タグ:名古屋 ( 49 ) タグの人気記事
Sika Sika Live on December 18, 2011


先月とある場所の屋上(というかテラス)でライブをするはずだったJuiceboxxx二回目の来日、名古屋公演。結果はこんな感じでした。

屋上ライブと言えば2009年にVivian Girlsが初めての来日をした時、僕らは廃墟ビルの地下でライブをやりました。当初はそのビルの屋上でやる予定だったのですが、管理者から許可が得られず実現できませんでした。それで今回念願叶って、少しですが外でやれました。周りを見るとアパートやらマンションやらばかりで、結構笑える状況でした。今度は本当にきちんと屋上でやれるようになるといいな。

Sika Sika



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-01-07 00:40 | live
Anus30H
明日というかもう日付変わったから今日11月4日は広島で行われる30時間ぶっ通しイベントにSIKA SIKAが出るので一緒に行ってきます。
東京からde!nailも来るので楽しみです。

Anus30H

しかし何より楽しみなのは人生初広島という事。単純にそれが楽しみ。


先週末は久しぶりに出歩いてました。土曜と日曜はどちらもライブを観に。
土曜はFree City Noise、日曜はガガキライズでした。
編集して、アップロードも完了したのでFree City Noiseは載せておきますが、ガガキライズは広島から帰ってきてからになります。




ちょっと行けそうにないんですが、彼らFree City Noiseは11月5日土曜日、浜松でライブがあります。近くに住んでる方で興味が湧いた方は是非観に行ってください。

Emergency Room






人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-11-04 01:10 | event
Sika Sika


もしかしたらあんまり彼らのことって書いてなかったのかもしれないけど、僕の大切な友人たちであり大好きなバンドSika Sikaの去年のComanechiとやった時以来のK.D Japon
新曲をやり始めてからは観てなかったので楽しみにしてたのだけど、期待を裏切らずいつも通りだった。
名古屋でやるのも久しぶりということもあってか客もやたらと盛り上がってた。
三年前の発言からは考えられないような発言もあったりで、改めて名古屋にはこのバンドが必要なんだって思わされました。




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-09-06 13:59 | all music i love
Vivian Girls & Black Lips tonight
d0059740_12524582.jpg


いよいよ今夜、Vivian Girlsの二回目の名古屋。今回はBlack Lipsとのスプリットツアーだし、平日なのですが盛り上がる事間違い無しでしょう。東京はお客さんもたくさん入っていたようですし。
あれから二年も経つなんて信じたくない程まだ記憶に鮮明に残っている2009年の初来日名古屋公演。もうあのビルはなくなって、駐車場になっちゃったけれど、あの場にいたみんなの記憶は変わっていないと思います。
ドラムがFionaになってからは初めてなので仲良くなれるといいなと。Coastingも好きなバンドなので。



d0059740_1257489.jpg


前回は珍事件も発生し楽しかったBlack Lipsは、実は特にすごい好きとかではないのだけど、ライブは無茶苦茶だから好き。東京ではまたトイレットペーパーが舞ったそうですね。後片付け大変だけどがんばってください。




では今夜会いましょう。




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-07-04 13:00 | live
The Act We Act - いってきます (2011)
d0059740_10303288.jpg


ついに出た。名古屋から発信され全国に広がり続ける現在も進化/深化が止まる事と知らないフリージャズハードコアオーケストラThe Act We Actのここまでの活動を総括した最高のファーストアルバム「いってきます」。

僕が彼らを初めて観たのはそんなに昔ではなくて、5年ぐらい前のとある来日バンドのオープナーとして出演していた時。ずっと噂だけは聞いていて、過剰と言える程期待をしていたのだけど、その過剰さえも上回る衝撃。「日本人で、しかもこの地元名古屋でこんなに凄いバンドがいるんだ」と。しかし、その後すぐ彼らは一旦活動を休止。残念に思っていたのだけど、メンバーが少しチェンジしそこまで間を空けず復活。この時は今のような音にはなっておらず、休止前と変わらないカオティックで短いハードコアパンクを叩き付けるスタイルだった。それからしばらくしてサックスが加入。何かが変わりそうな雰囲気を持ったライブを観て、とても楽しみにしたままあまり彼らのライブを観られない日々が続いた。そして去年の夏だったかに本当に久しぶりに彼らが出るライブに足を運んだ時、そこには格段に成長したバンドの姿があって、もうすぐさま何かしなきゃという気持ちになった。

