タグ:名古屋 ( 49 ) タグの人気記事
AGGP + Live & Lounge Present "Purely Evil #08 x Vionic #002"
d0059740_23205621.jpg

AGGP + Live & Lounge Vio present
Purely Evil #08 x Vionic #002

Live
OOIOO


昨年11月にリリースされたGamelを引っさげてのツアーも記憶に新しいOOIOOが
再び名古屋へやってきます! そのGamelがアメリカのレーベルThrill Jockeyからこの7月に
リリースされ、それに合わせてアメリカ・カナダツアーを敢行。ガムランを加えた
バンドのアンサンブルはツアーを経て、さらに強力になっているはず。
今回も前回と同様、1時間を超えるロングセットを予定。

そのThrill JockeyからはCDとLPでリリースされます。日本盤とはジャケットのデザイン
が異なるだけでなく、LPは2枚組ゲートフォールドの豪華仕様。

http://ooioo.jp/

Half Sports


米ローファイ〜チルウェイブムーヴメントに呼応するかのような浮遊サウンドと
70'sパンクからニューウェーヴ、オルタナティヴ、ギターポップと
まるでジャンルという糸をメロディで紡いでいくように導き出した
10年代型パワーポップサウンドという答え。パンクやハードコア、ガレージなどとも共感し
絶妙なバランス感覚でHalf Sportsはシーンに現れた。リリースされたばかりの
セカンドアルバムMild Elevationも高い評価を得ている。

http://drriill.boy.jp/

Joseph Alf Polka


へなへなよたったようなねじれたような美声のような外れたような、てんしんくんの独特の声と
ソングライティング、そしてバンドが作り上げる小宇宙のような
曲と演奏が絶妙なバランスでバンド・サウンドとしてポップに昇華されている。
どこか遠い国? だれも知らない星? の未知の音楽のようでありつつ、
海外のインディ・バンドにこんなバンドいたような...だけどこれは紛れもない
日本のロック・ミュージック。
不思議です。

http://josephalfpolka.tumblr.com/

Kaseo


1969年生まれ。岐阜在住。規制の電子玩具などをハードウェアレベルでハッキングし、
改造の限りを尽くすことで独自の楽器を新たに産み出す「サーキットベンディング」の手法を
用いた表現で構成されるライブパフォーマンスを展開。
代表作にピカルミンなど。自身の菊花鵜Pump Up The Gain!!!では
毎回興味深いアーティストをブッキング。

http://pikaseo.tumblr.com/

VVDBLK


2010年メンバーの引っ越しに伴い活動が困難になったため
Vivid BlackからVVDBLKへ名義を変え、一人でノイズらしき音を出すことを
始めるとともに、いろいろな人たちと一緒に演奏も。2012年には
盟友ガガキライズとともにアメリカはカリフォルニアツアーを敢行。
翌年にはアメリカのバンドNo Babies、Murder Murderとの
日本ツアーやOOIOOとの共演で中途半端に注目を浴びることに。

http://vividblack.bandcamp.com

ATTAME (ATM)
d0059740_13573656.jpg
1982年広島生まれ。三重在住。
2011年、三重四日市にてレコードショップ "AgriTribeMusic"をオープン。
2013年、同市内高角町の田んぼの端に移転。

栄KalakutaDiscoにて毎週水曜日 "HAPPY CHILDREN"を3年間主宰中。
SUBWAY-Barにて題名の無い音楽会”untitled.”主宰。
艶黒ミュージックを軸に、夜な夜な様々な角度でレコードを捌きまくってます。

ko-saburo (T)
d0059740_13583155.jpg

庭師。DJ。イベント等でのインスタレーション、空間装飾、DJ 共に
2009年より活動スタート。自身のライフスタイル、生業、音楽人生を
表現手法とする活動はジャンルの枠を必要とせず、
その場所、空気、ヒト、モノ、コトの表情を相手に自身の答えをMixさせ、
全てを繋ぐ六感フリースタイルをなんちゃらかんちゃらする人。


8月24日(日)
Open 5:30 pm
Start 6 pm

Live & Lounge Vio
〒460-0007
名古屋市中区新栄2丁目1-9 FLEXビル B2
052-737-7739
d0059740_14110679.jpg

前売りチケットはAGHOSTLYGHOSTPRODUCTIONS AT GMAIL DOT COM
会場であるVio VIO AT CLUB-MAGO DOT CO DOT JPにタイトル「8/24 予約」と入力し、
お名前と人数を書いてメールをしていただくか、
各出演者にご連絡をいただくようお願いします。
ぴあ、プレイガイド等での取扱はありません。







