タグ:US Indie ( 273 ) タグの人気記事
You Me & Us Live At SXSW 2012


一体いつのだって話なんですがYou Me & Usが唯一SXSWで演奏した時の映像。
直前になって一つだけ決まったよって連絡があったのでなんとしてでも観に行かないとって感じで。
この日は午前中にTシャツ取りにバスに揺られて行ったら"コンベンションセンターにいるからオフィスは開いてないよ"と張り紙が。
すぐに書いてあった番号に電話して僕の荷物はそっちにあるのかだけ確認してまたバスに乗ってダウンタウンへ戻って、無事Tシャツを受け取って昼ご飯にモンゴリアン行ってから会場向かってる時にちょうどYou Me & Usと遭遇したなぁ。
お互い会うのは初めてだけどやりとりはしてたし、顔は写真で知ってたからすぐにわかった。
Carleeが思っていた以上に小さくてかわいかったな。

You Me & Us

You Me & Us

ここは初めてのSXSWの時に飛行機の中で知り合ったArpを観に来た場所。
いかにもって感じのバーで、あんまりインディ向きな雰囲気ではないけどなんか強い酒をただでもらったし、昼間はそんなに人も多くなかったからまだよかった。

ライブが終わったあと一緒にデリ行ってしばらく談笑したのちみんなで歩いてガガキライズの演奏を観に行きました。

d0059740_0334724.jpg


現在ベースのJosephは抜けて(そもそも彼はケンタッキーに住んでいて、ツアーのサポートという形での参加だったらしい) CarleeIgnacioのデュオになっての活動。
この前新しいデモの音源を送ってもらったけれど、それがまたいい感じでこれからも楽しみ!

You Me & Us SoundCloud


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-08-26 00:36 | all music i love
Finally Punk - Primary Colors/Local Live Cassette (2008)
d0059740_1624357.jpg
d0059740_162139.jpg


2008年のSXSWの時、映画館でのショウケースで初めてFinally Punkを観た時に買ってからなかなか聴く機会がなかったカセットテープ。
迷路になっているカバーアートも彼女ららしくていいこのカセットは、タイトルにもある2009年にリリースされた7インチPrimary Colorsから3曲収録されていて、僕の大好きなBoyfriend Applicationが一番最初にきていて嬉しい。
それとラジオのセッションから9曲。
ライブの映像もそこまでたくさんあるわけではないし、今となっては観る事も叶わないだけにこういうのでもライブの様子がわかる音源があるというのはいいことだと思います。
そんなにたくさんは作ってなさそうだけど。。

これを買った時のライブの写真はこんな感じ。

SXSW 2008/03/14

SXSW 2008/03/14

今も全く駄目だけどこの頃はまだこのカメラを買ってそんなに時間経ってなくて、どうやったら自分が思ういい写真が撮れるのかさっぱりわからなかったので。。。


下のリンクからダウンロードできるようにしましたのでよかったら聴いてください。
ある程度時間が過ぎたらリンクは削除しますのでお早めに。

Finally Punk - Primary Colors/Local Live Cassette

人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-08-17 16:16 | all music i love
Gun Outfit - Gun Outfit Cassette (2012)
d0059740_17154267.jpg


一時帰国中のシノくんが先日アメリカでライブを観た際に買ってくれたGun Outfitの新しいカセット。
他にいくつか出ているカセットに収録されてる曲は知らないのでなんとも言えないけれど、On The Beach以外はオフィシャル音源には未収。
ライブやセッションのコンピレーションなので音がいいわけではないけれど、ライブの生々しさは伝わってくるのでまたライブが観たくなりました。

このバンドはここ日本において本当に過小評価なのでもっともっと知ってもらえると嬉しい。
Dinosaur JrBeat HappeningSonic Youth好きな人は是非チェックして欲しいです。



暗くてわかりにくいですが、音は綺麗に聞こえますね。
今年のBroken Waterとのツアーの様子のようです。



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-08-16 17:25 | all music i love
La Sera - La Sera + Demos Cassette (2012)
d0059740_13393982.png


今年リリースのセカンドアルバム"Sees The Light"も最高なVivian GirlsKaty GoodmanのサイドプロジェクトLa Seraの昨年リリースのデビューアルバムにデモ8曲をプラスしたカセットをBurger Recordsがリリース。
内容はもう書くまでもないですけど、改めて聴きながらKatyのセンスの良さを確認しています。
デモには未発表になっている曲も収録されているのでなくならないうちに購入することをおすすめします。
300本限定で、レーベルはもう廃盤のようです!
http://www.burgerrecords.org/apps/webstore/products/show/2988714

