<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
These days Ⅰ


Let's Buy Happiness - Fast Fast
昨晩のポストで書いたThe Raptureの12"が欲しくていろいろ検索してて、一番安く買えそうなところを見つけた時、ついでだから他にも何か日本にいると買えなさそうなレコードもオーダーしようと思ってリストを眺めていて気になる名前を発見。それがLet's Buy Happinessですぐにサンプルを試聴。ちらっと聴いていい感じだったので即決。2月にリリースされていたので別に最近のってわけじゃないけど、Kate Nashみたいな声とメロディと少し陽気なBat For Lashesという印象で、素朴な雰囲気とこのPVがマッチしてるかなと。アルバムはいつ出るのかわからないからチェックしておかないと。



toddle - Thorn
久しぶりにこんなにいいと思える(僕にとって)メジャーなバンドとなったtoddleの新譜The Shimmerの2曲目に入ってるThornもPVが公開されたので。多くの人はtoddleを知る、もしくは語る上で最初に出てくるのが元Number Girlで現在はBloodthirsty ButchersとかMooolsとかだと思うのだけど、僕にとってhSwarm's Armの小林さんがいる、というのが最初にくる。実は、このアルバムもTwitterで彼女のフォローをしてなくて、共通の知り合いもいなかったら聴いてなかったと思うぐらいで。なんかきっかけができてよかったなぁと思ってます。日本のバンドはこういうミキシングとマスタリングをもっと勉強すべきと思うんだけどな。ボーカルとバスドラとスネアの音だけやたらと大きかったりが多いので。せっかくライブが良くても音源に手を伸ばせない理由がそれ。残念な結果が多かったから。



B-Lines - Social Retard/?
バンクーバーに遊びに行った時に観る予定だったのにメンバーが怪我しただか風邪ひいただかでキャンセルになって観られなかったB-Linesのアルバムが先日出たのでよく聴いてるのだけど、こういうストレートなパンクをもっと若い頃に一所懸命聴いてたらなにか違ったのかぁと考えてしまう。今だからグッとくるのかもしれないけど。こういうバンドもいるから、まだまだバンクーバーのシーンからは目が離せない。



A Frames - Memoranda
昨年リリースされたMalesがとてもよかったIntelligence絡みのバンドA Framesの過去にリリースされた7"やデモ音源がコンプリートされた3LPをようやく買ったので。Sub Popからリリースされてたし、もっと日本でも知られててもいいのにな、と思いながら何年か過ごしてきたけど、A Framesの話ですごく盛り上がったのはたった一人だけ。悲しい。



Jebediah - Harpoon
最近何故かまた聴きたくてよく聴いてるオーストラリアのオルタナバンドJebediahの1997年リリースのファーストアルバムSlightly Odwayからのシングル。出た当時も本当にたくさん聴いて、未だに歌詞も覚えてる。このバンドのメインになってるのはボーカル/ギターのKevinで、歌詞だったり曲の展開だったりが素晴らし過ぎ。日本盤が出ていたにも関わらず、日本ではあまり広く知られていなくて、このバンドの話で盛り上がったのは最近Moor Worksで働いている大阪のスタッフの子ぐらい。それも確かTeenage Fanclubのライブのアフターパーティで僕がDJやっててJebediahをかけた時に凄い反応くれてとかだった。いいバンドなんですけどね。

こんあカバーがありました。同じオーストラリアのSomething For Kateが少し渋めにアレンジしてます。JebediahSomething For KateClintをカバーしてます。



解散したと思ってたら今年の4月にアルバム出してました。そこからのシングルだそう。やっぱいいバンド。





Sleep∞Over - Outer Limits
この音は飽きないな。ずっと聴いてる。でも他のこういう感じの音は割と排除しちゃってるのだけど。今、The RaptureとこのSleep∞Overのアルバムが9月に出るのが楽しみで仕方が無い。



Vivian Girls - Wild Eyes/Can't Get Over You/I Have No Fun
もうあと二週間でVivian Girls二回目の来日ということで、前回来日時の伝説の名古屋公演(笑)の様子。これShare The Joyのディスクユニオン特典に入ってたよね。確か。自分でやっといてすっかり忘れてるという。去年のSXSW以来に会うので楽しみ。上手くなってないといいなぁ。