[PR]
by soundfreak1978 | 2014-08-24 17:30 | event
Pump Up The Gain!!! Vol.4
d0059740_22040279.jpg
3月31日に覚王山のカフェダイナーKAKUOZAN LARDERでアメリカ人の友人でレーベルをやっているMattと一緒に演奏させてもらってからはしばらくライブがありませんでした。
が、歌がある普通の曲を作ったり、もう一つのバンドでスタジオに入ったり、遊んだりしていました。
さて、一ヵ月後にライブがあります。
今年3回目のONOBLKです。
というかこの名前を冠してからも3回目ですね。
ピカルミンの生みの親Kaseoさんにまたまた誘っていただきました。
いつもいつも素敵なメンツに囲まれて本当に感謝しています!

Kaseo Presents
PUMP UP THE GAIN!!! VOL.4

PUNSUCA (TOKYO)


関東を中心に活動をしているデュオ(と呼んでいいのでしょうか?)PUNSUCAさん初の名古屋!
去年のNo Babiesとのツアーの時に大阪に寄ったんですが、そこで初めてPUNSUCAさんの演奏を見ました。
それはもう衝撃以外の言葉では表現し得ないライブ。
そこで少しお話させてもらった時に、なかなか関東以外でやるのは難しいし、名古屋も行ってみたいけど難しいかな、と言われていたので今回PUNSUCAさんの初名古屋ライブに参加させてもらえることを本当に嬉しく思っています!

DGTP (NAGOYA)


名前だけは前から知っているけど一度も見た事がないので純粋に楽しみにしております!

ONOBLK


この順番で書かれていたのでここで僕らが登場です。
3月にRippleでやった時の映像、というか音です。
こんな感じ、もしくは全く違うものかもしれません。
よろしくお願いします。

Kaseo²

何やら影分身を使って二人になるとのことで、全くどうなるのかわからないので一人でやっている映像を貼付けておきます!


6/29 日曜日
spazio rita
Open 7 pm
Start 7:30 pm
¥2,000
d0059740_22351044.png
場所はここです。
名古屋市中区栄5-26-39

よろしくお願いします。


[PR]
by soundfreak1978 | 2014-05-27 22:37 | live
Purely Evil #07 N'toko "Mind Business" Release Tour
d0059740_13554796.jpg

AGGP Presents Purely Evil #07
N'toko "Mind Business" Release Tour

Live: N'toko
ロック墓場
ONOBLK

DJs: Ian (Call And Response Records)
Halsion (Boredom)
Substance (Boredom)

At Bar Ripple
Open: 9
¥2000 (1ドリンク込)

N'toko


ロック墓場

ONOBLK = Hiroki ONO + VVDBLK




去年11月のOOIOO、Moan、そしてサンフランシスコの友人Murder Murderを迎えての第6回に続く第7回は、またしても海外からのお客様を迎えての開催となります。
弱小イベントなのにいつも素敵なミュージシャンに出演してもらえてとても嬉しく思います。

今回はスロベニアからN'tokoが来ます。
前回はK.D Japonでライブをしたのですが、僕と一緒にやっている小野浩輝氏のZonzonoとそこで共演していて、しかもその時録音された物がN'tokoの新しいアルバムMind Businessで使われているというなんとも縁を感じずにはいられないシチュエーション。
そのN'tokoをリリースしている東京在住イギリス人 (最近永住権をゲットしたとか)IanもDJとして一緒に来ます。
何やら名古屋の人たちともっと親交を深めたいとのことなので、興味のある方は是非遊びに来てください。

地元名古屋からはRippleで毎月開催のBoredomのお二人Halsion氏とSubstance氏がDJで参加。
バンドは、去年の夏一緒に演奏させていただいた小池氏のロック墓場と、今年はこれでの活動をがんばろうという僕と小野氏のONOBLKでやります。
あとフライヤーには載せてませんが、僕も久しぶりに少しDJしようと思っています。




[PR]
by soundfreak1978 | 2014-03-15 21:00 | live
[いよいよ来週] OOIOO & Moan Release Tour + Murder Murder Japan Tour In Nagoya
いよいよ来週末になりました。
OOIOOとMoanのリリースツアー名古屋編とMurder Murderの日本ツアー名古屋編。
いろいろと不安なところはありますが、是非遊びに来てください!

d0059740_11561721.jpg



AGGP Presents
Purely Evil #06
"OOIOO & Moan Record Release Party + ???"

