タグ:Vinyl ( 56 ) タグの人気記事
Best 20 Albums 2012 [2]
残り10枚。本当はLa Seraが一番でもいいんだけど、そこは友人割引というか、やっぱり友達だときちんとした評価ができていないんじゃないかな、って事で。それじゃNu Sensaeはどうなのかと言われると。。

d0059740_19543548.jpg

10. Grass Widow - Internal Logic LP
アメリカ方面ではかなり人気の出てるサンフランシスコの女性たちGrass Widowの三枚目は自分たちのレーベルから。Kill Rock Starsからの前作からさらにタイトでポップに。自分たちで製作したLPリリースのトレイラーも面白かった。いい加減来日の話があってもよさそうなのに。。




d0059740_1454979.jpg

9. Summer Girlfriends - Shockwaves LP
海のない街シカゴから湖のビーチではしゃぐ5人の女の子Summer Girlfriendsのデビューフルレングス。なんの捻りもないストレートな60年代のポップスと90年代のオルタナへの愛で作り上げられた楽曲はほぼ全部ストライク。惜しくも解散してしまったThe Likeがセカンドで披露したあの感じに近い感じがするからもっと売れるかと思ったんだけど、な。




d0059740_1455638.jpg

8. Dunes - Noctiluca LP
オースティンが生んだ奇跡のバンドFinally PunkとLAの空気を見事体現したMika Mikoのメンバー二人に、これまたHardly ArtからリリースがあるシアトルのTalbot Tagoraのメンバーが加わり、Mexican SummerArt Fag Recordingsから二枚出した後、LA界隈のバンドをメインにリリースするTeenage Teardropsから名曲Tied Togetherをリリース。これでバンドが大きく成長した事がわかってからはアルバムが楽しみで仕方がなかった。そのレコードをLAで買えたというのは、特に何が違うわけでもないけど、少し幸せな事に思えた。ギターを弾きながら歌っているのがFinally PunkStephanieで、ドラムがMika MikoKateなのに全然パンクじゃないのがパンクっぽい。




d0059740_14553584.jpg

7. Summer Twins - Self Titled LP
Ty Segallとの絡みもあってか最近絶好調のBurger Recordsのアイドル姉妹がフロントのSummer Twinsのカセット含め二枚目となるアルバム。Bandcampで聴けた曲も入っていたりで嬉しいのはもちろんだけど、レコードでリリースされた事が何より嬉しい。そこそこ売れているのかセカンドプレスもされていますね。特に夏が好きではない僕が、"Summer"って単語が入ったバンドを二つも選ぶのは違和感あるけれど、こういう音楽は好き。もうBest Coastの出番はないかも。




d0059740_14555978.png

6. Colleen Green - Milo Goes To Compton LP
本当はこれを選んじゃいけなかったとは思うのだけど、内容とあまりにも目立たなかった事を考えればアリなのかな、と。以前カセットでリリースされていた同タイトルの音源のレコード化。なので再発と言えば再発。しかし、Colleen Greenを語る上では外せない一枚。それについては過去に僕が行ったインタビューを読んでもらえたら。




d0059740_1456834.jpg

5. White Lung - Sorry LP
今年になって以前に比べるといろんなところでWhite Lungの名前を目にするようになった。ツアーも頻繁に行っているようだったし、次のリリースを待っていたところへこのセカンドアルバムが。前作と同じくDeranged Recordsから。盤は白。アルバム全体で見るとそこまでの変化はないような気がするけど、一曲一曲を聴いていくと、いろいろと変わった事がわかる。でも、一番は前作の11曲24分強より短い10曲19分というコンパクトさ。一応パンクってカテゴライズされるバンドだとは思うんだけど、直球のパンクではないと思うし、だからこんなに好きなんだと思う。ライブが観たいな。