日本のThe Stone Recordsではまだ買えるようですね。
http://stone-records.shop-pro.jp/?pid=44390017


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-08-13 13:48 | all music i love
Deep Time - Self Titled LP (2012)
d0059740_2021683.jpg


このLPの1曲目Bermuda Triangleの7インチはM'lady'sからリリースされていて、同じく2009年にWild WorldからリリースされていたLPもここからリプレスされていた。
ここまではYellowFever名義での活動で、このLPからはDeep Timeに改められ、レーベルもよりしっかりしているHardly Artから。

ボーカル/ギターのJennifer Mooreは元々Voxtrotで活動をしていた人で、その後Finally PunkVeronicaStephanie (現在Dunesで活動)とErin (Veronicaと共にMutating Meltdownでも活動し、現在はHatchet Woundにて)と一緒にThe Carrotsでの活動と並行してYellowFeverをやってきていたんです。
The Carrots自体がサイドプロジェクトだったので7インチを2枚出しておしまい。
それからはYellowFeverに専念し、Vivian Girlsが運営するWild Worldからアルバムをリリースしたのが2009年。
ジャケットのアートワークをCassieが描いたというのも個人的には印象的でしたね。

それからしばらく音沙汰ないなと思っていたらM'lady'sからリプレスと7インチのリリースがあり、その少し後になってバンド名が変わるというニュースを目にしてなんでかなと思ってました。
理由は調べてないのでわからないんですが、目立たないバンド名になりましたね(笑)

しかし音にはなんの変化もなく、捻くれたポップなポストパンクを鳴らしています。
サンフランシスコの、今年素晴らしいアルバムを出したGrass Widowに通ずる、というか実際仲良さそうですね。
前よりはスカスカ感が減った気はするけどそれでもまだスッカスカ。
でも内容はいいです。





人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-07-11 20:36 | all music i love
Codeine - When I See The Sun 6LP+3CD Boxset (2012)
d0059740_14134728.jpg


d0059740_1415103.jpg


その昔探していて、あまりにも見つからないし、見つかったとしても高いしであきらめてから何年か過ぎました。
そうこうしていたら嬉しいニュースがありました。

Sub PopGlitterhouseからリリースしていたニューヨークのSlowcoreバンドCodeineの2枚のLPと1枚の12インチの再発ボックスセット。
それぞれ二枚組となっていて、全ての収録曲にデモ音源、セッション音源、7インチでしかりリースされていなかった曲などを聴く事ができます。
それプラス同内容のCDも付いているのでLPが6枚にCDが3枚というとんでもないボリュームのセットに!
音の重さ以上にフィジカルな重さも相当です。

最近SlintSpiderlandのTシャツがどこかで販売されているのを見たし、再評価がどうのって文も見かけたのだけど、同じSlowcoreにカテゴライズされるバンドなのだけど、Slintに比べると凶暴性というか残虐性が薄く、歌のメロディはどこかしらポップな印象で僕はCodeineの方が好みなんです。
しかしなかなか見つからないというジレンマからようやく解放された。
もちろんCDだったら簡単に見つかるのだけど、どうしたってレコードの方がいいので。。

ファーストFrigid Stars LPのTシャツあったら欲しいな。






人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-07-11 14:51 | all music i love
Someone Still Loves You Boris Yeltsin Japan Tour
http://moorworks.com/sslyby-tour

d0059740_2044577.jpg



ミズーリ州スプリングフィールド出身のフィル、ジョン、ウィル、ジョナサンによる4人組ギターロックバンド。人気ドラマ『O.C.』で楽曲を使用され話題となる。ウィーザー、ペイヴメントを引き合いに 出されるポップでキャッチーなメロディーで人気を呼ぶ。

本国アメリカでは名門インディー・レーベル、ポリヴァイナルに所属。デス・キャブ・フォー・キューティーのギタリスト、クリス・ウォラをプロデューサーに迎えて制作されたサードアルバム『レット・イット・スウェイ』で日本デビューを果たし、スマッシュ・ヒットを記録する。

昨年末には『テープ・クラブ』をリリース、そして今年2012年バンド初となる来日公演が決定!夏の始まりと共に約14日間に及ぶ SSLYBY Japna Tour が開催されます!

