タグ:Live ( 29 ) タグの人気記事
November 24, 2014
d0059740_21352440.jpg

ロック墓場のギターの小池氏と最近NicFitのCharlieと
一緒にThe TugをやっているJoeyと始めたバンド
Velvet Antsの初めてのライブです。
ようやくいろいろと固まってきて、自分たちが納得いくような
音ができてきたのでどんな反応がもらえるか楽しみです。

共演には地元からDGTPとWeapons!の2組。
それと去年から個人的にも親しくしてもらっているDMBQの増子さんの
ユニットMoanに出てもらうことになりました。
ここ数年のBoredomsのプロダクションの多くを手がける増子さんが
作る音はMoanでも体験できるので、Boredoms好きな方も是非。
今年夏に再始動したDMBQもかなり深化していて
賛否両論はあるけれど、僕は本当に好きです。
DMBQの方もいずれ名古屋で、と思っています。

11月24日(月祝)
spazio rita
Open 6:30 pm
Start 7:00 pm
¥2000 (別途ドリンク代¥500が必要です)

Moan
[Shinji Masuko of DMBQ/Boredoms + Maki of Water Fai]
Weapons!
Velvet Ants
DGTP


[PR]
by soundfreak1978 | 2014-11-24 18:00 | live
AGGP + Live & Lounge Present "Purely Evil #08 x Vionic #002"
d0059740_23205621.jpg

AGGP + Live & Lounge Vio present
Purely Evil #08 x Vionic #002

Live
OOIOO


昨年11月にリリースされたGamelを引っさげてのツアーも記憶に新しいOOIOOが
再び名古屋へやってきます! そのGamelがアメリカのレーベルThrill Jockeyからこの7月に
リリースされ、それに合わせてアメリカ・カナダツアーを敢行。ガムランを加えた
バンドのアンサンブルはツアーを経て、さらに強力になっているはず。
今回も前回と同様、1時間を超えるロングセットを予定。

そのThrill JockeyからはCDとLPでリリースされます。日本盤とはジャケットのデザイン
が異なるだけでなく、LPは2枚組ゲートフォールドの豪華仕様。

http://ooioo.jp/

Half Sports


米ローファイ〜チルウェイブムーヴメントに呼応するかのような浮遊サウンドと
70'sパンクからニューウェーヴ、オルタナティヴ、ギターポップと
まるでジャンルという糸をメロディで紡いでいくように導き出した
10年代型パワーポップサウンドという答え。パンクやハードコア、ガレージなどとも共感し
絶妙なバランス感覚でHalf Sportsはシーンに現れた。リリースされたばかりの
セカンドアルバムMild Elevationも高い評価を得ている。

http://drriill.boy.jp/

Joseph Alf Polka


へなへなよたったようなねじれたような美声のような外れたような、てんしんくんの独特の声と
ソングライティング、そしてバンドが作り上げる小宇宙のような
曲と演奏が絶妙なバランスでバンド・サウンドとしてポップに昇華されている。
どこか遠い国? だれも知らない星? の未知の音楽のようでありつつ、
海外のインディ・バンドにこんなバンドいたような...だけどこれは紛れもない
日本のロック・ミュージック。
不思議です。

http://josephalfpolka.tumblr.com/

Kaseo


1969年生まれ。岐阜在住。規制の電子玩具などをハードウェアレベルでハッキングし、
改造の限りを尽くすことで独自の楽器を新たに産み出す「サーキットベンディング」の手法を
用いた表現で構成されるライブパフォーマンスを展開。
代表作にピカルミンなど。自身の菊花鵜Pump Up The Gain!!!では
毎回興味深いアーティストをブッキング。

http://pikaseo.tumblr.com/

VVDBLK


2010年メンバーの引っ越しに伴い活動が困難になったため
Vivid BlackからVVDBLKへ名義を変え、一人でノイズらしき音を出すことを
始めるとともに、いろいろな人たちと一緒に演奏も。2012年には
盟友ガガキライズとともにアメリカはカリフォルニアツアーを敢行。
翌年にはアメリカのバンドNo Babies、Murder Murderとの
日本ツアーやOOIOOとの共演で中途半端に注目を浴びることに。

http://vividblack.bandcamp.com

ATTAME (ATM)
d0059740_13573656.jpg
1982年広島生まれ。三重在住。
2011年、三重四日市にてレコードショップ "AgriTribeMusic"をオープン。
2013年、同市内高角町の田んぼの端に移転。

栄KalakutaDiscoにて毎週水曜日 "HAPPY CHILDREN"を3年間主宰中。
SUBWAY-Barにて題名の無い音楽会”untitled.”主宰。
艶黒ミュージックを軸に、夜な夜な様々な角度でレコードを捌きまくってます。

ko-saburo (T)
d0059740_13583155.jpg

庭師。DJ。イベント等でのインスタレーション、空間装飾、DJ 共に
2009年より活動スタート。自身のライフスタイル、生業、音楽人生を
表現手法とする活動はジャンルの枠を必要とせず、
その場所、空気、ヒト、モノ、コトの表情を相手に自身の答えをMixさせ、
全てを繋ぐ六感フリースタイルをなんちゃらかんちゃらする人。


8月24日(日)
Open 5:30 pm
Start 6 pm

Live & Lounge Vio
〒460-0007
名古屋市中区新栄2丁目1-9 FLEXビル B2
052-737-7739
d0059740_14110679.jpg