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-06-24 01:37 | all music i love
The Rapture - How Deep Is Your Love? One-sided 12" (2011)
d0059740_093886.jpg もう何年待ったとかそういうアレは特にないのだけど、DFAを離れ、プロデュースにPaul Epworthらを迎えリリースされたPieces Of The People We Loveが余りにも残念な仕上がりで、世間のにわかファンやライターの類の人たちがEchoesDFAによって音が加工されまくって、生っぽさが消えてしまっていたけれど、それがPaul Epworthらによって取り戻された、みたいなことをちょっと単語替えたり、語順並べ替えただけのでたらめなレビューをやたらと投下していた。実際は、というか僕の耳がおかしいだけなのかもしれないけど、全然逆で、Echoesの時は聞こえていたピックが弦に当たる音やドラムキットが振動する音が全くわからないぐらいフラットに加工され、デジタルで聴くのに丁度いいですよ、と言わんばかりのぺったんこな音になってしまっていた。まぁ僕の嫌いなエレクトロで名を馳せていた人たちだったからそりゃ音を好きになるわけないなと、当時思ってました。

でもDVDで何度も観ていたライブは実際にもとても良く、楽しかった。演奏が多少上手くなってたけどまだまだバランスがいい感じに悪くて。ただなんとなくこれでこのバンドは活動を止めてしまうか、行き詰まってしまうんだろうなと感じたのも正直なところ。それはアルバムがまるっきり彼らのモノではなくなってしまっていたこと、あのヒット曲の存在が邪魔をしているなと思わせられる雰囲気があったこと、それと所謂ポストパンクリバイバルと言われていたシーンが縮小し始めていたこと。いくつかの要素が相まって僕にそう思わせていたのが2007年。

それから4年。特に待っていたわけではなかったからThe Raptureの新曲が、みたいなニュースを見てもそれほど興味がなかった。だけどふとStereogumのレビューを読んでいたら聴いてみたくなって、あのレコードにスタンプしてターンテーブルに乗っけるビデオを観て、聴いてびっくりした。ぺっちゃんこになった音は微塵も残っておらず、ピアノがどことなくI Need Your LoveSister Saviourを彷彿させる印象的なリフを奏でる上をサックスが自由に飛び回り、マシンではないドラムの音にあの不安定な甲高い声が聞こえてくる。もうそれだけでテンションが上がる。

アルバムのアナウンスは9月6日となっているので、その月はThe RaptureSleep∞Overの二枚で脳味噌溶けそうだ。なんか日本盤が出るようだけど、絶対レコードで聴く音。アナログな音。





人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-06-23 00:37 | all music i love
Puffyshoes - Finally The Weekend + (Almost) Unplugged
d0059740_115135.jpg


いよいよ発売になります、Puffyshoesの初のまともに流通する盤! 内容はもう説明するよりも聴いてもらえばわかることなので、前書いた時も省きました。今回も省きます。

で、今回はきちんと流通するということでAmazonとかTower RecordsとかDisk Unionとかでも余裕で買えます、多分。その三つはウェブに載ってるし間違いないと思います。是非チェックを。

と書いたところでこのリリースには特典が付いてきます。そんなの他のでもあるし、特に珍しくはないと思います。が、DIY精神を発揮し、三つの特典が用意されました。一つはDisk Unionのみの特典で、Puffyshoesの仲良し爆音黒髪長髪(アイドルヲタ)デュオGagakirise (ガガキライズ)がアルバム丸ごとカバーしてしまった超絶音源が初回入荷分のみ付きます。当初の予定では二曲か三曲程度という話だったようなのですが、勢いがあり過ぎのようです。
二つ目は買った人全員がもらえる特典。買ったCDを写真に撮ってPuffyshoes宛てに送るともらえるらしい。そういえばこれはTwitterと彼女らのウェブだけしか載ってないとか言ってたけど大丈夫か?一応線入れておこう。
三つ目は手前味噌になってしまうのだけど、僕のレーベルのオンラインストアで買ってくれた人にのみ今日録ったばかりの7曲が入ったCDRが特典として付きます。あと僕がここで書いた似非ライナーも付けます。ちなみにタイトルは(Almost) Unpluggedです。カバーアートは僕がさっき作りました。本人たちの了解を得たのでこれでいきます。

