タグ:Noise ( 7 ) タグの人気記事
100 disks in the 00s: Burmese - Men LP (2004)
d0059740_0514824.jpg


2000年代を振り返ると必ず思い出すサンフランシスコの変態ドゥームバンドBurmeseの5枚目のアルバム。
この当時はベース二人とドラム二人という編成で、ライブはどうだったか知らないけれど、音源はアホ全開のひたすらユニゾンで同じリフを繰り返すというその編成の意味は何かを問わずにはいられない曲ばかりが6曲詰め込まれた衝撃の一枚。
このアルバムに出会ってしまったせいで他のも買わなきゃいけなくなり、Sightings同様、レコードで出ている物はほぼ全部購入してしまった。
それぐらい僕にとっては印象的で、なぜかグッときたバンド。最高です。







人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2013-08-13 01:01 | all music i love
New recordings
d0059740_17141664.jpg


Bandcamp

ちょっと新しく機材を導入したので試しに録音したものですが、割と気持ちよくできてると思います。
フリーですのでよければぜひ。

d0059740_17152292.jpg


こちらは5月に録音して、5/27のライブの時にDLコード付き耳栓として販売したものです。
それでしか聴く事ができないのでライブ会場へ足を運んでいただいて買って欲しい思います。
今週末もいくつか持っていきます。





人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-07-11 17:18 | live
People Who Do Noise


アメリカ、オレゴン州ポートランドでノイズを奏でる人たちにスポットを当て、インタビューを行っていく素敵な内容。昨年File-Underにも入荷はあったのだけど、未見だったので発見して感動しました。

かの地の代表格Smegmaを含む総勢14組のアーティスト/バンドが登場。それぞれが独自の方法論でノイズを奏でていて、ノイズミュージックというカテゴリーが何を意味し、どんな音が溢れているのかを知るのにぴったりな内容。ノイズと言っても一言では片付けられない程いろいろな種類の音が存在し、同じような音を出すための方法も必ずしも同じというわけではないのもよくわかるので、勉強にもなりますね。また、多少なりポートランドがどんな街かという事にも触れられているので、何故今人がポートランドに集まっていくのかも知る事ができそうです。

http://www.amazon.com/People-Who-Do-Noise-Various/dp/B001MVB77Q

Josh HydemanPrurientに似たスタイルで、音も好み。




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-11-13 20:40 | YouTube
庭+VVDBLK
3/26の名古屋リフレクトスタジオでの自分企画から始まり、二週間で3回のライブをやるという、どこに需要が? となってしまう二週間が終わりました。その中でもやはり4/3の浜松ルクレチアでのライブはとても良かったです。

去年の沼津でのライブから二回一緒にやってもらってる浜松のMidas TouchのPujariさんがこの企画をしていて、東京からSister Paulde!nialを迎える、という話を聞いたのが1/30の企画の時。そこで静岡のノイズバンドと一緒にやらないかと言われて、すごく嬉しかったのを今もはっきり覚えています。そんな素晴らしいメンツの中でやらせてもらえるなんて。

当日は僕との二人の三人でやったんですが、アンプを6台半円状に並べて、ステージの床に各々のペダル類をずらーっと並べるって感じでした。ステージは完全にペダルで埋まってました。想像を絶する程でかい音が出ていたのですが、演奏している僕はそこまで耳にはきませんでした。優しい爆音?

ラインではないですが、録音していてもらったのでここにアップしてあります。是非聴いてみてください。アンプのボリュームは全部全開でした。

http://vividblack.bandcamp.com/album/live-at-hamamatsu-lucrezia-2011-04-03

また一緒にやりたいです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-04-10 11:01 | live
100 disks in the 00s: Hair Police - Obedience Cuts (2004)
d0059740_18303424.jpg


最初の出会いはなんだったのかさっぱり覚えていないのだけど、名前含めとにかく印象深かったHair Policeの2004年発表のObedience CutsはニューヨークのKim's Video And Musicという店で購入。二回目のニューヨークだったかな。これに収録されている曲はどれも最高な音が詰まってて、人にどれか一枚薦めるなら必ずこれ。なのだけど、廃盤だから入手は困難かもしれないという事実。見つけたら即買いです。

とにもかくにも僕のノイズへの道を大きく広げた重要な一枚。2008年夏、トロントで彼らのライブを観る事ができたのは生涯忘れない。

http://www.gnarlytimes.com/



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2010-10-23 19:27 | all music i love
VVDBLK Bandcamp
少し前にBandcampのアカウント作りまして、機材も少し増やしたので録音したものをアップしてあります。もちろんフリーダウンロードですので気に入ったなら是非ダウンロードしてください。

今後もう少しまともな曲もアップしていきます。

d0059740_16175164.jpg



d0059740_16181022.jpg



試聴、ダウンロードはこちらから。




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2010-08-07 16:19 | all music i love
100 disks in the 00s: Liars - They Were Wrong, So We Drowned (2004)
d0059740_21201396.jpg


一番好きなアルバムは?って聞かれたら四枚目のセルフタイトルと迷うのだけど、衝撃ならやはりこのセカンドアルバム。

2003年の現在も語り継がれる奇跡の来日。その当時恋人同士だったこともあり実現した(と思われる)Yeah Yeah YeahsLiarsのカップリングツアー時に披露され、ファーストアルバムを期待してやってきた客の脳味噌を一瞬にして吹き飛ばしたドロドロのノイズにまみれた暗黒ダンスグルーヴがびっしり詰め込まれたこのアルバムは、この後のシーンを占いながらも、ベルリンへ移住し離脱も同時に行ってしまった怪作。

鉄屑の山に憧れたオーストラリア出身のアート学生が産み出したダンスミュージック。


Liars Official




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2010-07-17 21:28 | all music i love