今ではライブの一曲目にやる定番として馴染んでいるRestructureは、完全に80年代のNo New York、すなわちNo Waveの頃のNYCの空気を感じさせる長尺のフリージャズナンバー。これはサックスが加入したことで完成したんじゃないかと思う。いなくてもできあがっていたとは思うけれど、ここまで不穏な空気は取り込めなかったと思うから。この曲のためだけでもこのアルバムは買うべきだと思う。それぐらい「今」を感じられる。もちろん昔から演奏されてきた曲も収められているから、記念碑的存在であることは間違いないから、そういう意味合いで買うのももちろんいい。だけど「今」があって「これから」のThe Act We Actのことを想像してニヤニヤしたいなら、Restructureを聴いて、できることならライブに行って体感して欲しいなと思う。深くない一ファンといてそう思う。未体験の人は是非。




The Act We Act MySpace
http://www.myspace.com/theactweact

人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-04-10 10:51 | all music i love
Thanks a lot for everyone there yesterday.
昨日はPurely Evilの第一回に来てくれたお客さん、出てくれたバンド、あの場にいた全ての人に感謝です。天気予報は雪を降らせようとしていたけれど、チラチラ降っただけで何事もなく進められました。ま、天気が心配で行くのを諦めてしまった人もいるかもしれませんが、それは仕方がないこと。次の機会には是非。

ライブはもちろん一番誰にも知られていない僕のVVDBLKから。今回は10月の沼津の時も一緒にやってもらった浜松のMidas Touchのプジャリさんに加え、ガガキライズのドラムも井上くんにも参加してもらい30分程の実験をさせてもらいました。今回が一番音がでかかった気がします。

続いてFree City Noiseは紅一点のスージーが体調悪かったけれど、良いバランスの演奏を披露してくれました。まだまだ面白いことをしてくれるので今後も期待。

9月にK.D JaponPWRFL Powerことカズくんの誘われた企画で一緒のやったTロリンズは今回も即興ながらも絶妙な間や壮絶なテクニックで初めてのお客さんにも良い感じにアピールしてました。

名古屋が誇るインチキハードコアSIKA SIKAのマドンナのもう一つのバンドHello Worksはインチキではないハードコアな、そしてちょっと変態なパンク。圧倒的な短さでトイレに行ってる間に半分終わってました。20分ぐらい押しで進行してたのにここでオンタイムに(笑)

そしてそして全国的にも馴染みのあるThe Act We Actがスタジオ内を震わせ、かき混ぜた直後は今年のSXSWに出演するPuffyshoes。縁があって非常に仲良くしてもらっているバンドの一つで、9月は浜松までライブを観に行き、これは名古屋でも! と思っていたことがようやく実現。相変わらずのスカスカでキュートなポップソングの応酬。観ている最中に何度かアメリカを感じました。同行できればよかったんだけど今年は無理。

最後はそのPuffyshoesの先輩でもあり、SXSWにも二回出演し、昨年はJUICEBOXXXとともに各地を騒がせてきたガガキライズ。最近はアンプを離してセッティングしているらしく、新鮮な感じで観ることができました。オースティンで知り合ってからもうすぐ二年。でもそれ以上に強い繋がりを感じる二人ともこうして名古屋でやれたのはとても幸せなこと。相変わらずの爆音で素晴らしいライブでした。


企画を始めてからは随分時間があったにも関わらずレーベルのリリースなんかも重なり、ちょっと準備不足になってしまったのはみんなに申し訳なく思うので、次はきちんとした形にしてお返しできるようにしたい。


最後にもう一度、ありがとうございました。






人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-01-31 18:29 | live
High Places at Huck Finn
昨日は2008年のニューヨークで観て以来のHigh Placesの来日公演@今池Huck Finn。名古屋もあるとわかった時点でメールしてたんですが、実際に会えてよかったです。たくさん話をしました。最近RobもLAに引っ越して、今、たくさんの(僕の好きな)バンドがLAにいることになります。

ビデオカメラ持ってくの忘れたのでiPhoneで録ったものですが、どうぞ。






人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2010-09-27 21:53 | live
Room 204 - Balloons
d0059740_2157570.jpg


