タグ:100 disks ( 76 ) タグの人気記事
100 disks in the 00s: Mu - Afro Finger & Gel LP (2003)
d0059740_5201544.jpg


もうこの辺りがエレクトロクラッシュとか言われた音の最後でしょうか。全く詳しくないのでわかりませんが、僕が好きな音ではなくなっていきました、いろんなアーティストが。どんどん下品な感じになっていってしまって、気づいたら少しも買わなくなってました。

そんな過去を振り返ると必ず出てくるのがこのMuのファーストアルバム。日本人女性です。愛知県田原出身ロンドン在住でした。今はどうなんでしょう。トラックメイカーにMaurice Fultonを従え、いや彼に率いられてが正しいのかな、わからない(笑) それぐらいこういう、ダンスミュージックには弱い。それはともかく、このアルバムから12"も切られていたChair GirlがフランスのパリにあるセレクトショップColetteの5枚目のコンピレーションCDのDFA Mixに収録されていて、その中でも一際インパクトのあるボーカルとドラミングに一発でやられました。音と音の隙間も多くて、音作りそのものは下世話な部類とは思うのですが、キツくない。はい、なんて言ったらいいかわかりません(苦)

とりあえず聴いてください。僕が好きになった数少ないダンスミュージック。あ、そういえば彼女ら来日してますね。名古屋はお母さん観に来てました。オールナイトのイベントだったけど。





人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-13 05:33 | all music i love
100 disks in the 00s: Arms -Exquisite Knots CDR (2005)
d0059740_4122487.jpg ちょうどこのぐらいの時期にMySpaceの存在が日本でもちょっとずつ伝わってきて、早速登録してとしてたのがもう6年も前の話。こういうインディペンデントな音楽でMySpaceが関連する話題としては、同年にリリースされたClap Your Hands Say Yeahのファーストアルバムが最も引き合いに出されると思うのだけど、同じ様なタイミングで、本当にどちらに先に辿り着いたのかはっきり覚えてはいないけれど、出会ったのがArmsことTodd Goldsteinの(当時は)ソロプロジェクトだったんです。

まだ物珍しかったのもあるし、何よりも自分の好きなバンドと直接やりとりができるなんて夢のようで。このArmsもすぐにフレンドリクエスト(これも最早Facebookの方でしか使わなくなってしまった単語)を送り、すごく気に入った旨を伝えたら、「オーケー。デモを送ってあげるから住所を教えてよ」ってなって。しばらくすると本当に送られてきた。MySpaceで聴くことができるようになっていた曲の中で、Superdayという曲が特に好きで、それが入っているだけでも嬉しかった。なんだっけ、ベッドルームポップみたいな形容されてた気がするのだけど、件のClap Your Hands Say Yeahに通じるところがある感じのポップ。あそこまでギターが鳴って、ってのではないけれど。全く気負いなく、ゆるーいポップ。

その後Melodic(Nine Black Alps, The Isles, Minotaur Shockなんかをリリース)とサイン。なんだけど、いまいちパッとしなかった。でも今も地道に活動してるようです。さっきWiki見たら、メンバー(今はバンド形態)がLCD Soundsystemの最後のショウに参加して一緒に演奏していたらしいです。

試聴およびDLはこちらで可能です。是非チェックしてみてください。特にすごい何かがあったわけではないけれど、00年代を語る上で僕にとっては外せない一枚なので。



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-13 04:37 | all music i love
100 disks in the 00s: Hey Mercedes - Everynight Fire Works LP (2001)
d0059740_22541995.jpg


順番が逆で、僕はHey Mercedesに先に出会ってしまった。丁度この頃はJimmy Eat WorldThe Get Up Kidsなんかに代表される、所謂エモが相当流行っていた(というのも変な)のだけど、僕は全く興味がなかったんです。これっぽっちも。それである日レコード屋で漁っている時にかかってて、すごく気になったので尋ねてみたところ、それがHey Mercedesだったと。このアルバムだったんです。それからしばらくして中古でレコードを見つけたので即買いました。そこからエモにハマるのかと思いきや、それは全くで、彼らだけが特別なんです。というかエモではないですね。どうもそういう類に入れられてしまうようなんですが。かといってただのギターロック(嫌いな言葉)というわけではもちろんないし。

わかりやすいメロディに変則的なリフとリズム。ただただ僕にとって完璧なバンド。

一応知らない人のために。僕が逆と書いたのはBraidが先だから。そういうことです。






人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-11 23:05 | all music i love
100 disks in the 00s: Q And Not U - Different Damage LP (2001)
d0059740_1271125.jpg


当然のようにリアルタイムでは聴いてないのですが、それでなくても彼らの存在無くしては今存在していなかったバンドが山ほどいたのかと思うとその影響力はおおよそわかります。ハードコアを出自としながらも暴力的な面は無く、非常に計算されたパターンとパターンの組み合わせで曲を構築していて、それはさながらマスロックと言えなくもない音。今後も変わる事のない名盤。





人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-04-23 01:33 | all music i love
100 disks in the 00s: From Monument To Masses - The Impossible Leap In 100 Simple Steps LP (2003)
d0059740_191193.jpg


