タグ:100 disks ( 76 ) タグの人気記事
100 disks in the 00s: Screaming Females - What If Someone Is Watching Their T.V.? LP (2007)
d0059740_10230120.jpeg

カナダにいた時に時間が有り余っていたしとにかく知らない音楽に出会いたい一心でMySpaceを探っていた時にたまたま辿り着いて大好きになったバンドScreaming Femalesのセカンドアルバム。
バンドに直接メールして送ってもらった想い出の一枚でもあるこのレコードは名曲Boyfriendが収録されていて、まだセカンドということもあり勢いが半端ない。
初めて聴いた時は男か女かもわからないぐらいの野太い声と振り切れ続けるシャウトとギターに度肝を抜かれました。

後にScreaming FemalesとVivian GirlsのAliがとても仲がいいと知った時、また世界は狭いなと思わされました。

Garbageとのツアーのあとはかなり多くのファンができたようなのでここ日本でももっと取り上げられてもいいような感じなんですけどね。。




[PR]
by soundfreak1978 | 2014-05-04 10:39 | all music i love
100 disks in the 00s: Burmese - Men LP (2004)
d0059740_0514824.jpg


2000年代を振り返ると必ず思い出すサンフランシスコの変態ドゥームバンドBurmeseの5枚目のアルバム。
この当時はベース二人とドラム二人という編成で、ライブはどうだったか知らないけれど、音源はアホ全開のひたすらユニゾンで同じリフを繰り返すというその編成の意味は何かを問わずにはいられない曲ばかりが6曲詰め込まれた衝撃の一枚。
このアルバムに出会ってしまったせいで他のも買わなきゃいけなくなり、Sightings同様、レコードで出ている物はほぼ全部購入してしまった。
それぐらい僕にとっては印象的で、なぜかグッときたバンド。最高です。







人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2013-08-13 01:01 | all music i love
100 disks in the 00s: Xbxrx - Gop Ist Minee LP (2000)
d0059740_14112029.png


Steve Albiniの録音によるXbxrxのセカンドアルバム。
初めて聴いた時の印象はハードコア化したDevoで、後にこの音はどんどん変化していって(というよりもここではこういう音を録音しただけで、元々いろいろやれる人たちなのだけど)、フリージャズ〜エクスペリメンタルな作品もImportantからリリースしていた。

ただただ好きで聴いていただけのこのXbxrxも結果的には自分の友人関係に入ってしまったのは偶然でもうれしい。
いろんな人が出入りしていて、今はどうなってるのかよくわからないけど、何人かはオークランドやサンフランシスコに残り、LAに引っ越したメンバーもいる。
他にいくつかスプリットやシングル音源もリリースしているけど、どれもがネジが何本か飛んでしまったような曲ばかりで本当に飽きないバンド。


このビデオはアルバムの2曲目。全曲タイトルなしです。




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2013-07-29 14:22 | all music i love
100 disks in the 00s: The Like - Are You Thinking What I'm Thinking? CD (2005)
d0059740_13314434.jpg


2010年にセカンドアルバムRelease Meをリリースし、ツアーを行った後、2011年に活動休止 (解散!?)に入ってしまったThe Likeのファーストアルバム。
この当時のメンバー三人の親はみなさん音楽業界で何かしら功績を残していた方々ばかりというのもあって、本人たちが思うよりも大きな注目を集めていたように思います。

The Likeの音源に初めて触れたのはWhat I Say And What I Meanの7インチで、オルタナ全開の音にやられました。
Z Bergのハスキーなボーカルはとても10代とは思えなかったけれど、それもThe Likeの魅力の一つでした。
アルバム全体と通して90年代のオルタナな音が鳴り続けていますが、数曲変化球もあって本当によく聴きました。

この後のセカンドアルバムではプロデューサーにMark Ronsonを迎え、流行の60sスタイルのポップになってしまいましたが、楽曲の芯そのものは何も変わっていなくてこの次に期待をしていたのですが、残念です。






人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-07-10 14:08 | all music i love
100 disks in the 00s: Sunday's Best - The Californian CD (2002)
d0059740_14564654.jpg


所謂エモとかには大して興味を持たず過ごしてきた中で、以前この100 disks in the 00sシリーズの中で書いたHey MercedesとこのSunday's Bestは別で。
というかHey MercedesはともかくSunday's Bestはエモかとどうかというとなんか違う気がするんですけど、世間的にはエモにカテゴライズされているようで。

相当甘いボーカルの声と単純にメロディの良さ、バンドとしての音が素晴らしい。
このバンドの特徴を他に挙げろと言われてもパッと思いつかない。
強いて挙げるならDeath Cab For Cutieと同じ様な若干ややこしい歌詞かなと。

The Californianはセカンドアルバムで彼らの最後のアルバム。
2003年に解散しメンバーはそれぞれThe Little OnesThe Jealous Soundなどで活動。






人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-06-19 15:12 | all music i love
100 disks in the 00s: Rancid - Self Titled (5th) LP (2000)
d0059740_16172966.jpg


その昔、自分にも若い頃があったんだなぁと思い出させてくれる一枚。
ちょうど日本ではメロコアとかスカコアとかを一纏めにコア系と言われる類の音が流行っていた頃、対して興味がなかったのでHi-Standardを少し聴いたぐらいで卒業していたので、ほとんど聴くこともなく過ぎていってたRancidNOFXBad Religionもまともに通ってないような人間なので特に何か特筆することもないんですけど、このRancidの5枚目のフルレングスに出会った時、所謂パンクやハードコアと言われる音楽(彼らをそこに含める事に抵抗のある人もいるとは思いますが)をもっと聴いておけばよかったなと思ったんです。
そういう意味でこのアルバムに2000年に出会えてよかったのかも。他のアルバムも一通り聴いたけれど、一曲一曲の長さとクオリティでこれが一番好き。