前作Trans Pandaのジャケットの可愛さが未だに鮮烈なフランスのマスロックデュオRoom 204の新作は全8曲、14分強の意欲作。CDは日本が、名古屋が世界に誇るStiff Slackから。

とにかく必要なものだけを残し、タイトにタイトにしていったらこれだけになってしまったんじゃないかと思うぐらい潔くあっさりしている。けれどもインパクトは十分。前作では一部ベースを導入したり、ループさせたりってのもありましたが、今作では直球勝負。それが完全に功を奏していると思われます。

何回でもリピートさせたくなります。


Room 204 MySpace
http://www.myspace.com/room204

Stiff Slack
http://www.stiffslack.com/



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2010-04-16 22:02 | all music i love
Second Coming
9月のVivian Girlsの来日時に名古屋で圧倒的なパフォーマンスを披露し、観客を魅了したShobu二回目の名古屋ライブがあります
11/29日曜の夕方から名古屋の繊維街にあるスタジオで開催します
共演は僕自身のVivid Black、Shobuからのラブコールがあった名古屋が誇るカオティックコア〜ノーウェーブなThe Act We Act、奇跡の変態DzzZooOに加え、僕が愛して止まないフォークデュオ小鳥美術館
前回の廃墟地下に続きライブハウスではない場所でのライブですが、面白くなるのは必至なのでお時間ある方は是非遊びに来てください!!!

d0059740_1319745.jpg


月日:11月29日
場所:リフレクトスタジオ
時刻:19時半
出演:Shobu (from Tokyo) http://www.myspace.com/shobufuk
   The Act We Act    http://www.myspace.com/theactweact
   DzzZooO       http://www.myspace.com/debaserzzz
   小鳥美術館      http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=kotoribijutsukan
   Vivid Black       http://www.myspace.com/vividblackistotallywhite
料金:千円



http://www.pmcgroup.co.jp/hp/reflect/





人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2009-11-17 13:20 | event
Vivian Girls finished the tour last night, then...
直前まで色んなことが続き、どうなることやらな感じだったVivian Girls名古屋公演も無事に終わり、東京二公演にも行ってきました。

まず、名古屋は屋上ではできなくなったものの、廃墟ビルの地下にあるレストラン跡地でのライブでした。最終的に出演したバンドは6つでした。Vivian Girls、ShobuSika SikaGagakiriseVivid BlackThe New House。想像以上の天然リバーブがあった上に、モニターなども完璧ではなかったため、各バンド音作りに若干無理をさせてしまったのかもしれないけれど、それはそれでDIYの良いところではないかと思います。

P1100372

ちょっと裏話で、しかも別に面白くもないんですが、僕のバンドVivid BlackSika Sikaは前日夜中にスタジオで練習を済ませ、僕は家に戻ってTシャツを4枚ほどペイントし、寝たのが朝4時過ぎ、起きたのが5時半で、そのままSika Sikaのメンバーを起こしに行き、8時前には廃墟ビルに集合。準備をして、ビル全体の掃除をしました。10時には機材屋が来て搬入、設営。リハは11時からの予定だったのですが、全てがバタバタしていた上に、シルバーウィークの渋滞でバンドが到着しないという状況でした。特に時間がかかって大変だったのは東京から夜行で向かっていたShobuで、12時間近くかかりました。Gagakiriseは早く着いていたようなんですが。リハも適当にこなしながら、装飾などをほどこしていき、あれこれしていたらちらほらと会場周りにお客さんが集まり始めてきました。結局40分ちょい押してオープン、スタートでした。ご迷惑おかけしました。

一番目はThe New House。何度か名古屋でもやっているのですが、今回初めて観ました。音源で聴くよりもライブの方がよかった。もう少しきちんとした形で何かやれたらと思います。

The New House

続いて自分のバンド。は、なんかもう緊張し過ぎでなんだかわからなかったので書けることがありません。でも終わった後、ShobuのもにかやGagakiriseの二人にも良かったって言ってもらえたのでホッとしました。

三番目は名古屋と言えばこのバンド、Sika Sika。彼らもこういう場所がよく似合います。去年のDeath Sentence: PANDA!の時も面白いイベントを提供してくれたので覚えている人もいるかと思います。準備等で若干疲れていたのか、少し切れが足りなかった気がしなくもないですが、体を張ったパフォーマンスで客を沸かせていました。