d0059740_1456278.jpg

4. Eternal Summers - Correct Behavior LP
浜松のSone Recordsで初めて買った10インチを聴いた時、いいバンドなんだけど地味だし、そんな大きくなる事もないだろう、と思っていたのだけど、気づいたらリリースされる度に買ってるし、メンバー増えていい方向に行ってるし。ギターとドラムの二人の時に比べるとギターで遊べる部分が増えたせいか、曲の作り方にも変化が。一曲目のMillionsでもそれが伺える。ずっと同じリフを繰り返すだけ。ベースが動く事で表情が変わる。こういうのはデュオではなかなか上手くいかないもの。I Love Youの様に彼女ららしい曲もきちんとあるし、本当にいいバンドになってきてます。




d0059740_14562913.png

3. Metz - Self Titled LP
2009年にトロントの地元のブッキングエージェント/レーベルのWe Are Busy Bodiesから三枚続けて7インチをリリースし話題となっていた頃からするとかなり驚きのSub Pop Recordsとの契約。おかげさまでどんどん広がっていく。こういうバンドが大きく取り上げられ始めたということは、来年はもっと大きな波が来るんじゃないかと期待してしまう。




d0059740_1457839.jpg

2. La Sera - Sees The Light LP
きっと書く事なんて本当にないんだろうけど、やっぱりこのアルバムは今年を振り返ると必ず頭をよぎる。もう説明不要なVivian GirlsのベーシストKaty Goodmanのサイドプロジェクト。今年はVivian Girlsとしてのライブは数えるほどしかしてなかったけど、こちらは活発に。ファーストよりもバンドとして音が鳴ってるという印象が強くなった。それとKatyのソングライティングのセンスの素晴らしさを改めて知るのにいい一枚。オースティンで会った時、僕を見つけてすごく嬉しそうに駆け寄ってくる時のKatyの笑顔が忘れられません。




d0059740_14571149.jpg

1. Nu Sensae - Sundowning LP
思わぬ伏兵、というか全く期待も何もなかったバンクーバーのNu SensaeMutatorsBrody McKnight(彼はNu Sensaeの7インチのジャケットの写真を撮ったりもしていた)がギターで加入しトリオに。基本的にデュオで面白かったバンドがメンバーを増やす事でよりよくなるとは思っていないので、さっきのEternal Summersや来年アルバムをリリースするBleeding Rainbowと同じく買うかどうか怪しかったんです。が、三人になったことで楽曲がよりしっかりとし、さらにグランジ色を強め、僕の好みの音になりました。これがあるからカナダから目が離せない。




というわけでそんなにたくさん買ったわけでもない中から、20枚選びました。偏ってるのはいつものこと。今年中に間に合っていればBleeding Rainbowがどこかに入ってました。物は持ってるんですが、リリース日は来年なので。。

年明け時間ありそうなので曲単位でも何か書こうかと思います。
では、よいお年を。


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-12-31 16:13 | best of
Best 20 Albums 2012
特に書く事もないのですが、今年リリースされた中で、僕が買ったレコードの中からよく聴いたのを20枚つらつらと。


d0059740_19515260.jpg

20. Metric - Synthetica LP
もう何も言う事はない、カナダはトロントの人気バンドMetricの4枚目のフルレングス。日本ではいまいちですが、海外ではかなり人気があり、メジャー感漂いまくり。今回も一応セルフリリースになるのかな。前作Fantasiesほどリフで曲を印象づける感じは少なく、楽曲、またアルバム一枚を通してまとめてきた感じがします。なので、一度目は大していいとは思わなかったのですが、何度か聴いていくうちにだんだん良くなってきました。次、日本来る時は是非名古屋へも。




d0059740_19521473.jpg

19. Internet Forever - Self Titled LP
Art Fagからの7インチをリリース後、そのままどこかへ行ってしまったかと思われていたInternet Foreverが、突然素晴らしいアルバムとともに帰ってきた! というか帰ってきたわけではないか。僕が知らなかっただけで。。過去の7インチから比べると幾分も音が厚みを増して、ポップネスも増したなと。ローファイ感は少しもなく、キラキラ煌めく音はきっとシューゲイザーとか言われてるんだろう。日本盤も出ましたね。




d0059740_19521785.jpg

18. White Suns - Sinews LP
一時期の様な勢いはないけれど、コンスタントに怪しいバンドをリリースし続けているLoad RecordsからWhite Sunsのセカンドが。前作同様、意味不明なノイズがただただ叩き付けられる。バンドとしてこれが機能しているってのが本当に素晴らしいと思う。




