<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Puffyshoes - Spaceshit
d0059740_07143973.jpg

つい一時間前には買えるようになっていたのをソールドアウトに切り替えられちゃうぐらいには嫌われているんだってのはわかったんですが、これのことも書いておきます。
こちらも買えなくなっています。

2012年のクリスマスにリリースされたPuffyshoesのジン。
内容はいろいろな写真や絵のコラージュと17曲をダウンロードできるリンクが封入。
実に彼女たちらしい内容でとても面白いです。
Led ZeppelinやBlack SabbathのカバーもPuffyshoesじゃなかったらこうはならなかっただろうというほどの個性が溢れ出ています。
カセットにも収録されている曲も入っています。


トレイラーで流れているこの曲が一曲目なんですが、彼女たちにとって新しい感じの曲だけどそれでもやっぱりPuffyshoesで、すごく興奮して何度も聴いたのを今もよく覚えています。



Puffyshoes - Spaceshit


[PR]
by soundfreak1978 | 2014-04-30 07:33 | all music i love
Puffyshoes - Puffyshoes Cassette
d0059740_20225220.jpg
d0059740_20231302.jpg

今さらだけどこれも書いておかないと自分の中でのけじめがつけられそうにないのと、諸々の反省の意味をこめて書こうかと思います。

去年の1月、アメリカはオークランドのバンドNo Babiesとのツアーの折り返し地点だった渋谷でのオールナイトイベントの日、昼過ぎからPuffyshoesのドラムとギターの録音をしました。
これはその前の年の秋ぐらいから話し合って決めたことで、僕としても初めての経験だったし、彼女たちも他の人間が関わるのが初めてで不安がいっぱいの中敢行されました。
夜10時のイベントオープン直前まで録音が続き、ライブが終わったのは朝で疲労感よりもなにか達成感のようなものが勝っていたのを覚えています。
その録音した音源にボーカルをのせ、ミックス作業をし、僕自身も一曲ギターとコーラスで参加し完成したのが8月。
その時点では9月にリリースツアーも決まっていて、一応年内で解散との予定で進めていたのだけどとある事件があってツアーが初日の東京小岩でのライブのみで他はキャンセルに。
そのまま解散という流れになってしまった。
これに多少なり僕が絡んでいるので期待していた人たち、関わってくれた人たちには本当に申し訳ないことをしたと思っています。
それからプライベートなことでいざこざがあり、もうこのバンドとは関わることはないんだって思っていたこともあってなにも書く気にもならずここまできました。
だけどやっぱり自分が好きになったバンドで、そのバンドと一緒にやったことなので残しておきたいなと思ったんです。



これはちょうど去年のゴールデンウィークに高円寺でのライブの模様。
アルバムに収録されてる曲もたくさんやっています。

このアルバムはピンクとブラウンの2色のカセットを使った2本組仕様。
ピンクはPuffyshoes自身で録音し、ミックスしたそれまでと同じ手法で作られたもの。
ブラウンの方は僕 (一部はバンド) が録音とミックスをしたもの。
ピンクには一曲ボーナストラックが入っています。

どちらも同じ曲をやっているのに第三者が関わることで違うんだなってのがよくわかります。
僕がやったのがいいとかそういうことではなく、客観的に見られる人間がやったという話です。
僕はI'm In Love Againという曲でギターとコーラスをしました。
個人的には納得いかない部分もあるにはあるんですが、よかったんじゃないかと思います。


で、こんなことを今になって僕がやって彼女たちはいい気はしないと思うんですが、本当にいいアルバムなので少しでも多くの人に聴いてもらいたいのと自分がしたことへの反省と謝罪の意味もこめてカセットを買えるリンクを載せておきます。
もうバンドのウェブはストアのページに飛べなくなっているのでBigcartel直です。
Puffyshoes - Puffyshoes Cassette

ソールドアウトにされてしまったようです。
すいませんでした。
d0059740_20503775.jpg


[PR]
by soundfreak1978 | 2014-04-29 23:00 | all music i love
Vivian Girls Live At Death By Audio

なんとなく目を逸らしてきてたけど、やっぱりちゃんと観ておかないといけないなと。
と思って検索したらDeath By Audioでのライブがあったのでいろいろ思い出しながら観ています。

何度も書いてることだけど、どうしたって思い出すし、あの時トロントで会ってなければいろいろと違っていたのは間違いないなと。

僕がVivian Girlsを知ったのは2008年の初夏。
ワーキングホリデーでトロントへ行って2ヵ月ほどが経って、何か面白いことはないかと当時はまだ好調だったMySpaceや地元のフリーペーパーを見ていた時にVivian Girlsを発見。
結果的にトロントで一番好きな場所になったSneaky Dee'sでライブがあるということでチェック。
たしかその週はCSSとHair Policeも観に行ったような記憶があるけれど、全部合わせても4500円ぐらいというお得感は向こうならでは。

その頃はIn The Redからの再発が出る前。
Crystal StiltsとのUS/カナダツアーの最中。
インタビューでも答えてくれていたようにアメリカのブロガーの間でバズっていて、それはやはり彼女らがどんどん多くの注目を集めているという証拠でもあったし、だからこそライブはどんなもんかと楽しみにしていたんです。
ライブは当然いい内容で、終わってからKatyに声をかけ、7インチを2枚とTシャツを2枚買い、その一ヵ月後にニューヨークへ行くからそこでまた会えるといいねって話したのかな、たしか。

それからのことは先日のインタビューの中で書いた通り、割と高い頻度で会うことになって、日本で一緒にやることになったり、とか。
2012年のカリフォルニアツアーの時、LAでAliの家に泊めてもらったり。
本当にいい想い出ばかり。


Walking Alone At Night
I Have No Fun
Wild Eyes
I Heard You Say
The End
Death
Lake House
Sixteen Ways
I Believe In Nothing
Never See Me Again
When I'm Gone
Before I Start To Cry
Out For The Sun
Tell The World
All The TIme
No
Telepathic Love

[PR]
by soundfreak1978 | 2014-04-01 23:47 | all music i love