タグ:Canada Indie ( 58 ) タグの人気記事
Metz - Metz LP (2012)
d0059740_2192684.jpg


2009年、僕がトロントを発たなければいけなくなってしまった年、地元のレコード屋Rotate Thisで何気なく手に取ってから三年以上経ったらものすごくいいバンドになってSub Popと契約してしまった。

今年は(というか基本的に贔屓目に見てしまうけれど)カナダのバンドのデビューやら新譜やらがとてもいい。先日書いたMoon KingNu SensaeWhite Lungもそう。もう大御所の域に達しているけれどMetricStarsもきちんと活動し続けている。
そんな街トロントに拠点を置き、地元のバンドのフックアップをメインとしているレーベル/ブッキングエージェントWe Are Busy Bodiesから三枚の7インチをリリース。そのうち一枚が僕が手に取ったSoft Whiteout/Lump Sums。その時にはここまでなるなんて思うわけもなかったけれど音自体は好みのバリバリした感触。以降、海外のメディアでそこまで取り上げられる事はなかったし、当然ながら日本のメディアは皆無。。。だけど今年に入って急にきましたね。

というのも上に書いたSub Popとの契約がきっかけ。何しろ見かける情報と言えばカナダのフリーペーパーのウェブと2011年に出演していたのでSXSW関連ぐらい。僕の収集能力の低さを棚に上げても本当に見かけなかったバンドがいきなりSub Popと契約となればそりゃ一大事件ですよね。それ以降はいろんなメディアに取り上げてもらって絶賛されまくってます。音そのものだけだったらみんながみんな諸手を挙げて大絶賛するようなバンドじゃないんですけどね。。



Jesus Lizardに代表されるTouch & Goっぽい音ってのはわかるんだけど、その中にどこかゴスよりのポストパンクっぽい雰囲気も感じられたりでバンドとして進化しているのがすごくわかる。というかやっぱりトロントっぽさがある。どこがと言われても説明はできないのだけど。。

しかしこのレコードが出た事で90sリバイバル、もしくはグランジのリバイバルがすぐそこまで来ている事を確信せざるを得ないのでは?


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-11-08 21:49 | all music i love
Moon King - Obsession I 12" (2012)
d0059740_2055774.jpg


トロントをベースに活動するDaniel BenjaminMaddy WildeによるドリームポップデュオMoon Kingの12インチは同じくトロントで活動を続けているFucked Upのメンバーが運営するレーベルOne Big Silenceから。
特に目新しい何かがあるわけではなく、M83辺りのエレクトロニカ+シューゲイザーな感じをさらにポップにしたような。
似ているとかそういうのではないけれど、Metricのような雰囲気を感じられ、個人的にはトロントっぽさが溢れていてとても好きです。



One Big Silence Web



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-11-01 20:30 | all music i love
White Lung - Sorry LP (2012)
d0059740_2239553.jpg


こちらWhite Lungも今年になって新しいアルバムがリリースされましたね。
レーベルは前作と同じくDerangedから。
この辺の音は日本だとパンクやハードコアを扱っているような店でしか置いてないような気がして、もっといろんなところが置いてくれると嬉しいなと思うんですが難しいんですかね。。

基本的な部分は前作から全く変わりなく、10曲19分で一気に進んでいく感じ。
前作It's The Evilよりも1曲少なくて5分ほど短くなってますが、曲のクオリティが少し上がったなと。
リフやメロディに多少の変化が感じられます。
LPは前回と同じくホワイトで、レーベル面も同じなのでタイトルと曲名を見ないとどっちだかわからないぐらい同じです。

It's The Evil LP

Sorry LP





最初の7インチを買ったのが2008年のバンクーバーにあったScratch Records(ドラムのAnne-Marieが働いていた店)で、その時とはメンバーも変わって、音も変わったけどやっぱりずっと好きでいるバンド。
どうしてもライブが観たいし、なかなかカナダに行くことは難しいし。
Nu Sensaeと一緒に来日して欲しいなぁ。。


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-09-26 22:55 | all music i love
Nü Sensae - Sundowning LP (2012)
d0059740_21402328.jpg