前売りチケットはAGHOSTLYGHOSTPRODUCTIONS AT GMAIL DOT COM
会場であるVio VIO AT CLUB-MAGO DOT CO DOT JPにタイトル「8/24 予約」と入力し、
お名前と人数を書いてメールをしていただくか、
各出演者にご連絡をいただくようお願いします。
ぴあ、プレイガイド等での取扱はありません。







[PR]
by soundfreak1978 | 2014-08-24 17:30 | event
Pump Up The Gain!!! Vol.4
d0059740_22040279.jpg
3月31日に覚王山のカフェダイナーKAKUOZAN LARDERでアメリカ人の友人でレーベルをやっているMattと一緒に演奏させてもらってからはしばらくライブがありませんでした。
が、歌がある普通の曲を作ったり、もう一つのバンドでスタジオに入ったり、遊んだりしていました。
さて、一ヵ月後にライブがあります。
今年3回目のONOBLKです。
というかこの名前を冠してからも3回目ですね。
ピカルミンの生みの親Kaseoさんにまたまた誘っていただきました。
いつもいつも素敵なメンツに囲まれて本当に感謝しています!

Kaseo Presents
PUMP UP THE GAIN!!! VOL.4

PUNSUCA (TOKYO)


関東を中心に活動をしているデュオ(と呼んでいいのでしょうか?)PUNSUCAさん初の名古屋!
去年のNo Babiesとのツアーの時に大阪に寄ったんですが、そこで初めてPUNSUCAさんの演奏を見ました。
それはもう衝撃以外の言葉では表現し得ないライブ。
そこで少しお話させてもらった時に、なかなか関東以外でやるのは難しいし、名古屋も行ってみたいけど難しいかな、と言われていたので今回PUNSUCAさんの初名古屋ライブに参加させてもらえることを本当に嬉しく思っています!

DGTP (NAGOYA)


名前だけは前から知っているけど一度も見た事がないので純粋に楽しみにしております!

ONOBLK


この順番で書かれていたのでここで僕らが登場です。
3月にRippleでやった時の映像、というか音です。
こんな感じ、もしくは全く違うものかもしれません。
よろしくお願いします。

Kaseo²

何やら影分身を使って二人になるとのことで、全くどうなるのかわからないので一人でやっている映像を貼付けておきます!


6/29 日曜日
spazio rita
Open 7 pm
Start 7:30 pm
¥2,000
d0059740_22351044.png
場所はここです。
名古屋市中区栄5-26-39

よろしくお願いします。


[PR]
by soundfreak1978 | 2014-05-27 22:37 | live
Vivian Girls Live At Death By Audio

なんとなく目を逸らしてきてたけど、やっぱりちゃんと観ておかないといけないなと。
と思って検索したらDeath By Audioでのライブがあったのでいろいろ思い出しながら観ています。

何度も書いてることだけど、どうしたって思い出すし、あの時トロントで会ってなければいろいろと違っていたのは間違いないなと。

僕がVivian Girlsを知ったのは2008年の初夏。
ワーキングホリデーでトロントへ行って2ヵ月ほどが経って、何か面白いことはないかと当時はまだ好調だったMySpaceや地元のフリーペーパーを見ていた時にVivian Girlsを発見。
結果的にトロントで一番好きな場所になったSneaky Dee'sでライブがあるということでチェック。
たしかその週はCSSとHair Policeも観に行ったような記憶があるけれど、全部合わせても4500円ぐらいというお得感は向こうならでは。

その頃はIn The Redからの再発が出る前。
Crystal StiltsとのUS/カナダツアーの最中。
インタビューでも答えてくれていたようにアメリカのブロガーの間でバズっていて、それはやはり彼女らがどんどん多くの注目を集めているという証拠でもあったし、だからこそライブはどんなもんかと楽しみにしていたんです。
ライブは当然いい内容で、終わってからKatyに声をかけ、7インチを2枚とTシャツを2枚買い、その一ヵ月後にニューヨークへ行くからそこでまた会えるといいねって話したのかな、たしか。

それからのことは先日のインタビューの中で書いた通り、割と高い頻度で会うことになって、日本で一緒にやることになったり、とか。
2012年のカリフォルニアツアーの時、LAでAliの家に泊めてもらったり。
本当にいい想い出ばかり。


Walking Alone At Night
I Have No Fun
Wild Eyes
I Heard You Say
The End
Death
Lake House
Sixteen Ways
I Believe In Nothing
Never See Me Again
When I'm Gone
Before I Start To Cry
Out For The Sun
Tell The World
All The TIme
No
Telepathic Love

[PR]
by soundfreak1978 | 2014-04-01 23:47 | all music i love
No Age Live At Shibuya Club Quattro
昨日2月1日は久しぶりにライブを観るという目的で東京へ。
最後に会ったのは2010年のSXSWでのPPMのショウケースだったので約4年ぶりのNo Ageは、昨年リリースのアルバムAn Objectが最高過ぎたのでライブ観たいなと思っていたのでちょうどいいタイミング。

d0059740_16191993.jpg

昼過ぎに渋谷に着き、友人とラーメンを食べに行ったあと、サウンドチェックがもうすぐ終わるとRandyから連絡があったのでクアトロの下へ。
しばらく待っているとNo Ageの二人が出てきたので再会の挨拶を済ませて、Randyは僕らと一緒に中野ブロードウェイへ。
日本版の古い映画のポスターが欲しい、とRandyから言われていたので中野ブロードウェイの中にある店へ。
ドカンと積まれたポスターの山を嬉々としながら掘っていくRandyを僕らは優しく見守った結果、13000円分、10枚のポスターを購入していました。
渋谷へ戻る前に階下にある中野ロープウェイへ。
そこで上の写真の帽子が売っていて、An Objectのカラーとマッチするって言われたので、カバンの中から持参していたレコードを取り出し撮影。