d0059740_19523598.jpg

17. Mrs. Magician - Strange Heaven LP
今年3月に初めて足を踏み入れた土地サンディエゴ。サンディエゴと言えばやはりThe Locustであり、Three One GGSLが僕のイメージで。というとなんだかゴスかハードコアかみたいな感じに思えてしまうけど、この数年はThe Plot To Blow Up The Eiffel Towerに始まり、Best CoastDum Dum GirlsBleachedなどをリリースし、ずっと注目を集めているレーベル、Art Fag Recordingsがあるのもサンディエゴ。そこと直接繋がっているのかわからないけれど、割と60年代のサイケポップとサーフロックが混ざったような音がチラホラ見受けられ、その中で一つ、僕がひっかかったのがMrs. Magician。このアルバムの前に何枚か7インチは出していたようだけど、僕は知りませんでした。その7インチの中の一枚、There is No Godがやはりアルバムのリードであり、ハイライト。2012年のレコードとは思えない様な楽曲が多いけれど、サウンドは明らかに今の音。夏に聴くと、とても心地いい。




d0059740_1952395.jpg

16. Broken Water - Tempest LP
何年か前、東京にあったWarszawa Recordsで買ったSistersが気に入って、そのバンドのうち二人が別でやっている、ということでBroken Waterを聴くようになった。のだけど、どっちもほぼ一緒で、違いはと言うとSistersの方が気持ち速い曲が多い感じで、Broken Waterは遅めでよりサイケデリックなオルタナという感じ。で、今回はHardly Artからという事で今までよりは少しポップな雰囲気が出ていて、地味にヒットでした。Sonic Youth好きな人は一度聴いてみてもいいかと。




d0059740_1953680.png

15. G.Green - Crap Culture LP
去年、何か面白いのはないかと探していた時にたまたま見つけて聴いてみたら、そのバンド名と曲の明快さでずっと頭に残っていたG.Greenの待望のアルバム。今年に入ってからソノシート含む7インチを二枚(一枚は延期? 中止?)リリースし、活発になってきていたのでアルバムのリリースもありそうだなと待っていたわけです。そしてそれをアメリカの某オンラインショップでオーダーしていたせいでリリース日からかなり遅れて聴く事に。それで内容が変わるわけじゃないからいいのですが。。一連のローファイ〜ガレージな流れから少しだけ距離を置いて、次の流れへ向かっているような、気がします。本人達は意図していないでしょうけど。Blood On The WallThe Babies辺り好きな人は是非。




d0059740_19531052.png

14. Holograms - Holograms LP
もうほとんど興味がなくて、出る物出る物全部無視していたCaptured Tracksから。どういうわけか、たまたま試聴してみようと思ってVimeoABC Cityを観たら一発でやられました。パンクとは一体どんな音楽を指すの知らないけれど、これをパンクと言うのなら僕はパンクが好きかもしれない。




d0059740_14592350.jpg

13. Deep Time - Self Titled LP
オースティンのデュオYellowFeverが改名し、Hardly Artとサインして初の降るレングス。これに収録のBermuda Triangleは改名前にM'lady'sからリリースされていて、Wild Worldからリリースされていて廃盤になっていたLPも再発されていたのも感慨深い。名前は変わっても音は変わるわけもなく、捻くれまくりのポップソングがぎゅっと詰め込まれた一枚。




d0059740_19534322.jpg

12. Taylor Swift - Red LP
なぜ? と思う人が多いかもしれないけど、去年のクリスマス辺りにChristmas Must Be Something MoreLove Storyをラジオで聴いて好きになったんです。
それで今年リリースのこのアルバムのリード曲We Are Never Ever Getting Back Togetherを聴いた時、音の雰囲気が変わったなと思ったけれど、メロディは彼女らしさがあって、すぐにわかるぐらいには聴き込んでいました。雰囲気が変わったのはなんでかと言うと、今作ではいろんなアーティストとの共作が多く、ところどころにエレクトロな要素があって、それがまた今更感がなくさらっとこなしてしまうのも彼女の才能に因るものか。個人的ベストトラックは9曲目のStay Stay Stay