November 23, 2013
At Live & Lounge Vio
Open 8 pm



OOIOO

Moan [増子真二 (DMBQ/Boredoms)+マキ (Water Fai)]

Murder Murder From San Francisco

Gagakirise

VVDBLK + 小野浩輝 + 村上ゴンゾ


OOIOO
YOSHIMI (BOREDOMS) を中心に、1995年より活動。以来、ひとつの種族のごとく土着し、完全に独自の進化を続けてきたOOIOOは、2012年より新たな古の魂=ガムランを呑み込んで、伝統と未来をワンステップで行き来するスーパー・トライブへと変異。
距離も時間も光も影も、空気も色も地球も宇宙も。
全部を縦横無尽に織り込んで、強烈な色彩感を伴った音のタペストリーを織り上げる。
どこにもない民族OOIOO音楽の嗅いだ事のあるにおいは、聴くひとのイメージの力をもって、耳に映されて流れだす。
http://ooioo.jp/

Moan
日本を代表するサイケデリック・ロックバンドDMBQのギター/ヴォーカルとして、 またBOREDOMSではギタリストとしてのみならず、特殊多弦楽器セブンナーの製作/オペレート、トラック制作、システム構築の他、総勢16名からなるギター・オーケストレーション・ユニット、The Floating Guitar Borchestraの編曲、総指揮等も担当する増子真二と大阪を拠点に海外での活動も盛んなWater Faiでベースを弾き、The Floating Guitar Borchestraへの参加もあるマキによるサイケデリックデュオ。

Murder Murder from San Francisco
1960年代のサマーオブラブの中心地、サンフランシスコを拠点に活動を続けるPaul Costurosが指揮を取る形で流動的にメンバーを入れ替えながら10年以上演奏を続けてきたフリージャズ~ノイズ~アヴァンギャルドなインプロヴィゼーション集団。
Paulは2008年、Death Sentence: PANDA!のクラリネット+ノイズ担当として来日。
日本ではほぼ無名だったにも関わらず約20本ものライブを敢行。
それ以前にはサンフランシスコのお隣、オークランドを含むベイエリアの様々なバンド (Xbxrx, Burmese, Total Shutdown, Cops, Man Slaughter)にも参加。
今回はBurmeseのドラマーであるMark Small (Burmese, ex Experimental Dental School)と現在Copsで共に活動しているMatt Sharpiro (Fuckface, Cops, Three Weeks Clean)の二人を引き連れてのトリオ形態での来日。
当日は弦楽器でなければ誰でも参加可能なので是非!

Gagakirise
2009年、東京に彗星のように現れた狂気の2人組!
ギターとドラム二人なのにとにかく爆音。
バカみたいに高度なプレイを放出し続けるデュオGagakirise。
名古屋クアトロでの負傷が長引き、活動休止せざるを得なくなったことも記憶に新しい彼らはMoanの増子氏との親交があったり、ドラムのイノウエは2013年7月には7×13ボアドラムにも参加。

VVDBLK + 小野浩輝 + 村上ゴンゾ
この10年ぐらいの名古屋のシーンにおいて、知らない人はいないと思われる村上ゴンゾと、これまた名古屋のインプロ~エクスペリメンタルシーンを牽引している重要人物小野浩輝を迎え、右も左もわからないままなんとなくここまで来てしまった感満載のVVDBLKによる初のコラボレーション。
誰一人としてどんな音をやるのかわかっていないことが最大の魅力。


【TICKET INFO】
AGHOSTLYGHOSTPRODUCTIONS AT GMAIL DOT COM
VIO AT CLUB-MAGO DOT CO DOT JP



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2013-11-17 11:56 | event
OOIOO & Moan Release Tour + Murder Murder Japan Tour In Nagoya
d0059740_1114173.jpg


今日の夜には現物届く予定のフライヤーはこんな感じです!
THISIS(NOT)MAGAZINEのたけべくんにデザインしてもらいました。
とてもいい感じに作ってもらえて嬉しいです!

AGGP Presents
Purely Evil #06
"OOIOO & Moan Record Release Party + ???"