d0059740_16251372.jpg

The NovembersとZZZ'sの演奏が終わったあと、21時からたっぷり1時間No Ageのライブ。
懐かしの曲も網羅した現時点でのベストな感じの内容ですごく楽しかった。
本当はサンプラーを使って、Deanがベースを弾く曲や、ノイズももっと聴きたかった。
あと、初めてNo Ageを観た2007年から7年経って、自分もいろんな機材をいじり、音楽を真剣にやるようになったせいか彼らがどうやってライブで演奏しているのかもだいぶわかってきてはいたから、そういう点でも納得しながら観ていたし、より楽しめたんじゃないかなと。

本当はライブ後もうちょっといろいろ話したかったけれど、終電に間に合わなくなりそうだったのでお別れ。
4年ぶりに会えてよかった。
またLAに行く理由もできた。





[PR]
by soundfreak1978 | 2014-02-02 16:44 | live
[いよいよ来週] OOIOO & Moan Release Tour + Murder Murder Japan Tour In Nagoya
いよいよ来週末になりました。
OOIOOとMoanのリリースツアー名古屋編とMurder Murderの日本ツアー名古屋編。
いろいろと不安なところはありますが、是非遊びに来てください!

d0059740_11561721.jpg



AGGP Presents
Purely Evil #06
"OOIOO & Moan Record Release Party + ???"

November 23, 2013
At Live & Lounge Vio
Open 8 pm



OOIOO

Moan [増子真二 (DMBQ/Boredoms)+マキ (Water Fai)]

Murder Murder From San Francisco

Gagakirise

VVDBLK + 小野浩輝 + 村上ゴンゾ


OOIOO
YOSHIMI (BOREDOMS) を中心に、1995年より活動。以来、ひとつの種族のごとく土着し、完全に独自の進化を続けてきたOOIOOは、2012年より新たな古の魂=ガムランを呑み込んで、伝統と未来をワンステップで行き来するスーパー・トライブへと変異。
距離も時間も光も影も、空気も色も地球も宇宙も。
全部を縦横無尽に織り込んで、強烈な色彩感を伴った音のタペストリーを織り上げる。
どこにもない民族OOIOO音楽の嗅いだ事のあるにおいは、聴くひとのイメージの力をもって、耳に映されて流れだす。
http://ooioo.jp/

Moan
日本を代表するサイケデリック・ロックバンドDMBQのギター/ヴォーカルとして、 またBOREDOMSではギタリストとしてのみならず、特殊多弦楽器セブンナーの製作/オペレート、トラック制作、システム構築の他、総勢16名からなるギター・オーケストレーション・ユニット、The Floating Guitar Borchestraの編曲、総指揮等も担当する増子真二と大阪を拠点に海外での活動も盛んなWater Faiでベースを弾き、The Floating Guitar Borchestraへの参加もあるマキによるサイケデリックデュオ。

Murder Murder from San Francisco
1960年代のサマーオブラブの中心地、サンフランシスコを拠点に活動を続けるPaul Costurosが指揮を取る形で流動的にメンバーを入れ替えながら10年以上演奏を続けてきたフリージャズ~ノイズ~アヴァンギャルドなインプロヴィゼーション集団。
Paulは2008年、Death Sentence: PANDA!のクラリネット+ノイズ担当として来日。
日本ではほぼ無名だったにも関わらず約20本ものライブを敢行。
それ以前にはサンフランシスコのお隣、オークランドを含むベイエリアの様々なバンド (Xbxrx, Burmese, Total Shutdown, Cops, Man Slaughter)にも参加。
今回はBurmeseのドラマーであるMark Small (Burmese, ex Experimental Dental School)と現在Copsで共に活動しているMatt Sharpiro (Fuckface, Cops, Three Weeks Clean)の二人を引き連れてのトリオ形態での来日。
当日は弦楽器でなければ誰でも参加可能なので是非!

Gagakirise
2009年、東京に彗星のように現れた狂気の2人組!
ギターとドラム二人なのにとにかく爆音。
バカみたいに高度なプレイを放出し続けるデュオGagakirise。
名古屋クアトロでの負傷が長引き、活動休止せざるを得なくなったことも記憶に新しい彼らはMoanの増子氏との親交があったり、ドラムのイノウエは2013年7月には7×13ボアドラムにも参加。

VVDBLK + 小野浩輝 + 村上ゴンゾ
この10年ぐらいの名古屋のシーンにおいて、知らない人はいないと思われる村上ゴンゾと、これまた名古屋のインプロ~エクスペリメンタルシーンを牽引している重要人物小野浩輝を迎え、右も左もわからないままなんとなくここまで来てしまった感満載のVVDBLKによる初のコラボレーション。
誰一人としてどんな音をやるのかわかっていないことが最大の魅力。


【TICKET INFO】
AGHOSTLYGHOSTPRODUCTIONS AT GMAIL DOT COM
VIO AT CLUB-MAGO DOT CO DOT JP



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2013-11-17 11:56 | event
Purely Evil #05
d0059740_2012074.jpg