人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-02-02 16:34 | all music i love
100 disks in the 00s: Sahara Hotnights - Jennie Bomb CD (2001)
d0059740_22151573.jpg


そういえば、な感じではあるけれど、実は思い出しては聴きってのを繰り返してる=かなり記憶に残っている、ということでSahara HotnightsのミニアルバムC'mon Let's Pretendに続いてリリースされたJennie BombPrimal Screamのボビーがなんちゃらとか言われてましたけど、個人的にはPrimal Scream云々は本当にどうでもよかったです。単純に女子高生がこんなのやっちゃってるの?って感じで。
いろいろ粗かったりするのは当然の事。
しかしそれ以上になんとも言えない絶妙なセンスの良さが光るメロディラインとアレンジ。これ、この次のアルバムKiss & Tellが出る頃にようやく気がついたことなんですが、パッと聴きガレージっぽいアレンジにノリで、影響受けた音楽にNirvanaIn Uteroとかあったもんだからそういう感じだなぁぐらいにしか思ってなかったんです。
しかしよく聴くとアルバム通して至る所に80年代の香りが散りばめられていて、それがさっき上げたKiss & Tellをリリースした時に時代と共鳴したんです。世間が80sリバイバル真っ盛りの頃に出したそのアルバムは直球過ぎたのか、なんなのかわかりませんが売れてなかったように思います。
確かにインパクトはそこまで強くなかったような。

若さも重要な要素だったのかもしれないけれど、このアルバムは全てにおいて完璧だったと思います。今日改めて聴いてみてそれを確認できました。





人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-10-01 22:35 | all music i love
100 disks in the 00s: Mutators - Secret Life LP (2008)
d0059740_1284883.jpg


僕のブログやTwitterやらにはやたらと登場してきたカナダはバンクーバーのNo WavePunkHardcoreな、惜しくも解散してしまったMutators唯一のフルレングスSecret Lifeは比較的最近とは言え、本当にいろいろと刺激をくれる一枚になりました。
トロントにいた時、バンクーバーに遊びに行くと決めてからバンクーバーのバンドを一所懸命調べていて辿り着いた中の一つでした。
初めて聴いたのがInstinctという曲で、このアルバムの一番最後にも収録されているのだけど、とにかく切れ味が凄かった。
どうやってやったらそんな声が出るの?と言うようなLiefの悲鳴の様な叫びの後ろは不協和音とトレモロで揺れるギターと比較的シンプルなドラム。
で、ちょっと調べてみればわかることなのだけど、Shearing PinxTwin Crystalsとももちろん繋がっていて、より一層バンクーバーのシーンに興味を持つきっかけになったのもこのMutatorsでした。

現在Liefは先日書いたMythsで活動中。
アルバムのアナログカットを心待ちにしています。




唯一のフルレングスかと思っていたら、こういうのが出ていたみたいです。
http://www.amazon.co.jp/Kill-Me/dp/B003K93IE8/ref=dm_ap_alb1

切れ味が若干少なめとはいえ、最初からコンセプトははっきりしていたようですね。


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-08-14 01:40 | all music i love
100 disks in the 00s: Klang - No Sound Is Heard LP (2004)
d0059740_0363999.jpg


Rough Tradeの内部レーベルFor Usから限定でリリースされたL.O.V.E.に続いてMuteの傘下からひっそりとリリースされた元ElasticaのDonna率いるKlangの唯一のアルバム。結局リリースされたのは7"とこのアルバムのみ。

以前にもここでこのアルバムの事は書いたのだけど、改めて00年代の一枚として。というのも90年代をほぼUSのバンド一色で育ってきた僕はUKのバンドは極めて興味の薄いのばかりで、リアルタイムで聴いていたのはMidgetUrusei YatsuraNilon BombersなんかのそこまでUK臭の強くないバンドばかり。なのでElasticaの名前は知っていても聴くことはなかったんですね。つまり元Elasticaのメンバー云々抜きでこのKlangを知って、この音数が極端に少ないどこに属するのかもよくわからない音に嵌ったというわけで。そこからElasticaに辿り着くまではまた少し時間がかかったんですけど。

Klangみたいなバンドはこれ以降もなかった、もしくは知らないけれど引っかかる程いい感じではなかった、と思います。そういう意味でも重要な一枚。







人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-06-01 21:27 | all music i love
100 disks in the 00s: Whirlwind Heat - Do Rabbits Wonder? LP (2003)
d0059740_23183978.jpg


鳴り物入りでデビューしたおバカトリオWhirlwind Heatのファーストアルバム。プロデュースがThe White StripesのJack WhiteでエンジニアにはBrendan BensonとDave Fridmannの名前が連ねられているというなんとも不思議かつ強力な一枚。ま、地元繋がりってことなんですけど。

このアルバムの曲名が全て色の名前ってのがまず面白くて、ジャケットのデザインもアルバムとシングルで統一させて、うち一枚にはThe White StripesのMegも登場。音もドラム+ベース+歌/シンセの分厚いようで薄っぺらなポップなのかニューウェーブなのかパンクなのかなんなのか。アヴァンな部分もあるのに妙にポップで、編成なんかで比べられてしまうのかもしれないけど、Lightning BoltDeath From Above辺りの中間というか。あんまりいい表現ではないし、比較はしたくないのですけど、下のYouTubeのコメントに下らない事書いてるバカがいるので。

日本では大して話題にもならなかった気もしますが、その後もマイペースに活動してました。最近はどうしてるのかしら。




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-31 23:35 | all music i love