d0059740_1142640.jpg


特典収録曲を羅列してみると凄いことになる。

特典その1: Gagakiraiseの10曲ぶっ通しカバー
特典その2: Dum Dum Shit / How / Love Me Or Hate Me / Cherry Coke / Ancient Dinosaurs / Milk & Coffee / Goodie Good / I Want A Boy (VVDBLK Remix) / Dear My Friend (VVDBLK Version)
特典その3: Happy Birthday To Me / Secrets / Doing Fine / Tokio (New Wave Mix) / OMG / I Want A Boy / About A Girl

全部入手したら本編10曲+10曲(1曲?)+9曲+7曲=36曲(Gagakiriseの分は一曲なのだろうか)も聴けることになる! というか全部入手するには最低でも二枚は買わないといけないことになるようです。楽しみですね。発売は日付変わったので明日6/15水曜日です。僕のところはちょっと遅れますのでよろしくお願いします。

http://aghostlyghostproductions.bigcartel.com/product/puffyshoes-finally-the-weekend-bonus-cdr




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-06-14 01:23 | all music i love
Battles - Gloss Drop LP (2011)
d0059740_2334525.jpg


ようやく届きました。Battlesの四年ぶりの音源。僕個人としてはTyondaiの脱退は特に大したニュースでもなく、むしろそれによって良い方向に転がるんじゃないかと思ってたんです。
ただ、Mirroredは正直がっかりさせられたのであまり期待はしていませんでした。ストリーミングもできたリードトラックIce Creamもあのボーカルが邪魔な気がしてしょうがなかったし。しかしA面の一曲目、Africastleを聴いた時点であっという間に前作超えました。そしてやっぱりボーカルが邪魔なIce Creamを挟んで三曲目のFuturaがまたテンション上がる音と構成。やはり声いらない。あってももっともっとパーカッシブでいい。加工し過ぎなぐらいやって、パーカッションの一部になるぐらいで。

全曲なんか書いてしまいそうな勢いだけど、それは自分があとから読み返すのがしんどいからやらないけど、Mirroredで手に入れたモノと失ったモノを(本人たちが意図してるとは思われないけれど)見極め、次のステップに行ったなぁと言う印象。僕みたいに前作が出てがっかりした人にも、前作でBattlesを知った人にもアピールできているなぁと。Ianがどうだと言わんばかりにヘラヘラ演奏してる姿が想像できる。やっぱり凄いバンドだと改めて思う。次は歌は無しでお願いしたいところだけども(笑)






人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-06-11 23:31 | all music i love
100 disks in the 00s: Klang - No Sound Is Heard LP (2004)
d0059740_0363999.jpg


Rough Tradeの内部レーベルFor Usから限定でリリースされたL.O.V.E.に続いてMuteの傘下からひっそりとリリースされた元ElasticaのDonna率いるKlangの唯一のアルバム。結局リリースされたのは7"とこのアルバムのみ。

以前にもここでこのアルバムの事は書いたのだけど、改めて00年代の一枚として。というのも90年代をほぼUSのバンド一色で育ってきた僕はUKのバンドは極めて興味の薄いのばかりで、リアルタイムで聴いていたのはMidgetUrusei YatsuraNilon BombersなんかのそこまでUK臭の強くないバンドばかり。なのでElasticaの名前は知っていても聴くことはなかったんですね。つまり元Elasticaのメンバー云々抜きでこのKlangを知って、この音数が極端に少ないどこに属するのかもよくわからない音に嵌ったというわけで。そこからElasticaに辿り着くまではまた少し時間がかかったんですけど。

Klangみたいなバンドはこれ以降もなかった、もしくは知らないけれど引っかかる程いい感じではなかった、と思います。そういう意味でも重要な一枚。







人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-06-01 21:27 | all music i love