d0059740_19541380.jpg

11. Divorce - Self Titled LP
AIDS Wolfが解散してしまって、どこかやっぱり寂しくて。でもあのバンドを超えるバンドはなかなか現れないし。。と思っていたら以前スプリットで聴いた時はいまいちで、その後をチェックしていなかったDivorceがボーカルが変わり変態度がかなりアップ。このメンバーチェンジは成功だったと思いますね。最高。AIDS Wolfというよりはこちらもボーカルが抜けてしまってどうなるのか、Tinsel Teethの方が近い気がしますね。Jesus Lizardsみたいな這いずり回る重いリフとか。










人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-12-31 14:52 | all music i love
Bleeding Rainbow - Yeah Right LP (2013)
d0059740_21223211.jpg


前作Prisms EyesHozacからリリースしたのが2010年。それからしばらくは変わらずデュオで活動していたのだけれど、いつの間にか一人増え、一人増え、メンバーが4人に。スタンディングドラムを叩きながら歌っていたSarahはベースへ転向し、本格的なバンドとなり再始動。そして昨年末バンド名をReading RainbowからBleeding Rainbowへと変えた。

Bleeding Rainbowとなってからは初のフルレングス。バンド通算で三枚目(カセットは除く)となるYeah Rightは当初今年10月にはリリースされる予定だったのが、なんらかのトラブル(こういう場合は大抵プレスのトラブル)に因り年明け1月末に延期に。それのせいか、元々用意されていたのかはわからないけれど、LPから三枚の7インチを限定で毎月リリース。10月は以前書いたPink Ruffで次がDrift Away、最後がWaking Dream。本来最後のWaking DreamとLPはまだ届けられるはずではなかったはずだけどバンドルでオーダーしてたのと、7インチも全部オーダーしてたおかげか今日届きました。今聴きながら書いてます。

重複するけれど、4人になることでしょぼくなるかと思いきや! って感じはLPでも同じ。先行の三枚の7インチに収録されている曲はもちろん、他の7曲も素晴らしい。これで来年90年代前半のリバイバル来なかったら悲しいぐらいに僕の青春を感じさせる音がずっと鳴っている。こういうのは好きじゃないけど、わかりやすくいうとSonic YouthMy Bloody Valentineを足して2で割りつつポップ感を増した感じ。決してエクスペリメンタルになり過ぎず、シューゲイズし過ぎず、ポップにもなり過ぎないなんとも言えないバランス。先月辺りはA Place To Bury Strangersとツアーしていたのでまた新たなファンをゲットしたんじゃ!? 間違いなく2013年の重要な一枚。








僕は今年のベストに挙げちゃいますけど(笑)


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-11-30 22:35 | all music i love
Metz - Metz LP (2012)
d0059740_2192684.jpg


2009年、僕がトロントを発たなければいけなくなってしまった年、地元のレコード屋Rotate Thisで何気なく手に取ってから三年以上経ったらものすごくいいバンドになってSub Popと契約してしまった。

今年は(というか基本的に贔屓目に見てしまうけれど)カナダのバンドのデビューやら新譜やらがとてもいい。先日書いたMoon KingNu SensaeWhite Lungもそう。もう大御所の域に達しているけれどMetricStarsもきちんと活動し続けている。
そんな街トロントに拠点を置き、地元のバンドのフックアップをメインとしているレーベル/ブッキングエージェントWe Are Busy Bodiesから三枚の7インチをリリース。そのうち一枚が僕が手に取ったSoft Whiteout/Lump Sums。その時にはここまでなるなんて思うわけもなかったけれど音自体は好みのバリバリした感触。以降、海外のメディアでそこまで取り上げられる事はなかったし、当然ながら日本のメディアは皆無。。。だけど今年に入って急にきましたね。

というのも上に書いたSub Popとの契約がきっかけ。何しろ見かける情報と言えばカナダのフリーペーパーのウェブと2011年に出演していたのでSXSW関連ぐらい。僕の収集能力の低さを棚に上げても本当に見かけなかったバンドがいきなりSub Popと契約となればそりゃ一大事件ですよね。それ以降はいろんなメディアに取り上げてもらって絶賛されまくってます。音そのものだけだったらみんながみんな諸手を挙げて大絶賛するようなバンドじゃないんですけどね。。