AGGP Presents
Purely Evil #05
Puffyshoes Release Tour In Nagoya

Puffyshoes
Old Lacy Bed
School Refusal
VVDBLK

Open at 7 pm


というわけで一ヵ月後に半年ちょいぶりの企画です。
前回はアメリカはオークランドのNo Babiesとのツアーの途中でしたが、今回はこれが最後のツアーになるPuffyshoesの名古屋での最後のライブになります。
先日渋谷でのライブで先行で販売された彼女らの新作カセットは、最新作であると同時に最後の作品に。
今回録音とミックスをさせてもらったり、知り合ってからこれまでの集大成のような時間を過ごしてきました。
それが今回で終わってしまうので若干さみしいですが、そればっかりではないので楽しんでもらえるようにいいイベントにしたいと思います。

名古屋からは先日UKのDufflecoatから7インチをリリースしたOld Lacy Bedと期待のヤングSchool Refusalが出ます。
Old Lacy Bedは神戸でも出てもらうので関西方面の方は併せてチェックを〜。

ツアー、と言ってもぶっ続けでやるわけではないのですが、来週の土曜日の小岩BUSHBASHから始まり、14日に神戸で、28日がこれ、翌日29日の浜松で最後となります。
お時間都合つく方には是非観に来てもらいたいです。
どんなバンドでもそうですが、いつまでも続くモノではありません。
自分も観なくて後悔しているバンドがいっぱいあります。
後悔しないためにも観に来てもらえたらと!


問い合わせ等はAGHOSTLYGHOSTPRODUCTIONS AT GMAIL DOT COMまでお願いします。




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2013-08-29 20:24 | live
Thank You For Everyone Who Came Out To Our Shows!
On The Bridge To Kansai Int'l Airport

早いもので、No Babiesとのツアーが始まってからあっという間に二週間が過ぎ去って、そこから更に一週間が過ぎました。上の写真はNo Babiesを迎えに行く途中、関空にかかる橋の上で適当に撮った写真です。

本当は1/16に日本に到着予定で話を進めていたのに、どこで行き違いがあったのか15日に来る事になってしまったのが発覚した時はいろいろ焦りました。が、周りの人たちの協力もあり無事にやり過ごす事ができました。

Kibi SA (吉備SA)

ツアー最初のライブは広島。その広島には15日の夜から19日の朝まで滞在し、自分も行きたかった宮島観光なんかもできて楽しかったです。泊めてもらった場所の近くにスーパーがあったのでみんなでごはん作ったりもして、短い間だったけれど、共同生活みたいになっていて、それもまた面白かったです。

Miyajima

Atomic Bomb Dome

ライブ当日はサウンドチェックが終わってから原爆ドームを観に行き、英語で書いてある解説を真剣かつ神妙な顔つきで読んでいる様子はなんとも言えない感じでした。その後ゲームセンターへ行きプリクラ撮ったり、ガンダムのゲームをやったり。
会場へ戻るとお客さんも入っていて、それまで割と不安に思っていた部分が吹っ飛びました。

No Babies

ずっとお供してくれていたカメラのバッテリーがかなり消耗していたり、単純に音楽を楽しみたいという気持ちから、最近は写真を撮る事も少なくなっていて、今回もずっとiPhoneで撮りました。なので大していい写真ではないのですが、雰囲気や記録として見ていただければと。
広島でのライブはたくさんのお客さんが来てくれて、たくさんいい反応をもらっていました。これはNo Babiesにとってもツアー初日をいい形でスタートできたと感じられたのではないかと思います。

Kibi SA (Again)

翌日朝広島をあとにし、京都へ。Less Than TVの周年イベントの一環で、京都と言えばここ、なハコMetroで。夜から別のイベントが入っているため、この日のイベントは昼3時スタート。間に合うように考えて出たのですが、なんだかんだ着いたのは4時ぐらい。中に行くとodd eyesがやってました。
さすがLess Than TV絡み! って感じの濃い内容で、お客さんも面白そうな人が多かったし、FLUIDのジャック氏がすごく気に入ってくれて盛り上げてくれたおかげでNo Babiesのライブも上手い事いったんじゃないかと。

Kyoto

ライブ後は京都の女の子二人に案内してもらい桃次郎という居酒屋でごはん。ここで出てきたお茶やおにぎりがでかくてみんな爆笑でした。みんな疲れていたから少し食べて寝ると言っていたにも関わらず、楽しかったのか結構長居してしまいました。

Kiyomizu Temple

翌日はその京都の女の子二人も一緒に京都観光。清水寺と三十三間堂へ行ってきました。日曜日という事もあって人が溢れ返っていました。でも初めての日本、定番中の定番だけど楽しそうにしていました。ついでに僕も楽しみました。三十三間堂なんて小学校の修学旅行以来行ってないし、行ったかどうかの記憶も定かではなかったので純粋に楽しめました。
二カ所回ったところで女の子二人と別れ、僕らは大阪へ。地下一階で行われていたイベントに遊びに行くために。道中車内ではWeezer大合唱。みんな大好きです。

Punsuca

2010年のSXSWMaruosa氏と一緒に来ていたレーベルde-fragmentオーナーの宮城さんにご挨拶。一度裸絵札観たかったんですよね。他にもPUNSUCAMaruosa氏も出ていたのですが、濃過ぎるイベントでした。(上の写真はPUNSUCA演奏中)

