<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Bleeding Rainbow - Yeah Right LP (2013)
d0059740_21223211.jpg


前作Prisms EyesHozacからリリースしたのが2010年。それからしばらくは変わらずデュオで活動していたのだけれど、いつの間にか一人増え、一人増え、メンバーが4人に。スタンディングドラムを叩きながら歌っていたSarahはベースへ転向し、本格的なバンドとなり再始動。そして昨年末バンド名をReading RainbowからBleeding Rainbowへと変えた。

Bleeding Rainbowとなってからは初のフルレングス。バンド通算で三枚目(カセットは除く)となるYeah Rightは当初今年10月にはリリースされる予定だったのが、なんらかのトラブル(こういう場合は大抵プレスのトラブル)に因り年明け1月末に延期に。それのせいか、元々用意されていたのかはわからないけれど、LPから三枚の7インチを限定で毎月リリース。10月は以前書いたPink Ruffで次がDrift Away、最後がWaking Dream。本来最後のWaking DreamとLPはまだ届けられるはずではなかったはずだけどバンドルでオーダーしてたのと、7インチも全部オーダーしてたおかげか今日届きました。今聴きながら書いてます。

重複するけれど、4人になることでしょぼくなるかと思いきや! って感じはLPでも同じ。先行の三枚の7インチに収録されている曲はもちろん、他の7曲も素晴らしい。これで来年90年代前半のリバイバル来なかったら悲しいぐらいに僕の青春を感じさせる音がずっと鳴っている。こういうのは好きじゃないけど、わかりやすくいうとSonic YouthMy Bloody Valentineを足して2で割りつつポップ感を増した感じ。決してエクスペリメンタルになり過ぎず、シューゲイズし過ぎず、ポップにもなり過ぎないなんとも言えないバランス。先月辺りはA Place To Bury Strangersとツアーしていたのでまた新たなファンをゲットしたんじゃ!? 間違いなく2013年の重要な一枚。








僕は今年のベストに挙げちゃいますけど(笑)


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-11-30 22:35 | all music i love
7 Days War
d0059740_18431628.jpg

d0059740_18432797.jpg


今週日曜にこういうイベントに参加させていただきます!
THISIS(NOT)MAGAZINEからせっかくなのでそのまま転載。(いちいちこちらでリンク貼るのがめんどくさいだけ)

d0059740_18434246.png


2012年12月2日(日)

7DAYSWAR 1stDAY!!!

THISIS(NOT)MAGAZINE presents..."START TO DAY!"



15:00 OPEN/START

入場料 :¥1000


///LIVE ACT///



HADA



名古屋のアンダーグラウンド非ップ呆ップ代表、HADA。映像作家としても活動中。最高にいかしてます。俺のコック、未だ募集中!

http://hada.nobody.jp/








・MARK  (from 東京)



えぐり出すかのように、全てをさらけ出すかのように、歌って叫んで泣いて笑う、東京の女性SSW。

2年程前にECDさんを幣誌でインタビューした際、今気になるアーティストは?という問いに返ってきた答えが彼女でした。また、つい最近行われた東京で一番おもしろいバンド「どついたるねん」のワンマンのオープニングアクトとして出演するほか、渋谷UPLINKでDustin Wongと共演するなど、さまざまなアーティス/ミュージシャンから注目を浴びています。名古屋でのライブはおそらく貴重です。しかと受け止めて下さい。

http://myrel.exblog.jp/13457829




・SIMA (小鳥美術館)



相方の館長(Gt.)とのデュオ編成ユニット「小鳥美術館」として、名古屋で活動する女性SSW。今年10月に開催された野外フェスOTONOTANI2012では以前から交流のある田中磬さん(ショピン/ex.SAKEROCK)がウッドベースで参加しての3人編成で登場し会場を湧かせた。この日は、島なぎさとしてのソロ編成で出演。なお、SIMAという表記は今回共演の他の二人に合わせてくれたそうです。







///TALK SESSION///



16:00〜(90分の予定)