Sika Sika

そして今回自分がどうしても観たくて呼んだ、Shobu。いつもチャットや電話では話をたくさんするものの、機会があまりなく実際会ったことがあるのは数回、にも関わらずとても仲良くしてくれているもにか。東京以外ではライブをしたことがなかったので、この日が初遠征、初名古屋。リハ前は嬉しそうに小倉トーストを食べに行っていました。肝心のライブはというと、もう何も言うことないです。壮絶、の一言でした。最初から最後まで寸分の隙もない圧倒的なパフォーマンスでした。待っていたお客さんも多かったはずなので、フロアも盛り上がっていました。

Shobu

続けて、本来最後に持っていくべきだったVivian Girls。騒音問題などで、万が一中止せざるを得なくなったときのための応急処置的なものです。CassieとKatyはお客さんに観やすいようにか、自分たちが客の方を観やすくするためか縁の上に立って演奏してくれました。Walking Alone At Nightが始まった瞬間、SXSWを思い出し、いきなり興奮がピークに達しました。ファースト、セカンド、シングルから万遍なく披露。アンコールもたっぷりやってくれて大満足でした。Vivian Girlsの三人が会場に到着して、中に入ってきて半年ぶりに感動の再会かと思いきや、一言目が"This place is crazy!"だったのですが、その言葉が如何に彼女たちがあそこでライブをすることを楽しんでくれていたかということを表しているんじゃないかと思います。だからこそ(僕が観た)他の公演よりもアンコールの曲数も時間も長かったんじゃないかと。元々リバーブ全開の彼女たちのサウンドは天然リバーブを相まってさらに素敵な音になっていました。本当に楽しかったです。

Vivian Girls

最後の最後、残念ながらVivian Girls目当てのお客さんはほとんど帰っちゃいましたが、Gagakiriseも素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。舞い上がる砂埃とライトがなびく黒髪を照らし、とても良かったです。彼らもSXSWを経験してるだけに、ああいう場所でも物怖じせず爆音かましてくれました。

Gagakirise


全てのバンドが終わった頃には明るかった外は真っ暗になっていました。あっという間でした。色んな人が関わって、色んな人が助けてくれて今回の企画は成り立っていました。本当にありがとうございました。本当は残ってやらなきゃいけないこともたくさんあったのですが、アフターパーティの準備をしてオープンさせなきゃいけなかったのでビルを後にし、会場のカフェへ。
そもそも時間ギリギリだったんですが、僕が着いた頃にはお客さんが外で待っていたので急いで準備をしてオープン。昼間の本編とは異なり終始まったりな雰囲気、にも関わらず僕はまったりする曲なんてかけませんでしたが。当初予定にはなかったけれど、急遽出てもらうことにした小鳥美術館のライブは僕がカナダに行く前にやったsOUnDFreAk以来なのですが、やっぱり好きです。なんだろうなぁ、あの感じ。他にはない、すごいものを持ってるんです。早く音源作って欲しい。彼らが終わるころにVivian Girlsが食事を済ませ戻ってきました。彼女らのライブの前に僕がDJだったのですが、最後にかけたのは彼女らの曲、Second Dateでした。そしてこの日の前の週が誕生日だったKatyにバースデーケーキを用意し、みんなでバースデーソングを歌ってお祝い。Katyに喜んでもらえたのはもちろん、妙に楽しそうだったCassieとAliが見れたのでやってよかったなと。アコースティックライブは一応お客さんからのリクエストを、ってことだったのだけど、最初以外は誰もリクエストしないのでほとんど僕の聴きたい曲になってしまいました(笑)演奏してくれたのは以下。

1. Tell The World
2. Second Date
3. Going Insane
4. Before I Start To Cry
5. Can't Get Over You
6. Wild Eyes


Vivian Girls

京都からの道中渋滞もあったり、ジェットラグもあったりで疲れていたにも関わらず、最後までやってくれたVivian Girlsの三人にも本当に感謝です。去年の8月にトロントで会ってから一年とちょっと、ここまで仲良くなって、まさか日本で会うことになるとは思いもしませんでした。でも知り合っていたからこそ色々やってくれた名古屋での一日はVivian Girlsにとっても、あの場所にいた人にとっても記憶に残ったのではないかと思います。


二つの東京公演についてはまた今度。






Photos here are all hosted on flickr.com



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2009-09-22 23:50 | live