ライブを見終わった後、翌日ライブをやる神戸へ。途中ガストで夜ごはん。ここでツアーが始まってから一週間ぐらい経っていて、No Babiesとの信頼関係みたいなのがグッと強くなり、朝から晩までとにかくジョーク。みんなジョークばかりで何が本当なのかもわからないぐらいでした。ガストでもそんな感じでくだらない話ばかりしながらダラダラしてしまいそうだったけれど、BLONDnewHALFのジョニーくんから連絡があったので切り上げて神戸へ。

No Babies

神戸ではジョニーくんの家に泊めてもらったのですが、彼の家にはスタートレックのフィギュアや靴がたくさん置いてあって、メンバー一同大喜び。
ライブ前に古着が見たいと言うMisha (サックス)の要望を聞きハーバーランドへ。なんだかんだみんなはしゃいでいたのでいつの間にか時間が経っていて、ちょっと急いでサウンドチェックへ。神戸と言えばHelluva Lounge! 僕も一度ぐらいはやりたいと思っていた場所なので嬉しかったですね。ここでは去年5月に名古屋で会って以来のWater Faiも。くれちゃんはモノマネ大会の時会ってるけれど、バンドは久しぶり。相変わらずいいバンドですね。なんか悔しい。
この日は月曜日で、雨も降っていたにも関わらずたくさんお客さんが来てくれて、またまたいい反応ももらえたし、Water Faiとも打ち解けて、次にアメリカ行く時は~みたいな話もしてたしホントよかったです。

Gundam

神戸でのライブが終わったらそのまま名古屋へ。雨降ってたしちょっと不安もあったけれど無事到着。翌日は以前ニューヨークに住んでいて、現在は名古屋でナイスなセレクトショップを営む友人のお店へ。そこで急遽彼女の実家へ泊めてもらう事になり、その日の夜は波の音が聞こえる素晴らしいロケーション(夜だったので真っ暗だけど)で楽しく、そして快適な時間を過ごさせてもらいました。

夜が明けたか明けていないかぐらいの時間に出発し、新東名を通り東京へ。この日のライブは夜11時開始のオールナイト。なのでそんなに早く出る必要はなかったんですが、昼12時からライブ直前まで僕が友人のレコーディングをする事になっていたのでなんとしてでも昼までに渋谷に着いていなきゃいけなかったんですね。

Puffyshoes

週のど真ん中、水曜のオールナイト、しかも天気予報は雨から雪へと変わると言っていたのでどうなることか心配でしたが、予想外に多くの人に来てもらえていい夜になったんじゃないかなと。僕はPuffyshoesと一緒に3曲演奏したり、自分自身は一番最後で近藤康平さんのライブペインティングとご一緒させていただき、とてもいい経験をさせてもらいました。No Babiesは会場が広いのをいいことにツアー中一番動き回っていました。

K.D Japon

終わって外へ出ると雪は降っておらず、雨も止んでいて帰りの心配をしなくて済みました。夕方ぐらいまで寝かせてもらったあとは渋谷でゲームセンター組とディスクユニオン組に分かれ小一時間ほど楽しんだあとはなぎ食堂でディナー。毎日の事だったけれど、No Babiesはみんな本当に仲良しで、朝起きた瞬間から寝るギリギリまで何かしらジョークを交えて会話を続けてて、こういう食事の時は結構静かになるっていうちょっとアメリカ人らしくない(といってもそれぞれのバックグラウンドを考えればみんながみんなアメリカ人というわけではない)一面もあったり。なぎ食堂でも食べ終わってからくだらない事ばかりしていて、時間があっという間に経ってました。

道路が凍結していない事を祈りつつ名古屋へ。特に何事もなく名古屋へ着いたらラーメン屋へ。にんにく山盛りでなんか味どうなんだろうと思いつつ、みんなが楽しそうに食べている様子を眺めるのがまた楽しい。僕の家に行きすぐ就寝。翌日は昼前に起きダラダラし、昼ご飯に回転寿司はどうかと尋ねたらみんな一斉にうなづいたのでスシローへ。ここでもまたおふざけ全開。

Dororonica

Freedom

名古屋公演を決めた時、この二つしかないと思ったドロロニカフリーダム。それをK/D Japonでやれたのは本当によかったなと思います。来てくれたお客さんもみんな笑顔で、最後は集合写真を撮ったり。この日は急遽僕も一緒にNo Babiesと一曲演奏することが決まったので余分に緊張していましたが、割と上手くいったんじゃないかな。
片付けてから串太郎Free City NoiseSika Sikaで絶賛活躍中のスージードロロニカの三人とプチ打ち上げ。味噌おでんをおいしそうに食べてました。それからまたラーメン。。。

Mt. Fuji

いよいよツアー最終公演の高円寺ドムスタでのGorilla Stepへ。準備をしながら、「僕は今日はもうライブしないしいらない物は下ろしとかないと」と言ったら、「そんな事あるわけないだろ!」と。意味がわからなかったので、「もしかしてまた一緒にやる?」と聞いたら、「もちろんだよ! 昨日すごくよかったし。」と言われたのでギター等必要な物は残しておきました。
また天気が若干不安だったので海沿いルートで向かっていると静岡の半ばぐらいから山側の様子が明らかにおかしかったし、清水抜けてる時は雪がチラチラしていたので正解だったなと思っていたら眼前に富士山が。No Babies一同大興奮。サービスエリアに入りピクチャータイム。みんながLauraを抱えてました。端から見たら怪し過ぎる集団でしたね、ごめんなさい。一通り写真を撮り、休憩もできたので再び高速を走り東京に着いたのが夕方5時少し前。そこから高円寺までが混みまくりで時間かかっちゃったけれども6時ぐらいに到着。
機材を下し、車を停めてからは別行動。きちんと教えたつもりが品川駅で迷子になったNo Babiesがそのまま戻ってこれないんじゃないかと焦り半分面白さ半分で待ってたら無事帰ってきました。それからヴィーガンカフェらしきところへ連れていってもらったら店内に飾ってあった絵が水曜にご一緒した近藤康平さんの作品でびっくり。その後No Babiesはまたゲームセンターへ。僕は会場でガガキライズと話しつつ様子を見ているとどんどん人が。高円寺恐るべし。