November 23, 2013
At Live & Lounge Vio
Open 8 pm



OOIOO

Moan [増子真二 (DMBQ/Boredoms)+マキ (Water Fai)]

Murder Murder From San Francisco

Gagakirise

VVDBLK + 小野浩輝 + 村上ゴンゾ


OOIOO
YOSHIMI (BOREDOMS) を中心に、1995年より活動。以来、ひとつの種族のごとく土着し、完全に独自の進化を続けてきたOOIOOは、2012年より新たな古の魂=ガムランを呑み込んで、伝統と未来をワンステップで行き来するスーパー・トライブへと変異。
距離も時間も光も影も、空気も色も地球も宇宙も。
全部を縦横無尽に織り込んで、強烈な色彩感を伴った音のタペストリーを織り上げる。
どこにもない民族OOIOO音楽の嗅いだ事のあるにおいは、聴くひとのイメージの力をもって、耳に映されて流れだす。
http://ooioo.jp/

Moan
日本を代表するサイケデリック・ロックバンドDMBQのギター/ヴォーカルとして、 またBOREDOMSではギタリストとしてのみならず、特殊多弦楽器セブンナーの製作/オペレート、トラック制作、システム構築の他、総勢16名からなるギター・オーケストレーション・ユニット、The Floating Guitar Borchestraの編曲、総指揮等も担当する増子真二と大阪を拠点に海外での活動も盛んなWater Faiでベースを弾き、The Floating Guitar Borchestraへの参加もあるマキによるサイケデリックデュオ。

Murder Murder from San Francisco
1960年代のサマーオブラブの中心地、サンフランシスコを拠点に活動を続けるPaul Costurosが指揮を取る形で流動的にメンバーを入れ替えながら10年以上演奏を続けてきたフリージャズ~ノイズ~アヴァンギャルドなインプロヴィゼーション集団。
Paulは2008年、Death Sentence: PANDA!のクラリネット+ノイズ担当として来日。
日本ではほぼ無名だったにも関わらず約20本ものライブを敢行。
それ以前にはサンフランシスコのお隣、オークランドを含むベイエリアの様々なバンド (Xbxrx, Burmese, Total Shutdown, Cops, Man Slaughter)にも参加。
今回はBurmeseのドラマーであるMark Small (Burmese, ex Experimental Dental School)と現在Copsで共に活動しているMatt Sharpiro (Fuckface, Cops, Three Weeks Clean)の二人を引き連れてのトリオ形態での来日。
当日は弦楽器でなければ誰でも参加可能なので是非!

Gagakirise
2009年、東京に彗星のように現れた狂気の2人組!
ギターとドラム二人なのにとにかく爆音。
バカみたいに高度なプレイを放出し続けるデュオGagakirise。
名古屋クアトロでの負傷が長引き、活動休止せざるを得なくなったことも記憶に新しい彼らはMoanの増子氏との親交があったり、ドラムのイノウエは2013年7月には7×13ボアドラムにも参加。

VVDBLK + 小野浩輝 + 村上ゴンゾ
この10年ぐらいの名古屋のシーンにおいて、知らない人はいないと思われる元Labcryの村上ゴンゾと、これまた名古屋のインプロ~エクスペリメンタルシーンを牽引している重要人物小野浩輝を迎え、右も左もわからないままなんとなくここまで来てしまった感満載のVVDBLKによる初のコラボレーション。
誰一人としてどんな音をやるのかわかっていないことが最大の魅力。


【TICKET INFO】
AGHOSTLYGHOSTPRODUCTIONS AT GMAIL DOT COM
VIO AT CLUB-MAGO DOT CO DOT JP




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2013-10-20 11:35 | event
AGGP Presents Purely Evil #06
d0059740_9524612.jpg


来週末のPurely Evil #05の直前ですが、#06が決まったので報告します!
まだ追加で情報があるので、それは発表できるようになり次第書きますのでチェックしてください!

AGGP Presents
Purely Evil #06
"OOIOO & Moan Record Release Party + ???"

November 23, 2013
At Live & Lounge Vio
Open 8 pm




OOIOO

Moan [増子真二 (
DMBQ/Boredoms)+マキ (Water Fai)]

??? From San Francisco

Gagakirise

VVDBLK + 小野浩輝 + 村上ゴンゾ



予約¥3000 / 当日¥3500 (それぞれ別途ドリンク代として500円いただきますことご了承願います)