トークテーマ:「名古屋っておもしろいの?」

僕は普段から名古屋を中心にイベントを企画したり、遊んだりする中で、紛いなりにもカルチャーと呼ばれる類いの周辺をうろちょろしていますが、じゃあ「名古屋っておもしろいの?」と聞かれると答えは「?」で。。。とにかく面白いアーティストやクリエイターは存在していると思うし、おもしろい小さなコミュニティやスポットは存在しているのは確かなんです。

が、

なかなか盛り上がっている感じはしません。他地域もそうなのかもしれないけど、かなりいろんな意味で乖離している気がします。
それには「カルチャースポット」と呼べる場所が極めて少ない(他の大規模都市である大阪、京都、東京なんかと比べて)ことなんかも関係しているかもしれません。

土屋さんから飛び出したショッピングモール論も然り、様々な要素がミックスしあって、大きなうねりになるきっかけすら発生しにくい環境/状況なのかな〜と勝手に考えていました。


が、
じゃあ皆はどう思ってるんだろう?

そんな個人的な疑問を投げかけさせてもらって、
そこからみんなそれぞれの現状をもっとおもしろくできそうな何かしらのヒントを見出せたら、と思っています。


黒田義隆 ( ON READING )

全国的にも支持を集めるセレクトブックショップ「ON READING」、出版レーベル「ELVISPRESSを企画/運営。 http://www.onreading.jp/

上原敏(SCHOP )

名古屋のインディーカルチャーを支えてきたフリーマガジン「SCHOP」編集長(現在、同誌は休刊中)。名古屋のブックシーンをつなげ、広げていく団体「BOOKMARK NAGOYA」を黒田さん、シマウマ書房鈴木さんとともに主催/運営している。

http://schop.boo.jp/
http://www.bookmark-ngy.com/

土屋主税( 6EYES )

名古屋を拠点に活動を続けるリヴィングレジェンド「6EYES」のKey.Vo.。言わずと知れた名古屋のカリスマ。現在は一児の父。

http://www.6eyes.jp/

五味秀明(THE ACT WE ACT )

同じく、名古屋を中心に活動を続けるハードコアナードバンド「THE ACT WE ACT」のVo.。Killerpass林くんとともに今回の7日間連続イベント"7DaysWar"を主催。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=sasapop

鈴木香織(Summer Of Fan / iscollage collective)
名古屋を拠点に音楽レーベルSummer Of Fan / iscollage collective主宰し、名盤を多数リリース。10月末に6EYESの初の7inch作品をリリース。さらに、ライブ企画のブッキングなども多数。日本全国、西へ東へ、雲に乗って移動しているという噂や、インターネット上だけの存在なのでは?という疑問も持たれている謎の人物。http://iscollagecollective.org/

http://summer-of-fan.tumblr.com/

・武部敬俊(THISIS(NOT)MAGAZINE)
岐阜在住。雑誌THISIS(NOT)MAGAZINEのリリースが限りなく停まっていますが、これまでに4冊リリースしています。名古屋エリアを中心にライブイベントを企画したりしていて、最近はそっちのほうが忙しく、1月にはZsの来日イベント、2月にも都内在住のアーティストの名古屋公演を2本企画中です。過去に大阪で雑誌の編集長を6人集まってのトークイベント「MAGAZINE NOW」をやったんですが、そんときにだいぶ自分の喋りのダメさが露呈されたので今回のトークイベントはかなり緊張しています。

※その他、会場内にはさまざまな面白い人が集まっていますので、ここに名前のない方も会場にいる全ての人がスピーカーです。というか、そうなってもらえるようなワイワイとしたクロストークが生まれたらいいな、と思っています。


///SHOP///

ON READING (名古屋) ///本、ZINE、雑貨

国内外の本、ZINEをセレクト。店主の黒田さんは元バンドマンでベーシスト。ちなみにギャラリーも併設しているON READINGでは、ちょうどこの日は写真家・植本一子さん(ECDさんの奥さんとしても有名)の個展が開催中です! 246スタジオから徒歩2分なのでぜひ寄ってみて。http://www.onreading.jp/


EGYPT RECORDS(大阪)///CD、レコード、ZINE、てんしん君(ジョセフアルフポルカ)の即席似顔絵缶バッチ!