Moorworks SSLYBY Japan Tour特設ページより



アメリカからSomeone Still Loves You Boris Yeltsinがやってきます!
密かに待ち侘びていた人も多いこのバンド、説明は上記の通り。
彼らを知って初めてエリツィン元大統領のフルネームやスペルを知った人も多いのでは? (僕がそうです。)

以下は公演日程。


6/28 柏616
6/29 仙台 BIRDLAND
6/30 渋谷 SECO BAR
7/01 神戸 Helluva Lounge
7/02 松山 星空JETT
7/03 福岡 ROOMS
7/04 熊本 NAVARO
7/05 広島 4.14 Thank you sold out!
7/06 名古屋 KD Japon
7/07 大阪 地下一階
7/08 大宮 More Records
7/09 渋谷 O-NEST
7/10 渋谷 残響SHOP
7/11 宇都宮 HELLO DOLLY


広島公演は既にソールドアウトとなっています。
チケットや問い合わせは上記のリンクから確認の上、お願いします。





名古屋公演はみんな大好きK.D Japonで再結成でのライブも話題だったSick Of Recorderと名古屋の新進気鋭The Momentsが脇をがっちり固めています。
楽しみですね。



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-06-23 20:47 | event
100 disks in the 00s: Sunday's Best - The Californian CD (2002)
d0059740_14564654.jpg


所謂エモとかには大して興味を持たず過ごしてきた中で、以前この100 disks in the 00sシリーズの中で書いたHey MercedesとこのSunday's Bestは別で。
というかHey MercedesはともかくSunday's Bestはエモかとどうかというとなんか違う気がするんですけど、世間的にはエモにカテゴライズされているようで。

相当甘いボーカルの声と単純にメロディの良さ、バンドとしての音が素晴らしい。
このバンドの特徴を他に挙げろと言われてもパッと思いつかない。
強いて挙げるならDeath Cab For Cutieと同じ様な若干ややこしい歌詞かなと。

The Californianはセカンドアルバムで彼らの最後のアルバム。
2003年に解散しメンバーはそれぞれThe Little OnesThe Jealous Soundなどで活動。






人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-06-19 15:12 | all music i love
Summer Twins - Summer Twins LP (2012)
d0059740_18153219.jpg



LAの郊外で育ったBrown姉妹を中心に結成されたSummer Twinsのセカンドアルバム。
同タイトル (というかセルフタイトルってだけですが)のカセットアルバムと同じくBurger Recordsから。
どこかで耳にしたことがありそうな60年代のポップスっぽいメロディに時折暗めのバラードもありで、とにかくフックのある曲目白押し。



夏でなくても夏を感じられそうな10曲。
行ったことがなくてもカリフォルニアが感じられる一枚。
セルアウトしてしまったBest Coastの代わりにこのSummer Twinsをターンテーブルに乗せてみては?








人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-06-10 18:10 | all music i love
Summer Girlfriends - Shockwaves LP (2012)
d0059740_182161.jpg



巷ではBest CoastのようなメロディとかDum Dum Girlsの名前が喩えに挙げられているシカゴのSummer GirlfriendsもデビューLPは地元シカゴのAddeenaというレーベルから。
恥ずかしながらこのレーベルのことは全然知らなかったんですが、EternalsThe Hollowsなんかを出してるまだ若いレーベルのようです。



音は所謂流行りの音には違いないんだけど、メンバー全員女の子ってだけで5割増な僕のダメな感性にはグッときます。
60年代からの引用は最早当然で、リバーブたっぷりのギターも当たり前。
しかしどことなく漂う90sな音。
それはきっとThe Likeがファーストで90年代を引きずりまくりのオルタナサウンドを鳴らし、セカンドで60年代へと回帰しながらも根っこは90年代のままで、それを隠し切れなかったのと一緒なんじゃないかなと。
アメリカの若いバンドの子たちって日本人の同年代よりも90年代半ばからの音に影響されてるなぁと。
that dog.の再結成なんて誰が得するのかと思いきや、たとえばVivian GirlsCassieXbxrxHawnay Troofで知られるVice Cooler (彼は若くないか)がすごく盛り上がっているし、今度Vivian Girlsのドラマーに復帰(?)のAliやその彼氏も大好き。




少し逸れたけれど、Summer Girlfriendsもそんな雰囲気が漂っているし、4曲目のGoth Beach PartyではCSSもカバーしていたL7Pretend We're Deadを引用した歌詞があったり。
今年の夏に大活躍しそう。

人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-06-10 18:00 | all music i love