今のところ予約は僕のところか会場のVioでお願いします。
AGHOSTLYGHOSTPRODUCTIONS AT GMAIL DOT COM

OOIOO
YOSHIMI (BOREDOMS) を中心に、1995年より活動。
以来、ひとつの種族のごとく土着し、完全に独自の進化を続けてきたOOIOOは、
2012年より新たな古の魂=ガムランを呑み込んで、
伝統と未来をワンステップで行き来するスーパー・トライブへと変異。
距離も時間も光も影も、空気も色も地球も宇宙も。
全部を縦横無尽に織り込んで、強烈な色彩感を伴った音のタペストリーを織り上げる。
どこにもない民族OOIOO音楽の嗅いだ事のあるにおいは、
聴くひとのイメージの力をもって、耳に映されて流れだす。
(オフィシャルより)

Moan
DMBQで日本に海外にとシーンを牽引する傍ら、Boredomsや関連ユニットでの活動も素晴らしい増子氏と、大阪を拠点に海外ツアーの経験もあるWater Faiのベーシストマキ氏のサイケデリックでどこか東洋なニオイを感じさせるデュオ。
いろんな音が飛び出してきてとても心地よいです。

Gagakirise
僕の大好きなお友達。去年は一緒にカリフォルニアをツアーしたり、その辺でお茶したり。
共演は去年のツアー以来かな。相変わらず幅広く、忙しく活動中の彼らはこれからまた躍進する(はず)!!

VVDBLK + 小野浩輝 + 村上ゴンゾ
名古屋を中心に様々な形態で、独自の音を作り上げてる素晴らしい先輩二人にお願いをし、今回一緒にやらせてもらうこととなりました。
未知数過ぎて今は何も言えませんが、他の出演者に負けないような素敵な演奏ができると思います。


もう一つは僕の友人で、サンフランシスコを拠点にいろいろなバンドで活動し、そのどれもがシーンにおいては重要な存在になっていた彼が率いるユニットです。
今回はメンバーに、僕が愛して止まないあの激アホグラインドのドラムも参加ということ。
ちなみに彼らもツアーします。そちらもここでアナウンスしますのでよろしくお願いします。



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2013-09-22 11:04 | all music i love
Purely Evil #05
d0059740_2012074.jpg


AGGP Presents
Purely Evil #05
Puffyshoes Release Tour In Nagoya

Puffyshoes
Old Lacy Bed
School Refusal
VVDBLK

Open at 7 pm


というわけで一ヵ月後に半年ちょいぶりの企画です。
前回はアメリカはオークランドのNo Babiesとのツアーの途中でしたが、今回はこれが最後のツアーになるPuffyshoesの名古屋での最後のライブになります。
先日渋谷でのライブで先行で販売された彼女らの新作カセットは、最新作であると同時に最後の作品に。
今回録音とミックスをさせてもらったり、知り合ってからこれまでの集大成のような時間を過ごしてきました。
それが今回で終わってしまうので若干さみしいですが、そればっかりではないので楽しんでもらえるようにいいイベントにしたいと思います。

名古屋からは先日UKのDufflecoatから7インチをリリースしたOld Lacy Bedと期待のヤングSchool Refusalが出ます。
Old Lacy Bedは神戸でも出てもらうので関西方面の方は併せてチェックを〜。

ツアー、と言ってもぶっ続けでやるわけではないのですが、来週の土曜日の小岩BUSHBASHから始まり、14日に神戸で、28日がこれ、翌日29日の浜松で最後となります。
お時間都合つく方には是非観に来てもらいたいです。
どんなバンドでもそうですが、いつまでも続くモノではありません。
自分も観なくて後悔しているバンドがいっぱいあります。
後悔しないためにも観に来てもらえたらと!


問い合わせ等はAGHOSTLYGHOSTPRODUCTIONS AT GMAIL DOT COMまでお願いします。




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2013-08-29 20:24 | live
Live At spazio rita
この前の日曜のライブの様子を、開始5分後ぐらいからですが彼女さんが録音していてくれたので少しだけいじってアップしました。
よかったら聴いてみてください。

VVDBLK - Live At spazio rita On June 16, 2013

d0059740_1615429.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2013-06-19 16:15 | merch
Place Is The Space!
久しぶり過ぎてどうやっていじるのかすら忘れてしまってますが、先月一回ライブがありました。
その時の様子はこんな感じ。



それで今週末、もう一つライブがありますのでそちらのお知らせでも。

d0059740_23192668.jpg


こちらは以前に何度か対バンしているTロリンズ改めバーバパングリンのしんくんの企画。
何やら映像と絡めてのイベントにするらしく、僕のライブにもヤバいのを投影してくれるそうな。
1月のライブペインティングの時と同じ様に未体験なのでどうなるかわからないところも含めて楽しみ。
以下詳細。