去年同じバンクーバーで活動しているWhite Lungとのスプリットリリースとツアーも大成功だったNü Sensaeがデュオからトリオになって新しいアルバムをリリース。
00年代以降特に増えてきたベース+ドラムをはじめとするデュオバンド。
その多くが後にメンバーを増やし、二人だからこその面白さがなくなり、つまらないバンドになっていってしまったのでこのNü Sensaeに関してもあまり期待していませんでした。
が、加入したギターが元MutatorsでソロでSex NegativesなどもやっているBrody McKnightと聞けば俄然期待を寄せてしまいます。

結果から言うと楽曲そのものはいい方向へまとまりを見せ、デュオの時とは違う雰囲気ではあるけれどよりグランジとなり、しかし今を感じさせるバンドになりましたね。
MutatorsMの時のような切れまくりなギターではないもののBrodyらしさは出ているし、Andreaの絶叫は変わらず、歪みまくっていたベースは安定感を増し、Danielのドラムも相変わらず叩きまくっています。
僕のような90年代に青春を過ごした人間には嫌でも染みる音。






Nü Sensae tumblr


是非来日して欲しいところ。。



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-09-26 21:57 | all music i love
Myths - Myths (2011)
d0059740_1172476.jpg




浜松のSone RecordsにCDが入荷しましたね。
Myths - Self Titled CD (Limited to 1000)

事前に1000枚限定だってのは知ってたし、ボストン在住の彼もなんかコンタクト取ってたしで買おうか散々悩んだけれど、やはりアナログ切ってくれるのを待つことにし、BandCampでダウンロードすることにしました。
最近BandCamp通して買うのは二回目。
これの前はNight Managerの7"をオーダーしたんだけど、プレスのミスだかでまだ届かない。
今回のMythsに関しては、とにかく聴きたかったってとこでダウンロードを決意。
以前Mythsについて書いた時はオフィシャルのビデオを貼ったんですが、音と映像をセットの方が良さそうな気はします。
というのもLiefはアートやらデザインやらにも長けてる人の様で、そっち方面のディレクションも注目だと思うので。

流行のただ陰鬱なだけの詰まらないユニットやバンドとは違うのは明らか。
じゃなきゃいくら元Mutatorsだからって聴くことはないから。

それにしても声がおかしいのはLiefだけかと思ったら、Quinneも変な声が出る様で掛け合いが気持ち悪い(笑)
でもどんな場所でもライブやれそうだし、日本に来るとか、無理か。

http://www.mythsmusic.com/


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-08-25 01:49 | all music i love
100 disks in the 00s: Mutators - Secret Life LP (2008)
d0059740_1284883.jpg


僕のブログやTwitterやらにはやたらと登場してきたカナダはバンクーバーのNo WavePunkHardcoreな、惜しくも解散してしまったMutators唯一のフルレングスSecret Lifeは比較的最近とは言え、本当にいろいろと刺激をくれる一枚になりました。
トロントにいた時、バンクーバーに遊びに行くと決めてからバンクーバーのバンドを一所懸命調べていて辿り着いた中の一つでした。
初めて聴いたのがInstinctという曲で、このアルバムの一番最後にも収録されているのだけど、とにかく切れ味が凄かった。
どうやってやったらそんな声が出るの?と言うようなLiefの悲鳴の様な叫びの後ろは不協和音とトレモロで揺れるギターと比較的シンプルなドラム。
で、ちょっと調べてみればわかることなのだけど、Shearing PinxTwin Crystalsとももちろん繋がっていて、より一層バンクーバーのシーンに興味を持つきっかけになったのもこのMutatorsでした。

現在Liefは先日書いたMythsで活動中。
アルバムのアナログカットを心待ちにしています。




唯一のフルレングスかと思っていたら、こういうのが出ていたみたいです。
http://www.amazon.co.jp/Kill-Me/dp/B003K93IE8/ref=dm_ap_alb1

切れ味が若干少なめとはいえ、最初からコンセプトははっきりしていたようですね。


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-08-14 01:40 | all music i love
Myths - Prism Portraits