Jesus Lizardに代表されるTouch & Goっぽい音ってのはわかるんだけど、その中にどこかゴスよりのポストパンクっぽい雰囲気も感じられたりでバンドとして進化しているのがすごくわかる。というかやっぱりトロントっぽさがある。どこがと言われても説明はできないのだけど。。

しかしこのレコードが出た事で90sリバイバル、もしくはグランジのリバイバルがすぐそこまで来ている事を確信せざるを得ないのでは?


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-11-08 21:49 | all music i love
Moon King - Obsession I 12" (2012)
d0059740_2055774.jpg


トロントをベースに活動するDaniel BenjaminMaddy WildeによるドリームポップデュオMoon Kingの12インチは同じくトロントで活動を続けているFucked Upのメンバーが運営するレーベルOne Big Silenceから。
特に目新しい何かがあるわけではなく、M83辺りのエレクトロニカ+シューゲイザーな感じをさらにポップにしたような。
似ているとかそういうのではないけれど、Metricのような雰囲気を感じられ、個人的にはトロントっぽさが溢れていてとても好きです。



One Big Silence Web



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-11-01 20:30 | all music i love
Divorce - Divorce LP (2012)
d0059740_20273212.jpg


正直特に期待もしてなかったし、買う必要もないかと思っていたのだけど完全に間違ってた。でもボーカルが替わったからってのが大きいのかもしれないですけど。。

以前Comanechiとスプリットも出していたイギリスのNo WaveなバンドDivorceのファーストアルバム。Night Schoolからレコードのみでリリース。1000枚限定でグリーンとパープル半々でプレスされているようですね。ジャケットはもちろんシルクスクリーンでこちらも色違いなのかな?
件のスプリット以外の音源を持っていないのでなんとも言えないけれど、そのスプリットを聴いた時は特に印象にも残らなくて、だから今回のリリースも危うく見逃すところで。。

それでチラッと聴いてみたら「こんな感じだったっけ?」ってぐらいカオティックな音が流れてきて、よくよく調べてみたらボーカルが替わったってのを知ったんです。念のため他の音源もBandCampでチェックしたのですが、やはり現在のボーカルの方が比較にならないほど良い。バンドの音作りもこういう歌い方(叫び方?)ができると変わってくるんでしょうかね。

この手のバンドの自分にとっての代表格と言えばカナダはモントリオールの惜しくも解散してしまったAIDS Wolfが挙げられるんですけど、もちろんこういう歌い方なんかは思いっきりAIDS WolfArab On Radar(出す順番逆ですね)、その辺りをリリースしていたレーベルSkin GraftThree One Gのバンドっぽいんですが、音に関してはメタル寄りで、LoadからリリースしているプロヴィデンスのTinsel TeethMade In Mexicoに近い印象。とにかく変態的ってことなんですけど。
この手のジャンルはアメリカ大陸の十八番かと思いきや時々イギリス含むユーロ圏からも出てくるんですよね。興味深い。



こうやって改めて並べてみるとArab On Radarの影響力の大きさってすごいですね。





人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-10-20 21:17 | all music i love
AGGP Mix Tape #02
d0059740_2228429.jpg


前回の分を思っていたよりもたくさんの方にダウンロードしてもらえたようで嬉しいです。
そんなわけで第二弾です。
前回とは少しだけ趣を変えたつもりですが、どうなんでしょう。
どうも00年代半ばに集中してしまうのでなんとかしたいですね。。

Side A
1. Silverchair - Trash
2. So So Many White White Tigers - We Shoot Arrows
3. K.K. Rampage - Decay
4. Meho Plaza - Made Of Gold
5. Moha! - Caribcore
6. Mutators - What Cuts Want
7. T.I.T.S. - Sloan
8. Talbot Tagora - Penis Gang
9. Fuck U Is My Name - Zeitgeist, Nein Danke
10. Mahjongg - Aluminum
11. HEALTH - Severin
12. John Weise - Snow Pit

