんですが、それまで耳にしていたポストロックに比べて音そのものが僕の好み。Dakota / Dakotaはポストロックではないんですが、その当時は違いがよくわかっていなかったんです。で、何が違ったかというと、まずギターが歪んでいた。ポストロックもディストーションがかかっていないわけではないんですが、小綺麗にまとめられてしまっていて、あまりダイナミックではないのですが、Dakota / Dakotaはいい意味でファズの下品な歪みで。後にちょっとずつ知っていくうちに、彼らがマスロックだとわかってきてそりゃ違って当然だなと。結局ポストロックと言われる音源にはほぼ興味がわかないままここまで来ました。聴いていて眠くなるので向いてないんでしょうね。

解散後、メンバー三人のうち二人はRussian Circlesとして活動。そちらもここで聴ける変拍子+タッピングの華麗なプレーが聴けます。









人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-28 18:47 | all music i love
AGGP STORE Updated (28/05/2011)
http://www.cdandlp.com/seller/3/161401/aggp_store.html

Franz Ferdinand - Matinee 12” /200

French Toast - In A Cave LP /500

Gomez - In Our Gun 2LP /500

The Von Bondies - Pawn Shoppe Heart LP /300

So Many Dynamos - Flashlights LP /500

The Stone Roses - The Stone Roses 2LP /2500

Pocahaunted - MAke It Real LP /800

Radiohead - Pablo Honey LP /1500

Best Coast - Where The Boys Are CD /1000

School Of Seven Bells - Alpinisms LP+CD /1500

Tortoise - It’s All Around You LP /800

The Postal Service - We Will Become Silhouettes 12” /400

Mice Parade - Obrigado Suadade LP /500

Dashboard Confessional - A Mark, A Mission, A Brand, A Scar LP /500

Primal Scream - Swastika Eyes 12” /200

Protocol - She Wants For Me 12” /200

Franz Ferdinand - Darts Of Pleasure 12” /2000

Zoot Woman - It’s Automatic 12” /200

Parenthetical Girls - Safe As Houses LP /500

Diefenbach - Make Your Mind 10” /150

I'm Not A Gun - We Think As Instruments LP /500

VHS Or Beta - Night On Fire 12” /200

!!! Vs LFO - Me And Giuliani Down By The School Yard (A Remix) 12” /150

Blur - The Best Of 2LP /1000

Battles - Atlas 12” /800

Sunshine - Necromance LP /300

Bloc Party. - Bloc Party. EP 12” /500

Headlights - Some Racing, Some Stopping LP /800

Prinzhorn Dance School - Crackerjack Docker Promo 12” /300

Prinzhorn Dance School - Up! Up! Up! Promo 12” /300

!!! - Louden Up Now 2LP /1000

Sic Alps - A Long Way Around To A Shortcut CD /800

*Prices are indicated as JPY.

人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-28 18:22 | SALE
AGGP STORE Updated (22/05/2011)
The Wannadies - The Wannadies LP /3,000
Serena-Maneesh - Drain Cosmetics 12" /600
Heavy Vegetable - Frisbie/The Amazing Undersea Adventures Of Aqua Kitty And Friends 2LP /1,500
Foo Fighters - In Your Honor 4LP Box /3,000
Hole - Skinny Little Bitch 10" /500
The Longcut - A Call And Response 2LP /1,000
Jacuzzi Boys - Bricks And Coconuts 7" /700
The Mules - Save Your Face CD /800

http://www.cdandlp.com/seller/3/161401/aggp_store.html

更新されるのは月曜になると思います。

人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-22 03:05 | SALE
AGGP STORE Updated (21/05/2011)
http://www.cdandlp.com/seller/3/161401/aggp_store.html

This Heat - This Heat (Digital Remastered ) LP
Soft Circle - Full Bloom CD
Muse - Plug In Baby 7"
The Lodger - Grown-Ups LP
Playgroup - Remixes 12"
The Pains Of Being Pure At Heart - Higher Than The Stars 12"
The Juan Maclean / The Rapture - Split 12"

まだ初めてからの販売履歴が足りないので更新されるまで時間がかかるので、今日アップしたものを書いておきます。

人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-21 04:01 | SALE
100 disks in the 00s: Hella - The Devil Isn't Red LP (2004)
d0059740_7531878.jpg


この頃は本当に音楽がいろいろ面白かった。この2004年は特に。年が明けて三月は東京へLightning Boltを観に行き、そこでにせんねんもんだいに出会って、その一年の間ににせんねんもんだいを観るために7回ぐらい東京に行った。Deerhoof二階堂和美Merzbow!!!LCD SoundsystemFranz Ferdinandもその年に観てるんですね。

今ではちょっとしたカリスマ的な存在になったZach Hillが叩きまくるHellaのまだ二人だった頃の傑作。スプリット除いて三枚目のフルレングス。ロボットが叩いてるんじゃないかと思う程無機質に繰り出されるドラムの音と、これまたプログラミングされた機械仕掛けのギターじゃないかと思わせるような変則的なリフの応酬。この二人が二人でやっているから成り立った奇跡。と思うのはこの後4人になったHellaはあまりにも僕の好みではなくなってしまったから。しかし、去年High Placesの名古屋公演ではCarson McWhirterとのインプロで叩き続けるZachは相変わらずで感動しました。





人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-16 08:26 | all music i love