元々は出張出店&ウェブショップだったが、現在は東大阪の布施という昔ながらの商店街に店を構える。ライブレコーディングシリーズでの音源リリースも敢行中。それぞれバンド活動も続ける、ケンゾー君&N村さん、そして難波ベアーズでブッキングもする黒瀬さんたちによるチームでの運営。当日はケンゾー君がひとりでひょっこり現れます。http://egypt-rec.com/


d0059740_184506.jpg


EGYPT RECORDSをイメージして... 画:てんしんくん



NOT PILLAR BOOKS (京都)///本、ZINE


京都にて移動出店型のショップとウェブショップを運営。最近出町柳のアパートの一室にて、実店舗も週末のみ開店中。店主の桂さんの人柄もお話も大好きなんですが、なんだかんだでココでしか手に入らないレアなZINEをばっちり押さえてるハードコアなラインナップにハマる人はハマってほしい〜! 女子にも大人気のON READINGとはある種、対照的な男っぽさは、2人とも元々バンドマンで片や黒田さんはシティポップ感のある90's渋谷系的なベースマンであったのに対して、NOT PILLAR桂さんは超絶ハードコアドラマーっていうそこにはやっぱり音楽が流れてる感じがおもしろいです。http://notpillar.com/







最近は「iRaza Si!」という山本精一さんも参加したことで話題のZINEを企画/制作。


d0059740_18452791.jpg


きっと現物も持ってきてくれるはず!? 要チェックです!! http://razasi.tumblr.com/


migiwa disc (三重) ///CD、レコード
三重在住で、主に名古屋のイベントで出店(WEBSHOPもあり)。非流通音源、CD-R作品などをメインに取り扱っているので名古屋エリアではなかなか手に入らないものも多く扱っています。現在、社会の荒波に飲まれながらもSummer Of Fan、Jerryfish、THISIS(NOT)MAGAZINEのイベントなどのお手伝いもしたりしている好青年・岡君がやってます。http://migiwadisc.com/


野網農園 (岐阜)///新鮮な野菜
岐阜県揖斐高原にて毎年開催される秋フェス「OTONOTANI」の主催メンバー。今回はメンバーのひとりで、「夕食」というバンド(Maher Shalal Hash Bazの工藤冬里プロデュースによる作品をリリースしたり、Maher Shalal Hash Bazメンバーとして海外のフェスにも出演)でも活動しつつ、農業を営む野網さんが自慢のとれたて野菜を抱えて出店。以前にクアトロで行われた幣誌主催イベントでは拾った石を売っていたので、今回も石売りの可能性が無きにしもあらず!


Sundwich =蛯名+石垣+椙尾+溝田+松永+STOMACHACHE. ともえやん)///あなたのロゴマークをデザインします!

6人組のデザイナー集団。代表の蛯名くんとは、けっこう昔からの知り合いで、OTONOTANI会場でTHISIS(NOT)MAGAZINEを見てすごく褒めてくれた人(笑)。今回は、それぞれ個性豊かなデザイナー/クリエイターたちがデザインで大喜利?!するという企画で出店。僕もロゴつくってもらお〜っと思ってます。人気イラストレーターSTOMACHACHE. のともえちゃんも所属!



KAKUOUZAN LARDER ///珈琲 and more

今年、10月に閉店した「喫茶Jaaja」跡地に店を構える、ニューカフェ「KAKUOZAN LARDER」が出張出店!過去に、ソフテロALL OF THE WORLDBEAVERBOYSなどに在籍していた最高にイカした、ギタリスト・ニワさんが店主!絶対いいね!