名古屋に暗躍する痙攣サウンドパフォーマー"picotek"としても知られる津谷氏による短編映像作品と、東京でノイズパフォーマーや画家としてマルチに活動するあや野嬢の短編映像作品を上映します。


演奏はヒューマニズム溢れるエレクトロパフォーマーとして知られる小野氏のソロ。じっくり体にしみ込む轟音ノイズVVDBLK。そして、綱渡りのような緊張感が魅力のへっぽこトリオバンド、バーバパングリン。白痴座はアクセサリー作家としても知られるeerie-eeryによる奇妙奇天烈な演劇集団。

【会場】 spazio-rita http://spazio-rita.com/

【映像上映】
■あや野
( from ぐしゃ人間、てンぬイ☆、ハーシュノイズ子、etc)
*注意:本人はお越しになりません。上映のみとなります。くれぐれもご注意お願いします。
http://ayanojiru.web.fc2.com/index.html

■津谷昌弘
( a.k.a picotek)
『Between Regularity and Irregularity 』
(2013ベルリン国際映画祭短編コンペティション部門正式招待作品)
http://picotek.net/home.html

【 演奏・出演 】
小野浩輝(HIRU・ZONZONO) http://sea.ap.teacup.com/sitsu-reco
VVDBLK http://vividblack.bandcamp.com/
バーバパングリン http://barbapangrin.wordpress.com/
白痴座x劇団夢犬(eerie-eery)

【 演出 】kumakenshiro http://www.kumakenshiro.com/
YUM (@dead bambi) http://www.yumyummediaworks.com/



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2013-06-10 23:29 | live
Boredrums In Nagoya
d0059740_21304139.jpg


いつもいつも面白い事を探しては見つけ、それをまた誰も予想もしなかった場所・組み合わせでみんなに披露しているTHISIS(NOT)MAGAZINEの次の一手がこれ。

最後の最後で出させてもらう事が決まってホントに嬉しい。とにかく楽しいに決まってるこのイベントは今週日曜の昼過ぎから。何が起きるのかわからないけれど来て絶対に損はないと思うので是非。

THISIS(NOT)MAGAZINE × unlike.
Presents…

“BOREDRUMS” in NAGOYA
THISIS(NOT)BOREDOM


会場: @新栄リフレクトスタジオ ※5F貸し切り (愛知県名古屋市中区新栄1-32-31 E-レクトビル)

開催時間: 13:00-19:00

出演:
◎BOREDRUMS
Hisham Akira Bharoocha (Soft Circle, Boredoms, Pixeltan, ex.Black Dice, Lightning Bolt)
×
Butchy Fuego (Pit Er Pat, Boredoms, M.I.A.)
×
Jeremy Hyman (Ponytail, Boredoms)
◎SPECIALSESSION:栗原ペダル (neco眠る/NEWMANUKE) × YPY (bonanzas) × Hisham Akira Bharoocha
◎SAN GABIRIEL (Butchy Fuego Soloset)
◎SIKASIKA
◎THEACTWEACT
◎waterfai
◎bonanzas (from TalkingDeadGoats'45/SUSPIRIA )
◎村上ゴンゾ (a.k.a. DJ CONNYAKU)
◎FINAL TEAM (ex. BEAVER BOYS)
◎AUDIO BOXING (from SU:)
◎DJ WHATMAN(oddeyes)
◎DJ ももいろパンツ
◎VVDBLK
…AND MORE!?

出店:
・CAWA cafe・村上ゴンゾ …and more!!!

チケット:
前売2300yen (+1D500yen)
当日2800yen (+1D500yen)※当日券の発売は未定です
★チケット予約メール → unlike.402@gmail.com
※人数、お名前、連絡先をメールでお伝えください。
★もしくは、「ステッカー型オリジナルチケット」をお買い求め下さい。

チケット販売協力店:
○セレクトショップ unlike. (名古屋市中区栄3-31-25サンテアビタシオン402 Tel: 052-262-6699)
○レコードショップ File-Under (名古屋市中区大須3-8-14 立松ビル402 Tel: 052-242-6810)
○レコードショップ stiffslack (名古屋市中区栄4-5-22 はとビル4F-3 Tel: 052-252-0874)
○カフェ CAWA cafe (春日井市如意申町7-12-5 Tel: 0568-32-1331)

http://www.thisisnotmagazine.com/
tkbcdef@gmail.com




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-05-21 21:48 | live