No Babies

とにかく人が多くて、すごくにぎやかで楽しいイベントでした。No Babiesもみんな楽しんでいたし、餅もおいしくいただいてたしで感謝。この企画はガガキライズ十代暴動社の長州の合同で、僕とガガキライズのオークランドでのライブが本当にカオスで楽しかったから、それに対してのお返しとあれに近い感じを出したかったと言っていたので、それは本当に上手くいったと思うし、きちんと伝わったと思う。ツアー最後のライブがこれでよかった。

The Tour Ending

二週間のツアー最後の日、関空までの道中であった最高に笑える話はここでは書けないけれど、Facebookで本人が書いていたので興味がある方は探してみてください。

単純な恩返しのつもりでのんきな感じで話を始めてしまって、いろいろ進めていくうちにそんな簡単な事じゃないって気づいたけれど当然後戻りできるはずもなく、とにかく無事に終わらせる事を目標に準備してきました。たくさんの友人に助けられました。一人では何もやれずに失敗に終わっていました。こういうのを仕事にするわけではないので、こんなスタンスでやったのですが、至らなかった部分に関しては次があればその時に改善し、友人にももっと恩返しができるようになれたらな、と。
今回バンドと話をして、諸々交渉をして、ツアー中の運転を僕が一人でやったのですが、ツアー全体としては僕は何もしていなくて、友人、知人、みんなの協力で成り立っていました。こんなところで申し訳ないんですが、Jailbird Yのあんくん、BLONDnewHALFのジョニーくん、FLUIDのジャックさん、odd eyesのしゅうとくん、OUTATBEROの倉持さん、加藤くん、さかいくん、ガガキライズの吉澤くんと井上くん、長州、みえこさん、みりちゃん、しおりちゃん、ゆうこちゃん、ゆきちゃんとゆきちゃんのお父さんお母さん、本当にありがとうございました! また共演してくれたJailbird YrallinanaWave Of MutilationStabiloFLUIDV/ACATIONodd eyesmy exHollywood Massage VibrationCosmic NeuroseBLONDnewHALFWater Faiaprès-guerre na・potoTVTVNi-Hao!de!nial近藤康平さんおまわりさんotoriMUDDY WORLDKuruucrewgroup AM§✝§NA!とぅるんとぅんSYNZOSIZERパジャマパーティーズHave a Nice Day!DIGZIGチミドロFat Fox FanclubNakayoshi GroupAmeri B.CPink Politicsそしてガガキライズ! ありがとうございました!!

来てくれた全てのお客さんもありがとうございました!!

No Babiesはきっとまた来ると思うので、またその時に会いに来てやってください!


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2013-02-08 12:00 | all music i love
Purely Evil #04 [No Babies Japan Tour In Nagoya]
d0059740_16574596.jpg

d0059740_16575154.jpg


AGGP Presents Purely Evil #04
No Babies Japan Tour 2013

January 25, 2013
At Tsurumai K.D Japon

No Babies from Oakland, CA, US
Facebook
Bandcamp

フリーダム (FREEDOM)
Web

ドロロニカ (DORORONICA)
Web

VVDBLK
Facebook
Bandcamp


今年3月にカリフォルニア州オークランドでのライブを仕切ってくれて、そして盛り上げてくれたSeanがドラムを叩くNo Babiesとツアーします。その中の一つがこれです。自分の地元名古屋の一番好きな場所K.D Japonでやります。
No BabiesSeanとは2010年のSXXSWDeath Sentence: PANDA!と一緒に来ていて、その時に紹介してもらったのが最初。それからFacebookでやりとりをしていくうちに仲良くなって、今年のガガキライズとのカリフォルニアツアーも協力してくれたって感じで、彼らが日本に行きたいってことならできることはしてあげたいなと思っていたので今回のツアーを一緒に回ることにしました。
まだツアー自体の詳細は未定の部分もあるのでまだアナウンスはできないのですが、面白い事になりそうで楽しみです。

Facebook イベントページ
https://www.facebook.com/events/240577766069002/

AGGP tumblr
Purely Evil #04

予約や問い合わせはaghostlyghostproductions at gmail dot comまで。
予約のみの場合はK.D Japonへ直接連絡してもらっても大丈夫です。






人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2013-01-25 18:00 | live
7 Days War
d0059740_18431628.jpg

d0059740_18432797.jpg


今週日曜にこういうイベントに参加させていただきます!
THISIS(NOT)MAGAZINEからせっかくなのでそのまま転載。(いちいちこちらでリンク貼るのがめんどくさいだけ)

d0059740_18434246.png


2012年12月2日(日)

7DAYSWAR 1stDAY!!!