CD!レコード!古着!私物大放出!フリマゾーン///


Joe (VVDBLK) 
VVDBLKというノイズソロユニットや、AGGPというレーベルの運営なども行う、ジョー君。近日来日予定のNO BABIESのジャパンツアーのサポートも務める。


Kim morrison

名古屋では珍しいクラブ、ライブハウス、フェス、いろんなところに現れる、そんな神出鬼没なイメージ...のDJ! kim morrisonさん。

http://kimmorrison1981.blogspot.jp/


SIKASIKA

3女1男の4人組パンクバンドSIKASIKA。鹿児島、京都、名古屋×2とメンバーが散り散りにながらも現在は活動再開に向け鋭意充電中!? 今回奇跡的に名古屋に集結し、246スタジオで練習&出店! ちあきちゃんのメタルTシャツ!? めめちゃんのお菓子!? スージーはレコード!? かずともくんは馬刺!? 何が並ぶかは当日までのお楽しみ!http://jp.myspace.com/4ka4ka



以上!



当日、これら全員の紹介を交えた、相関図的なTHISIS(NOT)MAGAZINE増刊号「特集:名古屋っておもしろいの!?」を製作中ですので、お楽しみに!



どうぞ皆様、宜しくお願いします



12月2日(日)は、東山公園駅3番出口直結のstudio246NAGOYAへGO!






というわけで僕は7月の浜松と同じくバンドT、レコードを中心に今回は機材も少し放出予定!
お楽しみに!!


人気ブログランキングへ
タグ:
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-11-26 19:22 | event
Betrayal
興味ある人には会った時に話してきたけれど、ようやく書いて残そうと思ったのでちら裏かもしれないですがよかったら読んでください。


今年3月、僕はガガキライズと一緒にアメリカへ行き、SXSWのあとカリフォルニアをツアーしました。当然楽器以外の機材は持っていなかったので誰かに借りる必要がありました。ライブがある時は出演するバンドに借りればよかったのですがガガキライズはラジオのセッションとレコード屋でのインストアもあり、その分が必要でした。しかし大して知ってる人間がLAにいるわけではないし、どうしたものかと。オースティンにいる間も誰かいないかと考えていたのですが、結局見つからず。とりあえずサンディゴへ。
そのサンディエゴでLAにはThe Mae Shiがいて、ベースのBillと友達だということを思い出し即メール。すぐに返事は来なかったので不安でしたがLAに到着した頃に連絡があり、Slow Clubに貸した形跡を残したドラムとアンプ二台を借りました。
他に当たっていた中にVivian Girlsで2008年から2010年まで叩いていて、その後Best Coastのドラマーとして活動していたAliです。元々LAでは彼女の家に泊めてもらう予定だったのですが、機材借りられるアテはないかと尋ねてみたんです。するとこんな返事が。
「残念なことに機材を貸してくれそうな唯一のアテがBest Coastだったんだけど、もう口聞きたくないのよね」
読んだ瞬間何が何やらわからず若干混乱しました。すぐにどういうこと?って返事をしました。「LAに来たら話すよ」と言われ、それまでお預けになったし、正直自分の英語力で理解できる話なのかどうかも心配でした。
LAに着いて一通り雑務をこなし落ち着いたところでAliに聞きました、ところでアレはどういうこと?と。以下会話を思い出しながらまとめたものです。

d0059740_032128.jpg


「知ってる通り私はVivian Girlsにいた時もBest Coastのサポートをしてたよね。それはBethanyやBobbと友達だからやっていたし、彼らから本格的に叩いて欲しいと言われて悩んだけれどVivian Girlsを抜け、ニュージャージーからLAに引っ越したの。それからは日本にも行ったり楽しかったわ。ツアーが一段落してしばらくしてマネージャーから電話があったのよ。"やぁ調子はどうだい? ところでそろそろ次のアルバムのレコーディングに入ろうかと思っててね"って言われたから"そうね。いつぐらいから?"って聞いたら、"いや、新しいドラマーを探しているんだよ。つまり、ね"って。私はもう用なしってこと。それまでにBethanyやBobbからは一度も連絡がなかったし、この後も一度もないわ。マネージャーからの電話一本でクビ。本当に信じられなかった、あのクソビッチ。友達だから、信用してたから友達もそんなにいないLAに引っ越してきたのに。ホント最低。」