遂に音源がリリースされる元MutatorsLief Hallが解散後始めたユニットMythsのアルバムは、かなり長い間Nominalのウェブのupcomingに載っていたのに、ある日突然消えてしまっていた。なので先日Nominalで買い物するついでにオーナーのSeanにメールして、消えちゃったけどなんで?って聞いたら、「いろいろあって彼女たちは僕のところからリリースするのを止めることにしたんだよ。ずっと話し合ってきたんだけどね。残念だよ。Mutatorsのレコードをリリースできたのはまあ、よかったと思ってる。完璧に満足してるわけではないのだけど、良いものはあったからね。ただ最初の4曲入りのEPを僕がやれていたらもっといい結果が得られたのかもしれないね。」と返事をくれた。彼はメールにきちんと返事をくれる、仕事をするカナダ人なので大好きです。
で、結局Mythsはどっから出すのかと思ったら、ツアーに合わせて自分たちでリリースという形のよう。レコードはいつになるかはわからないけど、とりあえずCDを先に出すそう。結構悩む。レコードで欲しいのだけど、自主でやってる以上本当に出るのかもわからないというのが本当のところだと思うので。うーん。




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-07-06 23:33 | all music i love
AIDS Wolf Live At Beerland


先日Zumから送られてきたカセットボックスに入っていた例のアレです。まだ買えるっぽいので是非Zum Onlineで。


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-15 08:39 | all music i love
100 disks in the 00s: Death From Above - Romantic Rights EP 12" (2003)
d0059740_5382490.jpg


これ、後追いで辿り着いた人はどれぐらいいるのかわからないけど、リプレスされた時は"1979"が入ってたしなんかすごく残念な気持ちになったのを覚えています。

Sound VirusからリリースされていたDeath From Above時代の音源で、名曲Romantic Rightsはここに収められてる音源の方が遥かにかっこいいです。リアレンジして録り直された"1979"が付いてからの同曲よりも。
最初はLighting Boltと同じ様にベースとドラムの二人、ということであんな感じの音を想像しながら針を落として、なるほどと思いました。こういうのもありなのかと。ギターがいない分華やかさに欠けるけれども、そこはところどころシンセを使って埋めるという方法で、ライブでもそのようにプレイしてましたね。上手ではなかったけど。
ベースとドラムだけとかギターとドラムだけとかの変則的な構成のバンドが日本でも広く認知され始めたのは彼らのおかげのような気がします。イギリスを経由しない限りいつまで経っても興味を持たないようなリスナーにも。

下の映像は"1979"になってからの。



そういえばこれの前にAcheから出ていたEPの一曲目Dead Wombのイントロの歌をCrystal CastlesがUntrust Usで大胆にサンプリング、曲の最後の最後にリフもほんの2秒ほど使われてますね。


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-13 05:55 | all music i love
AIDS Wolf - An Insane And Abstract Hell: Dedicated To Two Dudes From Rusted Shut (3 Cass)
d0059740_0552469.jpg 昨年のいつだったか、夏ぐらいだったと記憶しているけど、Chloeから話には聞いていたAIDS Wolfのライブやスタジオでのインプロをたっぷりと収めたカセットテープ×3のリリースは、USインディのバンドやアーティストたちからの信頼が厚いKitのGeorgeが運営するZum。今となってはみんなが知っているNo Ageの前身WIvesKitのスプリットや!!!Out Hudのスプリットの再発なんかを出しているのだけど、一番印象的だったのはやはり出発がジンからだと言う事が十分伝わってくる素晴らしいコンピレーション。そこでChannels 3x4にも出会ったし。

それはさておき、このカセットのセット、ただ箱に入っているわけがない。シルクスクリーンで両面刷られたカードボードを数カ所縫い合わせ、その間にカセットを収めるという荒技。内容は2008年から2010年までのインプロや北米ツアー、その一部で僕も目撃した2009年のSXSW最後の日のライブ、トリオになる直前のライブ、Shearing Pinxとの合体バンドでのライブなどなど、日本にいてはまずライブを体験することができないのでこういうリリースはありがたい。無駄に凝った仕様も。普通のテレコで録ってるので音はお世辞にも良いとは言えないけれど、"生"であることはしっかりと伝わってくる。僕が撮影していたSXSWの時の様子なら、動画から抜いた音の方がはるかにいい。だけどそんなことは気にならないぐらい充実した内容なので好きな人は是非買って欲しい。国内に流通してるとは思えないからZumのオンラインで購入になると思うのだけど。ただし限定100セットなので気になったらなるべく早めの購入をオススメします。

Zum Online




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-03 01:13 | all music i love