THISIS(NOT)MAGAZINE presents..."START TO DAY!"



15:00 OPEN/START

入場料 :¥1000


///LIVE ACT///



HADA



名古屋のアンダーグラウンド非ップ呆ップ代表、HADA。映像作家としても活動中。最高にいかしてます。俺のコック、未だ募集中!

http://hada.nobody.jp/








・MARK  (from 東京)



えぐり出すかのように、全てをさらけ出すかのように、歌って叫んで泣いて笑う、東京の女性SSW。

2年程前にECDさんを幣誌でインタビューした際、今気になるアーティストは?という問いに返ってきた答えが彼女でした。また、つい最近行われた東京で一番おもしろいバンド「どついたるねん」のワンマンのオープニングアクトとして出演するほか、渋谷UPLINKでDustin Wongと共演するなど、さまざまなアーティス/ミュージシャンから注目を浴びています。名古屋でのライブはおそらく貴重です。しかと受け止めて下さい。

http://myrel.exblog.jp/13457829




・SIMA (小鳥美術館)



相方の館長(Gt.)とのデュオ編成ユニット「小鳥美術館」として、名古屋で活動する女性SSW。今年10月に開催された野外フェスOTONOTANI2012では以前から交流のある田中磬さん(ショピン/ex.SAKEROCK)がウッドベースで参加しての3人編成で登場し会場を湧かせた。この日は、島なぎさとしてのソロ編成で出演。なお、SIMAという表記は今回共演の他の二人に合わせてくれたそうです。







///TALK SESSION///



16:00〜(90分の予定)

トークテーマ:「名古屋っておもしろいの?」

僕は普段から名古屋を中心にイベントを企画したり、遊んだりする中で、紛いなりにもカルチャーと呼ばれる類いの周辺をうろちょろしていますが、じゃあ「名古屋っておもしろいの?」と聞かれると答えは「?」で。。。とにかく面白いアーティストやクリエイターは存在していると思うし、おもしろい小さなコミュニティやスポットは存在しているのは確かなんです。

が、

なかなか盛り上がっている感じはしません。他地域もそうなのかもしれないけど、かなりいろんな意味で乖離している気がします。
それには「カルチャースポット」と呼べる場所が極めて少ない(他の大規模都市である大阪、京都、東京なんかと比べて)ことなんかも関係しているかもしれません。

土屋さんから飛び出したショッピングモール論も然り、様々な要素がミックスしあって、大きなうねりになるきっかけすら発生しにくい環境/状況なのかな〜と勝手に考えていました。


が、
じゃあ皆はどう思ってるんだろう?

そんな個人的な疑問を投げかけさせてもらって、
そこからみんなそれぞれの現状をもっとおもしろくできそうな何かしらのヒントを見出せたら、と思っています。


黒田義隆 ( ON READING )

全国的にも支持を集めるセレクトブックショップ「ON READING」、出版レーベル「ELVISPRESSを企画/運営。 http://www.onreading.jp/

上原敏(SCHOP )

名古屋のインディーカルチャーを支えてきたフリーマガジン「SCHOP」編集長(現在、同誌は休刊中)。名古屋のブックシーンをつなげ、広げていく団体「BOOKMARK NAGOYA」を黒田さん、シマウマ書房鈴木さんとともに主催/運営している。

http://schop.boo.jp/
http://www.bookmark-ngy.com/

土屋主税( 6EYES )

名古屋を拠点に活動を続けるリヴィングレジェンド「6EYES」のKey.Vo.。言わずと知れた名古屋のカリスマ。現在は一児の父。

http://www.6eyes.jp/

五味秀明(THE ACT WE ACT )

同じく、名古屋を中心に活動を続けるハードコアナードバンド「THE ACT WE ACT」のVo.。Killerpass林くんとともに今回の7日間連続イベント"7DaysWar"を主催。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=sasapop

鈴木香織(Summer Of Fan / iscollage collective)
名古屋を拠点に音楽レーベルSummer Of Fan / iscollage collective主宰し、名盤を多数リリース。10月末に6EYESの初の7inch作品をリリース。さらに、ライブ企画のブッキングなども多数。日本全国、西へ東へ、雲に乗って移動しているという噂や、インターネット上だけの存在なのでは?という疑問も持たれている謎の人物。http://iscollagecollective.org/

http://summer-of-fan.tumblr.com/

・武部敬俊(THISIS(NOT)MAGAZINE)
岐阜在住。雑誌THISIS(NOT)MAGAZINEのリリースが限りなく停まっていますが、これまでに4冊リリースしています。名古屋エリアを中心にライブイベントを企画したりしていて、最近はそっちのほうが忙しく、1月にはZsの来日イベント、2月にも都内在住のアーティストの名古屋公演を2本企画中です。過去に大阪で雑誌の編集長を6人集まってのトークイベント「MAGAZINE NOW」をやったんですが、そんときにだいぶ自分の喋りのダメさが露呈されたので今回のトークイベントはかなり緊張しています。

※その他、会場内にはさまざまな面白い人が集まっていますので、ここに名前のない方も会場にいる全ての人がスピーカーです。というか、そうなってもらえるようなワイワイとしたクロストークが生まれたらいいな、と思っています。


///SHOP///

ON READING (名古屋) ///本、ZINE、雑貨

国内外の本、ZINEをセレクト。店主の黒田さんは元バンドマンでベーシスト。ちなみにギャラリーも併設しているON READINGでは、ちょうどこの日は写真家・植本一子さん(ECDさんの奥さんとしても有名)の個展が開催中です! 246スタジオから徒歩2分なのでぜひ寄ってみて。http://www.onreading.jp/


EGYPT RECORDS(大阪)///CD、レコード、ZINE、てんしん君(ジョセフアルフポルカ)の即席似顔絵缶バッチ!

