タグ:Reissue ( 3 ) タグの人気記事
Hole - Celebrity Skin
d0059740_20283656.jpg

待望の再発は毎度毎度おいしいところをライセンスし、再発しているオランダのMusic On Vinylから。
2011年にPretty On The Insideは再発されていたものの、肝心のセカンドLive Through ThisとこのCelebrity Skinはないままだったので、ライセンスの関係じゃないかと話をしていたところへ再発の知らせ。
ようやく届いたのですが残念ながらカラー盤ではなかったです。

内容については何も書く事ないと思いますが、解散前の最後のアルバムで復活後のアレはなかったことにしたいぐらい。
Celebrity Skinがリリースされた当時僕はちょうど20歳で、某アパレルショップで働いていた頃。
今みたいにレコードばかりを買うってこともなかったので当然のように日本盤のCDしか持っておらず、その後中古でもなかなか見かけることもなくここまで来てしまいました。
僕も若かった事もあってこのアルバムの本当の良さみたいな部分はわからないまま、なんとなくでしか聴いていなかったのですが、アレから15年も経つとそれなりに耳に入ってきた音楽の種類も数も多くなり、また違った観点で聴けるようになるんですね。
それで改めて聴くとメジャーでお金をかけなきゃできなさそうなプロダクションの質の高さみたいな、曖昧だけどお金のかけ方が顕著に出るところに耳がいき、それの良さがわかってきたんじゃないかなぁと。
そういう意味でいいタイミングで再発きましたね。

1曲目はアルバムのタイトルでもあるCelebrity Skinで、これはもう疑いようがないほどの名曲と思うのですが、他にもAwfulだったりMalibuだったりいい曲が。
前作Live Through Thisと明らかに違うのは、テンポの遅い曲ではっきりしてますね。
最早同じバンドかと思ってしまうほど。
これは当時も今も変わらず驚くポイント。



まぁとにかく名盤ってことで。


[PR]
by soundfreak1978 | 2014-03-07 20:48 | all music i love
Codeine - When I See The Sun 6LP+3CD Boxset (2012)
d0059740_14134728.jpg


d0059740_1415103.jpg


その昔探していて、あまりにも見つからないし、見つかったとしても高いしであきらめてから何年か過ぎました。
そうこうしていたら嬉しいニュースがありました。

Sub PopGlitterhouseからリリースしていたニューヨークのSlowcoreバンドCodeineの2枚のLPと1枚の12インチの再発ボックスセット。
それぞれ二枚組となっていて、全ての収録曲にデモ音源、セッション音源、7インチでしかりリースされていなかった曲などを聴く事ができます。
それプラス同内容のCDも付いているのでLPが6枚にCDが3枚というとんでもないボリュームのセットに!
音の重さ以上にフィジカルな重さも相当です。

最近SlintSpiderlandのTシャツがどこかで販売されているのを見たし、再評価がどうのって文も見かけたのだけど、同じSlowcoreにカテゴライズされるバンドなのだけど、Slintに比べると凶暴性というか残虐性が薄く、歌のメロディはどこかしらポップな印象で僕はCodeineの方が好みなんです。
しかしなかなか見つからないというジレンマからようやく解放された。
もちろんCDだったら簡単に見つかるのだけど、どうしたってレコードの方がいいので。。

ファーストFrigid Stars LPのTシャツあったら欲しいな。






人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-07-11 14:51 | all music i love
Sightings - Michigan Haters LP (2011)
d0059740_0345033.jpg


2002年にPsych-O-PathからリリースされていたSightingsのセカンドアルバムMichigan Hatersがこの度めでたく再発。と言ってもただの再発なら持ってるし買わないのだけど、CDオンリーだったこのアルバムがアナログで再発。というわけで買わない理由がどこにも見当たらないのです。

そもそもこのアルバムの存在は知らなかったんです、当時。Loadから同年にリリースされていたセルフタイトルは持っていて、愛聴盤だったんですが。まだその頃はミクシが面白く、そこで知り合った人に教えてもらったか、何か本で見た気が。それですぐどこだかで買ったんです。最近のSightingsは割とミニマルで電流抑え気味なんですが、これらの二枚とその後のAbsolutesまではとにかく爆音。録音の方法も変わったのか、爆音というよりも割れてる感じに近い音が垂れ流し。それで十分だったと思います。

で、この再発を知った時に改めてこのアルバムを聴いたんですが、やはりうるさい。とにかくうるさい。ドラムも叩きまくり。ここ最近になってSightingsを知った人にこそこの再発で手に取ってもらいたいアルバム。最高です。




人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2011-05-10 00:48 | all music i love