と話したあと、「それとね」と面白い話をしてくれました。

「BethanyってTwitterやFacebookなんかでやたらとマリファナやってるって事を書いてるでしょ? でもね、彼女は一度もやった事ないのよ! 笑っちゃうでしょあのクソビッチ。みんなが知らないだけで実際はそうなの。Best Coastの為にキャラ作って売ってるのよ。最悪だわ。」
と。

正直なところ、そういう事はどんなバンドにも起きてるんだと思うし、仕方のない事だとは思うけど、これに関しては自分の友達が酷い目にあってて。だから許せなくて。友達だからこその関係だったのに、それをAliは信じていたのに。。せめてマネージャーからの電話の後で一度でも連絡をしていたらここまでにはならなかったんじゃないかなと。話終わってからしばらくは"Fucking bitch!"を連発してました。もう思い出したくもないみたいでしたね。



この時言ってた事も今では胡散臭すぎますね。。
人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-11-18 00:33 | Nothing to say
Metz - Metz LP (2012)
d0059740_2192684.jpg


2009年、僕がトロントを発たなければいけなくなってしまった年、地元のレコード屋Rotate Thisで何気なく手に取ってから三年以上経ったらものすごくいいバンドになってSub Popと契約してしまった。

今年は(というか基本的に贔屓目に見てしまうけれど)カナダのバンドのデビューやら新譜やらがとてもいい。先日書いたMoon KingNu SensaeWhite Lungもそう。もう大御所の域に達しているけれどMetricStarsもきちんと活動し続けている。
そんな街トロントに拠点を置き、地元のバンドのフックアップをメインとしているレーベル/ブッキングエージェントWe Are Busy Bodiesから三枚の7インチをリリース。そのうち一枚が僕が手に取ったSoft Whiteout/Lump Sums。その時にはここまでなるなんて思うわけもなかったけれど音自体は好みのバリバリした感触。以降、海外のメディアでそこまで取り上げられる事はなかったし、当然ながら日本のメディアは皆無。。。だけど今年に入って急にきましたね。

というのも上に書いたSub Popとの契約がきっかけ。何しろ見かける情報と言えばカナダのフリーペーパーのウェブと2011年に出演していたのでSXSW関連ぐらい。僕の収集能力の低さを棚に上げても本当に見かけなかったバンドがいきなりSub Popと契約となればそりゃ一大事件ですよね。それ以降はいろんなメディアに取り上げてもらって絶賛されまくってます。音そのものだけだったらみんながみんな諸手を挙げて大絶賛するようなバンドじゃないんですけどね。。



Jesus Lizardに代表されるTouch & Goっぽい音ってのはわかるんだけど、その中にどこかゴスよりのポストパンクっぽい雰囲気も感じられたりでバンドとして進化しているのがすごくわかる。というかやっぱりトロントっぽさがある。どこがと言われても説明はできないのだけど。。

しかしこのレコードが出た事で90sリバイバル、もしくはグランジのリバイバルがすぐそこまで来ている事を確信せざるを得ないのでは?


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-11-08 21:49 | all music i love
Moon King - Obsession I 12" (2012)
d0059740_2055774.jpg


トロントをベースに活動するDaniel BenjaminMaddy WildeによるドリームポップデュオMoon Kingの12インチは同じくトロントで活動を続けているFucked Upのメンバーが運営するレーベルOne Big Silenceから。
特に目新しい何かがあるわけではなく、M83辺りのエレクトロニカ+シューゲイザーな感じをさらにポップにしたような。
似ているとかそういうのではないけれど、Metricのような雰囲気を感じられ、個人的にはトロントっぽさが溢れていてとても好きです。



One Big Silence Web



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-11-01 20:30 | all music i love