なんか書くバンド書くバンド解散してしまってる気がするけど、仕方が無いのかな。

僕がこのバンドFrom Monument To Massesを知ったのはちょっと遅くてセカンドアルバムであるこのアルバムからで、それでも衝撃力と破壊力は凄まじくて。ライブはことごとく見逃しているから実際はわからないのですが、三人でこれだけの音を鳴らしてしまうなんて。僕がマスロックと言われるジャンルに興味を持ち始めるきっかけになったのは間違いなくFrom Monument To Massesとフランスの奇天烈デュオChevruil。おかげで散財が酷くなりました。





人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-04-23 01:23 | all music i love
100 disks in the 00s: The Rogers Sisters - Purely Evil LP (2002)
d0059740_0544476.jpg


僕の企画の名前にもなっているThe Rogers Sistersのファーストアルバム。彼らのアルバムはどれも好きなんだけど、一番衝撃的だったのはこのPurely Evil。ちょうどポストパンクリバイバルが真っ盛りの2002年のリリース。だけどここ日本ではいまいち知名度は高くなかった。イギリスの名門Too Pureからもリリースをしていたのだけれど2007年に解散。何かの本に書いてあった通り、The B-52'sのようなバカバカしさたっぷりのパーティ感にブルックリンのバンドらしいアート感が詰まったバンドでした。





人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-04-23 01:02 | all music i love
100 disks in the 00s: V.A. - Emergency Room Vol.1 LP+Booklet (2008)
d0059740_114422.jpg


リリース当時にもここで書いたコンピレーションLP。カナダはバンクーバーのシーンをこれ一枚でほぼ体験できると言う素晴らしいコンピ。

そのシーンの中心にいるTwin Crystalsが運営するスタジオ兼ベニューであるEmergency Roomで録音された音源を集めてあるのだけど、ライブのダイナミズムが伝わってくるよう。特に顕著なのがTwin Crystalsの二曲とWhite LungのTherapy。それぞれ他での録音と聴き比べると全く別の曲の様。Vapidの二曲はここで録音された時はバンドとしてまだ下手だったからなんとも言えないけれど、後のアルバムで大化け。

とにかくこのレコードに収録されたバンドは、バンクーバーのシーンを語る上で外せないバンドばかり。



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-04-20 01:26 | all music i love
100 disks in the 00s: Sissy Spacek / Die Monitr Batss - Split 7" (2004)
d0059740_18484758.jpg


多分僕の音楽人生のどこを切り取っても出てくるであろうバンドDie Monitr BatssJohn Wiese御代率いる<b>SissySpacekとのスプリットリリース。レーベルは他にも興味深いメンツを常に揃えているHand Held Heart。このレーベルからはその昔LiarsChromatics, Young Peopleもリリースされていて、最近ではLiarsNo Ageのスプリットも。

収録曲はどちらも一発で彼らとわかる一曲ずつが。Die Monitr Batssはファーストアルバム収録のCopterのエクステンドバージョンであるHelicopterを、Sissy SpacekはH3というタイトルの曲でこれはJohn Wiese名義でリリースしているいくつかの曲からのサンプリングコラージュ(というかそもそもがBastard Noiseをズタズタにしたようなのばっかりなのだけど)。このスプリットは僕にとって忘れられない一枚。どちらからも影響を受けて、今の様な趣味になっていった(と思われる)。








人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-04-17 19:16 | all music i love
100 disks in the 00s: Gogogo Airheart - Exitheuxa LP (2002)
d0059740_2195185.jpg


脱臼ポストパンク、で片付けてしまってはいけないサンディエゴを拠点に活動していたGogogo Airheartの三枚目。とにかくゆるい。このバンドがGSLからずっとリリースだった理由がいまいちわからない。レーベルのカラーではない気がしてならない。最初の頃はThe Pop Groupのカバーをやってたりで明らかなPost Punkマナー(そんなもんがあるのかどうか知らないけど)に乗っ取った曲を披露したりだったのが、どんどん力が抜けていき、海岸が見える丘の上、もしくは海岸なんだけどとにかく日の当たらない場所でのんびりしながら聴いたら気持ちよさげな曲のオンパレード。褒めてる様に思えない書き方だけど、キメるところはきちんとキメているからメリハリがあって飽きのこない一枚。



名曲When The Flesh HitsはDJしてた時何度もかけました。


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-04-15 02:34 | all music i love
100 disks in the 00s: Wives - Erect The Youth Problem LP (2004)
d0059740_20615.jpg


今ではすっかり世界中の人気者No AgeのDeanとRandyがNo Age以前にやっていたハードコアバンドWivesの唯一のアルバム。ハードコアと言っても所謂ポスト云々に近い音ではあるのだけど、やはりそこは西海岸育ち。随所に先人からの影響が見え隠れ。この当時はDeanはドラムを叩いておらずベースを弾きながらのボーカル。Randyはギターを弾いてました。このアルバムが何かに影響与える様な一枚かと言われるとそうでもないと思うけれど、僕にとっては大切な一枚。ここで彼らに出会っていたからこそNo Ageとしての彼らをいち早く知ることができ、仲良くなることができたんだから。

ここで試聴できます。No Age好きな方には是非とも聴いてもらいたいです。



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-04-15 02:07 | all music i love