元々は出張出店&ウェブショップだったが、現在は東大阪の布施という昔ながらの商店街に店を構える。ライブレコーディングシリーズでの音源リリースも敢行中。それぞれバンド活動も続ける、ケンゾー君&N村さん、そして難波ベアーズでブッキングもする黒瀬さんたちによるチームでの運営。当日はケンゾー君がひとりでひょっこり現れます。http://egypt-rec.com/


d0059740_184506.jpg


EGYPT RECORDSをイメージして... 画:てんしんくん



NOT PILLAR BOOKS (京都)///本、ZINE


京都にて移動出店型のショップとウェブショップを運営。最近出町柳のアパートの一室にて、実店舗も週末のみ開店中。店主の桂さんの人柄もお話も大好きなんですが、なんだかんだでココでしか手に入らないレアなZINEをばっちり押さえてるハードコアなラインナップにハマる人はハマってほしい〜! 女子にも大人気のON READINGとはある種、対照的な男っぽさは、2人とも元々バンドマンで片や黒田さんはシティポップ感のある90's渋谷系的なベースマンであったのに対して、NOT PILLAR桂さんは超絶ハードコアドラマーっていうそこにはやっぱり音楽が流れてる感じがおもしろいです。http://notpillar.com/







最近は「iRaza Si!」という山本精一さんも参加したことで話題のZINEを企画/制作。


d0059740_18452791.jpg


きっと現物も持ってきてくれるはず!? 要チェックです!! http://razasi.tumblr.com/


migiwa disc (三重) ///CD、レコード
三重在住で、主に名古屋のイベントで出店(WEBSHOPもあり)。非流通音源、CD-R作品などをメインに取り扱っているので名古屋エリアではなかなか手に入らないものも多く扱っています。現在、社会の荒波に飲まれながらもSummer Of Fan、Jerryfish、THISIS(NOT)MAGAZINEのイベントなどのお手伝いもしたりしている好青年・岡君がやってます。http://migiwadisc.com/


野網農園 (岐阜)///新鮮な野菜
岐阜県揖斐高原にて毎年開催される秋フェス「OTONOTANI」の主催メンバー。今回はメンバーのひとりで、「夕食」というバンド(Maher Shalal Hash Bazの工藤冬里プロデュースによる作品をリリースしたり、Maher Shalal Hash Bazメンバーとして海外のフェスにも出演)でも活動しつつ、農業を営む野網さんが自慢のとれたて野菜を抱えて出店。以前にクアトロで行われた幣誌主催イベントでは拾った石を売っていたので、今回も石売りの可能性が無きにしもあらず!


Sundwich =蛯名+石垣+椙尾+溝田+松永+STOMACHACHE. ともえやん)///あなたのロゴマークをデザインします!

6人組のデザイナー集団。代表の蛯名くんとは、けっこう昔からの知り合いで、OTONOTANI会場でTHISIS(NOT)MAGAZINEを見てすごく褒めてくれた人(笑)。今回は、それぞれ個性豊かなデザイナー/クリエイターたちがデザインで大喜利?!するという企画で出店。僕もロゴつくってもらお〜っと思ってます。人気イラストレーターSTOMACHACHE. のともえちゃんも所属!



KAKUOUZAN LARDER ///珈琲 and more

今年、10月に閉店した「喫茶Jaaja」跡地に店を構える、ニューカフェ「KAKUOZAN LARDER」が出張出店!過去に、ソフテロALL OF THE WORLDBEAVERBOYSなどに在籍していた最高にイカした、ギタリスト・ニワさんが店主!絶対いいね!




CD!レコード!古着!私物大放出!フリマゾーン///


Joe (VVDBLK) 
VVDBLKというノイズソロユニットや、AGGPというレーベルの運営なども行う、ジョー君。近日来日予定のNO BABIESのジャパンツアーのサポートも務める。


Kim morrison

名古屋では珍しいクラブ、ライブハウス、フェス、いろんなところに現れる、そんな神出鬼没なイメージ...のDJ! kim morrisonさん。

http://kimmorrison1981.blogspot.jp/


SIKASIKA

3女1男の4人組パンクバンドSIKASIKA。鹿児島、京都、名古屋×2とメンバーが散り散りにながらも現在は活動再開に向け鋭意充電中!? 今回奇跡的に名古屋に集結し、246スタジオで練習&出店! ちあきちゃんのメタルTシャツ!? めめちゃんのお菓子!? スージーはレコード!? かずともくんは馬刺!? 何が並ぶかは当日までのお楽しみ!http://jp.myspace.com/4ka4ka



以上!



当日、これら全員の紹介を交えた、相関図的なTHISIS(NOT)MAGAZINE増刊号「特集:名古屋っておもしろいの!?」を製作中ですので、お楽しみに!



どうぞ皆様、宜しくお願いします



12月2日(日)は、東山公園駅3番出口直結のstudio246NAGOYAへGO!






というわけで僕は7月の浜松と同じくバンドT、レコードを中心に今回は機材も少し放出予定!
お楽しみに!!


人気ブログランキングへ
タグ:
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-11-26 19:22 | event