Side B
1. The Human League - Toyota City
2. Les Georges Leningrad - Sponsorships
3. Sonovac - Human Fly
4. Kate Nash - Caroline's A Victim
5. Goldfrapp - Human
6. Telepathe - Sinister Militia
7. Nihiti - The Ringing In (The Sun Is Rung)
8. Tussle - Eye Contact


DOWNLOAD HERE



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-10-14 22:50 | Mix Tape
Chelsea Wolfe - Ἀποκάλυψις LP (2011)
d0059740_22592967.jpg


もうすぐ待望の来日を果たすカリフォルニアのゴスクイーンChelsea Wolfeのリリース日は去年になっているけど流通しだしたのは今年に入ってから(!?)の謎のレコードは前作The Grime And The Glowを再発したレーベルPendu Sound Recordingsから。
レーベルではソールドアウトになっているのできっと限定500とかだったと思うんですが、内容がいいので限定云々関係なく買っておかないといけない一枚です。
収録されている何曲かは前作にも収録されている曲の録り直しだったりするんですが、それでもライブを繰り返し、バンドとの関係も密接になって、それが音にもでてきたんじゃないかと思わすような内容に。

先日オランダのレーベルRoadburnからライブ盤LPが出ましたが、そちらも500枚限定で、うち100枚は盤がゴールド。
プリオーダーも一瞬で終わってた代物ですので黒盤でも見つけたらとりあえず買っておいた方がいいと思います。
内容はもちろん最高です。



Chelsea Wolfe Web



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-09-26 23:15 | all music i love
White Lung - Sorry LP (2012)
d0059740_2239553.jpg


こちらWhite Lungも今年になって新しいアルバムがリリースされましたね。
レーベルは前作と同じくDerangedから。
この辺の音は日本だとパンクやハードコアを扱っているような店でしか置いてないような気がして、もっといろんなところが置いてくれると嬉しいなと思うんですが難しいんですかね。。

基本的な部分は前作から全く変わりなく、10曲19分で一気に進んでいく感じ。
前作It's The Evilよりも1曲少なくて5分ほど短くなってますが、曲のクオリティが少し上がったなと。
リフやメロディに多少の変化が感じられます。
LPは前回と同じくホワイトで、レーベル面も同じなのでタイトルと曲名を見ないとどっちだかわからないぐらい同じです。

It's The Evil LP

Sorry LP





最初の7インチを買ったのが2008年のバンクーバーにあったScratch Records(ドラムのAnne-Marieが働いていた店)で、その時とはメンバーも変わって、音も変わったけどやっぱりずっと好きでいるバンド。
どうしてもライブが観たいし、なかなかカナダに行くことは難しいし。
Nu Sensaeと一緒に来日して欲しいなぁ。。


人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-09-26 22:55 | all music i love
Nü Sensae - Sundowning LP (2012)
d0059740_21402328.jpg


去年同じバンクーバーで活動しているWhite Lungとのスプリットリリースとツアーも大成功だったNü Sensaeがデュオからトリオになって新しいアルバムをリリース。
00年代以降特に増えてきたベース+ドラムをはじめとするデュオバンド。
その多くが後にメンバーを増やし、二人だからこその面白さがなくなり、つまらないバンドになっていってしまったのでこのNü Sensaeに関してもあまり期待していませんでした。
が、加入したギターが元MutatorsでソロでSex NegativesなどもやっているBrody McKnightと聞けば俄然期待を寄せてしまいます。

結果から言うと楽曲そのものはいい方向へまとまりを見せ、デュオの時とは違う雰囲気ではあるけれどよりグランジとなり、しかし今を感じさせるバンドになりましたね。
MutatorsMの時のような切れまくりなギターではないもののBrodyらしさは出ているし、Andreaの絶叫は変わらず、歪みまくっていたベースは安定感を増し、Danielのドラムも相変わらず叩きまくっています。
僕のような90年代に青春を過ごした人間には嫌でも染みる音。






Nü Sensae tumblr


是非来日して欲しいところ。。



人気ブログランキングへ
[PR]
by soundfreak1978 | 2012-09-26 21:57 | all music i love